明けそうで明けない梅雨の蒸し暑さ…

気温は低いのに蒸し暑い朝。今朝も5 時前には目が覚めて、パソコンに向かって、市の小規模事業者に対する応援給付金の申請書類を作成していました。一律 10 万円という内容で、国や県に遅れること1ヶ月の告知で、月に一度の広報で案内をしていたらしいけれどすっかり見落としていたのです。蕎麦屋の店のお客に言われて、始めはもう面倒だからと二の足を踏んでいたのですが、女将に言われて朝の隙間時間を上手く利用したのでした。

お袋様の家に昨日残った蕎麦を届けながら、そのまま一緒に仕入れに出掛ければ、農産物直売所の店の棚には夏野菜が溢れんばかり。隣町のスーパーにも足を伸ばして、新しい週の食材を買い集めるのでした。蕎麦屋に戻って検品をしたら、やはり買い忘れている物があることに気が付く。明日のプールに出掛ける時間帯に駅前のスーパーで買ってくるしかない。大根のなた漬けの下準備だけしたら、急いで月に一度の床屋に出掛けるのでした。

朝も早かったのに、午前中から随分と忙しいのです。駅前を通り越して、隣町との境にある床屋に着けば、ちょうど今お客が帰ったばかりと親父様が出迎えてくれました。市の応援給付金の申請をしたという話をすれば、今月は株で大分儲けたからいいやと景気のいい話。横になって髭を剃ってもらう間にひと眠りする亭主。女将のスポーツクラブから帰る時間に間に合って、家に戻って蕎麦を茹でる。蒸し暑い日には蕎麦が美味しいと再認識。

どおりで、雨が降っていても気温が高ければ、蕎麦好きのお客が来てくれるわけだ。7月のお客が去年よりも多いと女将が言うのは、去年の梅雨の時期は寒い日が多かったからなのかも知れません。今年の梅雨は後半になって明らかに蒸し暑いのです。いつもは家で食べる蕎麦は氷で締めたりしないのに、今日は別のボールに氷水を入れて、しっかりと締めてから食べたのです。多少青みがかって、一口食べれば蕎麦の香が鼻に抜ける気がした。

いつもの定休日なら、火曜日の午後は食後にひと眠りするのだけれど、今日は 3 時から眼科の予約を入れているから、居間の椅子で休んだらすぐに蕎麦屋へ出掛けるのでした。午前中に塩で漬けておいた大根から水が出ていたから、凍らしておいた酒粕に水を加えて、酒が飛ぶまで沸かし続ける。千切りにして冷凍しておいた柚子も最後のひと塊。大根は冬が旬とは言うけれど、夏場にも涼しい色合いなのです。唐辛子を鋏で切って赤を加える。

やることは沢山あったのですが、朝から干し椎茸と昆布を浸けておいた鍋からも好い香りがしています。ここから出汁取りを始めてしまうと、1 時間はかかるから、眼科の受付の時間に間に合わない。準備だけ済ませて車に乗って、もう一度駅前のスカイプラザに向かうのでした。受け付け開始20分前に眼科の前に並べば、もう先に青年が来てパソコンを開いて座っているではありませんか。初診の人らしく、実際には一番で診察なのでした。

「来週もう一度、薬はありますね」と言う先生に、「一週間分はないけれど、もう、目薬をするのも忘れてしまうほどで」と言えば、「じゃあ、終わりにしましょう」とカルテを書き直してくれました。蕎麦屋に戻って出汁取りの作業をしながら、新しい返しの仕込みを反対側のレンジで同時進行。5㍑の返しが二週間でなくなるのは相当に速いペースなのかも知れません。忙しかった 7月は、蕎麦汁の仕込みも週に二三度やったからなのです。

もっと混んでいたはずの昔のことはもう忘れているから、コロナ騒ぎでお客が減った春からのことばかりを覚えているのです。どうやら梅雨明けは来週に持ち越しらしいから、残り僅かな7月も、蒸し暑い日が続くのでしょう。蕎麦を食べてお客に涼んでもらうためにも、小鉢は重要な役割を果たすと考える亭主。明日はまた、モズクの酢の物と夏向けの筑前煮を仕込む予定で、食材を買いそろえてある。庭の残りの草取りまで出来るかが勝負。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 経営. Bookmark the permalink.