四連休の初日は雨模様で…

9 時からは雨という予報だったから、夕べは 11 時前に床に就いて、今朝は 4 時半にすっきりと目覚めたのです。蕎麦屋の南庭の草取りの続きをしようと決めていたのだけれど、さすがにまだ早い時刻。5 時前にpekoを散歩に連れ出し、4ブロックを歩いて公園まで行く。5 時半には蕎麦屋に出掛け、近所迷惑にならないように、まずは厨房で米研ぎ済ませ、デザート、蕎麦豆腐を仕込んでおきます。そして西の小径に散った木槿の花を掃く。

お隣のご主人が出掛ける時刻には、軍手をはめてビニール袋と釜を持ち、黙々と草取りを始めるのでした。昨日切り落とした角の月桂樹の葉が思ったよりも量が多く、たちまちビール袋は一杯になる。セージやベイリーフ、ローズマリーの香りが辺り一面に漂い、亭主を元気付けるのでした。鎌で伸びた草を刈っていけば、初夏に一度、耕してあるので思ったほど草を取るのが大変ではありませんでした。小一時間で二袋目を終了。汗だくです。

7 時になったから、家に戻ってシャワーを浴びたけれど、一度、熱くなった身体からは汗が噴き出てくるから堪らないのです。暑い暑いと言っていたら、「痩せるわよ」とそっけなく女将が言うのでした。朝飯のおかずは蕎麦屋で残った三ツ葉の卵とじとお新香、そして肉じゃが。これだけを食べ切るのも大変で、最近はかなり胃が小さくなった亭主。それなのに体重は思ったようには減らないから不思議なのです。やはり汗をかかなければ…。

いつもよりも少し早く蕎麦屋に出掛け、いつもの朝の準備を済ませたら、今朝は最初に蕎麦を打つ亭主。このところ、定休日明けは 1kg を打っているのですが、連休初日とは言え降り出した雨の具合から、これではあまりお客は見込めないだろうと思うのでした。昼にかけて強く降るという予報だったから尚更のこと、それでも、この 1kg を上手く仕上げようという意識で本伸しを終えます。38.5%の加水では少し硬く、伸し幅もせまくなった。

毎日、新しい課題が出来るのです。生地が柔らかければ伸し易いけれど、包丁打ちをする時には、少し硬い生地の方が切りやすいというメリットもある。どちらにしても、しばらく研いでいない包丁を研いだ方が好いのかも知れない。厨房に戻って夕べ漬けた糠漬けを取り出し、切り分けて小鉢に盛り付ける。今日の小鉢は、モズク酢と大根のなた漬けと合わせて三種類。雨はますます強く降っていたけれど、開店して直ぐお客がいらっしゃる。

いつもランチセットを頼まれる常連さんの親父様でした。窓は開けてあるし、入口で手指の消毒をして頂いたけれど、「仕事で東京に行けば、相手が皆マスクをしていないのでびくびくですよ」と、カウンターに座って大きな声で話すものだから、こちらも逆にびくびくなのでした。小降りになった雨の中を、駐車場に車が入って、見ればお隣の伯母さんなので驚きました。孫夫婦が曾孫を連れて尋ねてきたとかで、窓辺のテーブル席にご着席。

注文の品物を出し終えた頃に、またお客様がいらっして、雨が降っていると言っても、やはり連休の混みようなのかと思うのでした。大盛りが幾つも出たので生舟の蕎麦は 1 時を過ぎてもう残り僅かになりました。お客も途切れたところで、そろそろ片付けに入ろうかと、かき揚げを揚げてスタッフと賄い蕎麦を食べ終えたところで、車が一台駐車場に入ってくる。仕事途中らしい女性客で、天せいろと蕎麦豆腐、デザートの抹茶小豆をご注文。

これでお蕎麦売り切れの看板を出して、ゆっくりと片付けをすることが出来る。隣の家に巣を作っている燕が、何故か雨の中を電線に止まって辺りを見回している。親鳥なのでしょうか。子どもたちも随分と大きくなって近所を飛び回っているのに、まだ、移動の旅には出ないようなのです。早めに家に帰って女将に今日の報告をすれば、「雨なのに随分お客が来たわね」と喜んでくた。祝日はスポーツクラブが早じまいだから、プールはなし。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.