朝は涼しかったけれど昼から蒸して… 

いつもの時間に蕎麦屋に出掛けて、今朝は500g だけ蕎麦を打つことにしました。昨日は涼しすぎてか、コロナの感染拡大の影響でか、お客がなかったので、打った蕎麦がそのまま残っていたのです。窓を開ければ、外の方が涼しいくらいでしたが、日中は徐々に気温も上がり、蒸してくるのでした。切りべら28本で130g と、いつもの太さで5束の蕎麦を打ち終え、昨日の轍を踏みたくないと、野菜サラダも二皿だけの準備をしておきました。

ただ、明日からの週末に備えて、枝豆を茹でたり、豚のハラミを切って串に刺したり、今日のうちに出来ることは済ませておくのです。開店の準備が整って、時計を見ればまだ11時だったから、今日は営業時間前に蕎麦を茹で、かき揚げを揚げて、スタッフと賄い蕎麦を食べておく。モミジの樹上の電線に燕が止まって一休み。もう夏になるというのに、まだ近所を群れて飛び回っているから不思議なのです。何の兆しを待っているのだろうか。

暖簾を出すのと最初のお客の車が駐車場に入ってくるのとは同時でした。天せいろと鴨せいろのご注文で、天麩羅を揚げ終え、鴨を焼く前に、もう次のお客がご来店なのでした。それからはもう常連さんばかりで、いつもせいろの大盛りの男性は、カウンターに座ってホワイトボードに書いた辛味大根を注文する。家の近所の母親と娘さんも、しばらくぶりでいらっしゃったから挨拶をする。聞けば何ヶ月も歯医者に通って大変だったのだとか。

近所の会社の社長さんも、「いつもと同じで」と、野菜サラダと天せいろをお出しするのです。お客の少ない平日に、こうして常連のお客様が蕎麦を食べに来て下さるのは、本当に有り難いことで、コロナの感染拡大が騒がれる中、店の換気や消毒に気を使いながら、細々と営業を続けられるのも嬉しいことなのです。今日で 7 月も終わり。来週にはいくら何でも梅雨も明けそうだから、陽が出て暑くなったら、お客はどうなのだろうかと心配。

ひとしきり厨房も忙しかったけれど、平日だから二回転はお客が入らなかったのです。それでも大盛りも出たから、生舟一箱近くの蕎麦が出たからまずまず。今朝打った蕎麦はそのまま明日に回して、明日は一回だけの蕎麦打ちで済む計算です。洗い物も済んでいるので片付けは楽ちん。閉店時刻にはスタッフと店を出るのでした。外はむっとする暑さで、明日は陽も出ると言うから、どんな展開になるのだろうか。それもまた楽しみなのです。

家に戻れば、女将がまたコロナの感染情報を知らせに来る。家で新聞やテレビのニュースを見ているから、やたらと詳しいのです。でも、亭主に話すともう感染者の数を忘れているから、天気予報を何回見ても覚えていられないのと同じらしい。今日は遅い午後に女将がスポーツクラブへ出掛け、亭主は夕刻からプールへ出掛ける日。蕎麦屋にカメラを忘れたのに気が付いて、ついでに車に長い柄の剪定ばさみを積んで、モミジの先の枝を切る。

家に戻ってパソコンにデータ入力をしていたら、もう夕飯の支度をしなければならない。昨日と同じで午後の昼寝はしなかったから、これも生活習慣なのかも知れない。冷蔵庫に残っていた野菜と肉を炒めて、豆板醤で味付けをしたら、今日、蕎麦屋から持って帰ったお新香と共にご飯を食べる。これでも下宿をしていた学生時代よりは豪華な食事だから、やはりなかなか体重は減らないはず。大相撲を見ながらゆっくり食休みが出来たのです。

スカイプラザの駐車場から四階部分が入口のスポーツクラブへの道は結構歩くから、好い運動になるとわざわざ駐車場の外れに車を停める亭主。今日も居酒屋レストランはかなりお客が入っていました。金曜日はいつも満席状態だから、この時期、喜ばしいような、怖いような。ロッカールームもいつもより混んでいたけれど、三階のプールに降りればひとコースに二人ほどで、この時間帯は皆さんある程度の速度で泳ぎ続けるから、休めない。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち, 運動・健康. Bookmark the permalink.