朝から激しい雷雨で…

夜中に激しい雨の音で目が覚めて、未明には、今度は雷鳴が轟いて再び目覚めたのです。pekoの散歩にも出掛けられないと、また眠りに落ちたら、7 時前にはすっきりと起き上がる亭主。朝から何やら蒸し暑いので、除湿の効いた居間で涼んでから朝食の席に着くのでした。女将が肩に出来た湿疹を帯状疱疹ではないかと心配していたので、店に来る前に医者に行くように言って家を出るのでした。雨は止んだけど空から熱気が降り注いでいる。

見上げれば 8 時半だというのに、雲間に覗く太陽は随分と高い位置にあるのです。天気予報はほとんど当てにならなかった。蕎麦屋に着いて朝の仕事を終えたら、まずは蕎麦打ち室に入って、今日の蕎麦粉を計量する。昨日残った生舟一箱に、もう一箱打ち足しておこうという予定で、今朝も750g を39%の加水で捏ね始めるのです。しっとりと柔らかく仕上がった生地を伸して畳んで、切りべら26本で130g の蕎麦の束を作っていくのでした。

外は雨がまた降りだして、ざーっと激しく降ったかと思うとまた止んで、これでは予報もしようがないだろうと気にしないことにする。雨の上がっている時に女将が随分と早くやって来て、医者に予約の電話をしたら臨時休業だったと言う。朝も早くから洗濯を終えて準備をしていたから、時間が余ってしまったに違いない。亭主は厨房に戻って、今日のデザートのシャインマスカット大福を作る準備をする。家から持って来た 8 粒の葡萄です。

これまでにも夏場に大福に包んで何か出来ないかと考えたことはあるですが、シャインマスカットは一房 2000 円はくだらない高価なものなので、なかなか求肥に包んでみようとは思えなかったのです。ところが、女将に買って帰っても、勿体ないからとなかなかなくならないので、少しだけ蕎麦屋に持ってきたのでした。種もなく皮ごと食べられるという点でまずは合格。後は、白餡の甘さと求肥に合うかどうかなのですが、色調は好い感じ。

珍しく沢山作ったから、半分に切った一皿を女将と試食してみたのです。「うーん」と亭主も女将も唸るばかり。不味いわけではないのだけれど、金柑大福や苺大福のように、中に包む果物の酸味がないから、白餡や求肥の甘さが生きないというか、材料の値段を考えると、「そのまま一粒で食べた方が美味しいわ」と正直な女将。涼しげな色合いが夏らしいのですが、ちょっとこのままでは、お客様に胸を張って出すというわけにはいかない。

開店したら、土砂降りの雨の中を四人連れのご家族がご来店で、蕎麦好きのご主人の顔は覚えていたけれど、前はどなたと来たのか。天せいろ四つのご注文で、二回に分けてお出しするのでした。蕎麦湯まで綺麗に飲み干して新蕎麦の美味さを堪能された様子。雨も止んで、先ほど電話で営業しているかと尋ねたご夫婦がいらっしゃる。こちらはせいろ蕎麦の大盛りとおろし蕎麦のご注文で、どちらも帰りに、店置きのパンフレットを持ち帰る。

ラストオーダーの時間も迫るひと時。駐車場に勢いよく入って来る車は、例の女先生で、「先週も来たのに」と亭主が言えば、「連休で行くところがない」と応える彼女。「顔を見に来てくれたんだね」と、野菜サラダをサービスで出してやるのでした。大好きな野球にも、人数制限の分チケットが高くなって、勿体ないから行けないのだと言う。蕎麦を食べている間に、ラストオーダーの時間も過ぎたから、暖簾を降ろして閉店の準備をする。

外はまた雨が降り出して、辺り一面、雨の景色。片付け物を終えて、傘を持って来なかった女将に置き傘を渡して、亭主は遅れて濡れながら家に帰る。家に戻れば peko がもう夕飯の時間かと勘違いして、起き出して台所でお座りをしている。亭主は書斎に入ってパソコンに向かう。女将は雨の中をお茶を買いに行くと言って出掛けてしまう。ひと眠りしてまた蕎麦屋に向かう亭主でしたが、この雨ではお客の来るはずもなく早じまいの晩です。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.