九ヶ月ぶりに電車に乗って…

今朝は 4 時目覚め、5 時半に目覚め、やっと6 時半に起き出してpekoの桟歩に出掛けました。玄関前に女将が植えた「街を明るくする運動」のひまわりが、やっとそれらしい姿になってきたけれど、こんなひょろひょろで大丈夫なのかと心配になるのでした。近場の2ブロックを回って家に戻れば、もう朝食が食べられると階段をよじ登るpeko。老化による足腰の衰えは、人間も犬も同じなのかも知れない。亭主はあまり食欲もないのでした。

夜の酒がいけないのか、寝る前の夜食がいけないのか、ぐっすりと眠れるからと、たまに悪い習慣が蘇る。早い時間に蕎麦屋に出掛けたけれど、今朝は 20℃とこれまでになく涼しいので、米を研ぎ、蕎麦豆腐の材料を用意したところで、厨房の椅子に座って一休み。涼しすぎてお客が来ないのではというのが大きな悩み。それでも定休日明けだから、蕎麦は打たなければいけない。明日もあるからやはり1kg を打っておくべきだろうと考える。

蕎麦玉を仕上げたところで女将から電話があり、市の応援給付金の担当者から電話があったから店に行っていると知らせたと言うのです。すぐにその担当者から店の電話に連絡があって、やはり足りない書類は例の確定申告の記載されていない部分について。成田の税務署に行って金額を入れてもらって Faxで送ってくださいと言うのでした。公的な確定申告書を修正できるはずもないから、とにかく成田の税務署に電話をしてみるのでしたが。

思いの外に親切で、更正請求をして金額を出すことは出来るから、関係書類と印鑑等を持って今日来れますかと、閉店の時間を考えてくれて 3 時半に待っていると言うのです。これが蕎麦打ち前の会話だったから、本伸しを終えて畳む方向を間違えたのか、奥行きがやけに長い畳みになって、切りべら23本で130g と、一本の蕎麦が長く仕上がったのです。最後の束が上手く切れなくて、10人分の蕎麦しか出来なかったけれど、今日は十分です。

小鉢もお新香とモズクの酢の物を十鉢用意して、抹茶きな粉大福を四皿包み、野菜サラダは二皿だけにしたのです。途中、雨も降り出して、空はどんよりと曇り空で北の風だから気温も上がらないのでした。暖簾を出して 1 時間経ってもお客は現れず、このところの新型コロナの感染者が急増しているのも、影響しているのかも知れないとスタッフと話をしていたのです。果たして、1 時になっても誰もお客が来ないので、早仕舞いを決断する。

税務署に時間に間に合って行くことが、今日の第一の目標だろうと優先順位を考えての決断でした。暖簾をしまったら、客がいなかったので片付けもなく、昼も食べずに 1 時半には家に戻ったのです。書類を整えて、昼飯に冷やし中華を作って食べたら、女将のコロナ情報に耳を傾けながら、初めて行く場所へのアクセス方法を考える亭主。電車の時間までは調べる暇がなかったのです。売り上げもないから女将に金を借りて車で駅前まで行く。

田舎だから、有料駐車場には十分空きがあったのは好かったけれど、一足遅れで成田行きの電車を乗り過ごす。次の電車は40分後というのはやはり田舎の昼の時間帯。とにかく途中駅まで行く電車に乗って、特急に乗り換えてやっと成田に到着です。歩いても20分とは言われたけれど、初めての場所だからタクシーに乗って、時間に間に合って目的地に着くのでした。担当者の名前を言ったら、窓口の女性が電話をしてくれました。親切…。

電話で話した若い男性が上の階から降りてきて、名刺をもらい小部屋に通される。国のオンライン申請のソフトには分かりづらいところがあり、年間の事業所得金額が入らないことがあるので、確定申告書は直せないけれど更正申請書で替える事が出来ると言うのです。書類も用意してくれたらしく、後は捺印して振込先を記入するだけでした。市の方にはFaxで送って、後は国の給付金の申請のやり直し。相談窓口の利用を勧められました。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 経営, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.