久しぶりに青空が覗いたけれど…

今朝も早くから窓を打つ激しい雨音で目が覚めました。明るくなってからも雷の音が轟いていたので、小降りの間に外に出たがる peko の散歩に怖々と付いていく亭主。朝食後に20分ほどひと眠りして、いつもよりも遅い時間に家を出るのでした。あれほど降った雨も上がって、西の空には青空が覗いているではありませんか。まったく天気予報も難しいこの時期の空模様です。みずき通りを渡って蕎麦屋の前の通りに出れば、辺りは明るい。

新聞を取って幟を出したら、厨房に入って大釜に水を汲んで、夕べ漬けた糠漬けを取り出して小鉢に盛り付ける。5℃以下の冷蔵庫に入れて16時間漬け込んだ計算ですが、ちょうど好い漬かり具合で美味しいのでした。今日の小鉢は、この糠漬けと、なた漬け、そして残り僅かなモズクの酢の物。昨日空になった蕎麦徳利には、予備の蕎麦汁を詰めて、今日も20人分以上の蕎麦汁を用意する。蕎麦は昨日の残りと合わせて15食分の用意をする。

昨日と今日の端切れがちょうど一人分の分量だけあるから、昼に賄い蕎麦で食べられる。二箱の生舟に詰めた蕎麦を冷蔵庫に入れて、厨房に戻って野菜サラダの仕込みをしていたら、まだ11時だというのに駐車場に車が入って来た。とてもじゃないけれどこれには対応できない。お客の方も早すぎると思ったのか、運転席のシートを倒して横になっている様子。15分前になって、サラダも仕上がり大釜の湯も沸いていたので、店に入ってもらう。

「随分早いおこしですね。11時半からなんですよ」と言っても返答はなし。カウンターの隅に座って「おろし蕎麦」と言ったきり一言も発しない無口な中年の男性客なのでした。いろいろなお客がいるので、いちいち腹を立てていてはこちらの身が持たないから、最近は亭主も鷹揚に構えているのです。女将が「今月から春の新蕎麦になりました」と配膳しても反応はなし。続いてしばらく来ていなかった常連さんが、離れてカウンターに座る。

いつもせいろ蕎麦を頼まれるから、女将も覚えていたらしく、すぐに蕎麦を茹でてお出しする。そこでやっと暖簾を出すのです。開店前からお客が来て、BGMをかけるのも忘れていた。今日は昼前に3人連れのお客が入り、やけにペースの速い展開なのでした。この調子では、12時半には生舟一箱はなくなるだろうと、午後の追い打ちを覚悟して調理をする亭主。途中、雨がザーッと降って俄に空が暗くなったり、まだ不安定な天候なのです。

雨が上がってまた晴れて来た頃に、女性の常連さんがバイクに乗っていらっして、「今日はやっと太陽が見られたので好かった」とおっしゃっていた。確かわざわざ隣町からいらっしゃるお客さんなのでした。今日初めての天せいろのご注文です。さてこれからお客の出足の遅い日曜日の後半が始まると、女将と二人で身構えていたら、今日はそれきり昼のお客は来ないのでした。待ちくたびれた女将も眠くなり、亭主は賄い蕎麦を茹でて食う。

洗い物は終えていたから、後は大釜を洗ったり片付けはわずか。2時過ぎには女将と店を出て、家に戻って一休み。売れ残ったシャインマスカット大福を二人で食べたら、今日は結構美味しいという女将の評価。アイスコーヒーにはなかなか合って亭主は満足でした。夜は三人連れの家族が「捜してきたんです」とカウンターに座って亭主との会話。団地に越してきた若いご夫婦らしく、利発そうな娘さんが「めちゃおいしい」と褒めてくれた。


This entry was posted in 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.