一日中、蒸して暑い陽気で…

疲れていたはずなのに、今朝も4時には一度目が覚めて、ウトウトしていたのです。時計を見ればもうすぐ 5 時なので『夜の営業に出掛けなければ』と思いながら、 5 時過ぎまでそのまま寝てしまう。『今日は夜は臨時休業にするのか』とまだ寝ぼけていたら、どうも外の明るさがいつもと違う。昨日は夜まできちんと仕事をしたはずだと思い直して、夜が明けたのだと初めて気が付く。窓を開ければ高層マンションに反射した朝日が眩しい。

居間の部屋に行けば、pekoが起き出して散歩に連れて行けと吠え始める。アイスコーヒーを一杯飲んで外に出れば、南の空には青空が広がっているのです。女将の植えた朝顔が一輪だけ咲いていました。確か昔沢山育てたヘブンリーブルーを買って来たと言ったけれど、どう見ても日本朝顔のようなのでした。まだ梅雨は明けないけれど、夏らしくて好いのでしょう。今朝も朝食が早かったから、早めに家を出て蕎麦屋に向かう亭主なのです。

蕎麦屋に着いたら時間が早かったので、今朝は鎌とビニール袋を持って、店の前の沿道に生えた雑草を刈り取る。気にはなっていたのですが、なかなかちょっとの時間が割けないのが悪い癖。ついでにこの間抜いたばかりだと思っていた西側の小径の草も取り、木槿の花がらも掃き清めて、袋一杯になりました。木槿の葉を近くで見ると、カナブンが何匹も動いていたから、こんな所で夜を明かしたのかと驚いたのです。黄金虫とは言うけれど。

厨房に入って、土をいじったから手洗いは二回。大釜に水を汲んでいる間に、昨日の洗い物を片付ける。蕎麦打ち室は朝から27℃もあるから、今朝は相当に蒸し暑いのです。エアコンが効きいてきたのか湿度は67%。いつもの要領で蕎麦粉を計量していたら、定休日前だから打つ蕎麦の量を減らそうと思っていたのに、750g の分量を量ってしまう。小麦粉と混ざってしまっているからもう後には戻れないのです。暑いからボーッとしていた。

陽気が好ければお客も多いかも知れないと前向きに考え直して、昨日の残りの蕎麦と合わせて13食分を用意しました。夕べ蕎麦汁も作り足しておいたから、蕎麦の数を心配することはないと厨房に戻る。さて、今日のデザートには、昨日の寝しなに考えていたパイナップルを白餡でくるんで、求肥に包むパイン大福なるものを初めて作ってみたのです。角があっては白餡でくるみにくいだろうと、クリヌキを使って丸くしたのがひと工夫でした。

何も添加物を入れないから、白玉粉と氷糖蜜と水をぴったり 1:1:1で作ると、三日目には硬くなってしまいます。逆に氷糖蜜や水の分量が多すぎると、求肥が柔らかくなってだらんと垂れてくるから要注意なのです。和菓子でもやはりきちんと計量することが大切か。幸いにも今日は三皿作ったデザートがヘルシーランチセットで全部出たから嬉しかった。お客の数もこの四連休は平均してまずまずだったから、やはり暑かったのが好かったか。

厨房でも汗拭きタオルで汗を拭いながら調理をする亭主。野菜サラダは予備の野菜を盛り付けてやはり三皿出せました。客の数のデータを取っている女将に言わせると、7月は去年よりもお客の数が多いのだとか。4月に値上げしたことも手伝ってか、亭主の売り上げデータでも、寒かった梅雨の去年より売り上げが伸びている。コロナの影響でしょうが、一昨年までの売り上げには及ばない。月間の黒字を目指して頑張ってはいるのだけれど。

今日もリピーターのお客に混じって、ご新規のお客様が何組かいらっした。新蕎麦の味わいを堪能していただけたでしょうか。新蕎麦の粉を溶いて作る蕎麦湯を、綺麗に飲み干していかれるお客は、本当に蕎麦が好きなのだと嬉しくなるのです。お客もいなくなった頃合いを見計らって、亭主は端切れの蕎麦を茹で天かすを入れて、ぶっかけで賄い蕎麦を食べる。太く切れた蕎麦の歯ごたえが、堪らなく美味しく感じるのも新蕎麦ならではかな。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 未分類, 経営, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.