涼しいけれど蒸した一日で…

夕べは11時前には床に就いたのに、朝が涼しかったからか、何度も目覚めながらも、8時まで起き出せませんでした。どうしても定休日にはいろいろと予定を入れてしまうから、老人のスケジュールとしてはかなりハードなのです。蕎麦を打って営業をしている日の方が、逆に分かりやすくて気が楽という面もある。開店時刻までに仕込みを終えるという一つの目標だけだから、それをクリア出来れば、後のプールやブログは自由裁量なのです。

今朝はpekoの散歩も女将が代わってくれて、亭主が居間で食休みをしていたらコーヒーを入れてくれたけれど、ゴミ出しや洗濯、庭の草取りなど朝の忙しい時間に、いろいろと世話をかけていることになる。彼女の一日の大きな目標は、スポーツクラブの始まる時間に間に合うように家を出ることなのです。毎日が休みなしの生活なのは、今の亭主も同じだけれど、現役で働いていた時代とは違って、あまり文句も言えない境遇であるは確か。

亭主が夕べから繰り返しシュミレーションしていた今日の予定は、蕎麦屋の草取りの続きと小鉢類の仕込みなのでしたが、いざ店に着いてみると、どうも駐車場のモミジの木の枝が伸びすぎていて気になるのでした。涼しいうちにと脚立を出して、無理をせずに手の届く範囲を切り落とし、後は高所用の鋏で切れば好いと、西側の木槿の木を剪定して葉は花がらを掃き集めておくのです。南側の庭の半分はまだ鬱蒼と茂った草むらのままで残念。

小一時間の掃除を終えて手洗いをしたら厨房に入り、まずは昨日買ってきた鶏肉を使って親子丼の具材を煮始め、最近、定番となった夏の筑前煮用に切り分けた鶏肉に、片栗粉をまぶしておきます。落とし蓋をした親子丼の具材に十分に味の染み込む間に、筑前煮の材料を刻み、今度は中華鍋に油を敷いて鶏肉から順番に炒めていくのです。鍋に移して出汁を入れたら、野菜に火が通るまで煮込み、鶏肉を加えて味つけをして煮込んでいきます。

この段階で、もう11時を過ぎたから、今日は午前中にプールに行くのを諦めて、モズクを洗って短く切ったら、キュウリを掃除して茹で蛸を切り、すし酢と出汁で味つけをしていくのです。これで、昨日のなた漬けと合わせ、今週の小鉢は三品用意できたことになる。出来たての筑前煮とモズク酢は、小振りのタッパに分けて、お袋様の家に持って行く。そして女将の戻る前に家に帰って、先週の店の残り物を使って、昼の準備を始めるのです。

午前中に泳ぎに行けなかったから、午後は昼飯を食べてからプールに出掛けなければならない。カレー炒飯を食べて食休みをしても、昔と違ってなかなか腹がこなれないから大変なのです。子どもたちのスイミングが始まる前のプールは、水中エアロのプログラムが終わったばかりだから、泳げる人が結構いるのでなかなか辛いものがあります。午後のプールの帰りに家の買い物をして、食材を届ける業者が店に来るのを待ってもう一仕事です。

家に買い物を届けて蕎麦屋に向かう途中で車の電話が鳴るのでした。業者からで道が混んでいるから 5 時半になってしまうと言うので大変。今日は夜のパトロールがある日だったから、夕飯を食べてすぐに出掛けなければならないのです。明日の天麩羅の具材の切り分けと、ナスとキュウリとカブのぬか漬けを済ませて、コーヒー豆を挽いて業者を待つ。一日何度も時間に区切られて行動を制限されるのは、やはり歳を取るとかなりきついか。

夜は夕飯の時刻を過ぎていたのに女将が食事を待っていてくれたから、妙なこともあるものだと思っていたら、土用の丑の日に食べなかった鰻を用意していたのでした。大相撲も結びの一番だけを見てお終い。また食休みに時間がかかる。パトロールの集合場所も集会所の中庭で、今日は涼しいからか集まりがよく、マスクをしていない人もいる。歩く時は距離をおいてマスクは外している亭主。小一時間、話が止まない老人もいるので要注意。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, 日常, 運動・健康. Bookmark the permalink.