今日も朝から降ったり止んだりの蒸し暑さで…

今朝はすっきりと目が覚めて、今にも降りそうな空模様だったけれど、pekoを連れ出して散歩に行きました。でも、今日は機嫌が悪いのか、近場だけで公園までの距離も歩けない。公園の雑草が綺麗に刈られているのが遠くから見えたので、ちょっと残念なのでした。家に戻ってもまだ朝飯の時間ではないから、pekoにだけ朝食を与えて、亭主は例によって居間の椅子に座って、じっと外を眺めているのです。今日は蕎麦屋の草取りを。

そう思って昨日の晩から段取りを考えていたのですが、いざ蕎麦屋に出掛けてみると、細長い南側の庭はかなりの重傷。入口のオリーブと月桂樹の木が伸び広がって、人も通れない状態なのでした。草取りをする以前に、剪定ばさみでどんどん切っていけば、お隣にも前のお宅にも枝が伸びて、蔦が絡まって伸び放題なのでした。30分ほど悪戦苦闘して、少しすっきりしたところで、切った枝や葉をビニール袋に詰めていけば相当な量です。

やっと南側の庭に入って見れば、とても70㍑の袋では詰め切らないから、一度、ビニール袋を取りに店の中に戻ったのは好いけれど、今度は雨がパラパラと降り始める。亭主は汗びっしょりだから、嬉しいような困ったような複雑な心境で冷たい蕎麦茶を飲むのでした。30分で終わりにしてしまったら、きっと後で後悔すると、もう一度庭に出て、今度は背丈の伸びた草だけを刈り始めたけれど、これは奥まで行き着いても収拾が付かない。

毎年、こんなに伸び広がることはないのだけれど、今年は草の伸びがやけに早いような気がするのです。茗荷やコゴミの葉も今までなく大きく育っているのです。タラの木のところまでやっとたどり着いて、通り道だけを確保した形で、これは今朝だけでは到底終わらないと、開始から 1 時間ほどで見切りを付けて再び厨房に戻るのでした。毎朝、少しずつやるしかないと、密かな決意が頭をもたげてくる。誰も手伝ってくれる人はいないから。

毎年、ミニ菜園に夏の野菜を植えているのに、今年はコロナ騒ぎで時期を逸してしまったのも、荒れ放題の原因の一つでしょう。梅雨の合間に二度ほど草取りをしたのに、ちょっと放っておいたら、瞬く間に伸び広がったから、自然の勢いというものは大変なものなのです。やはり頻繁に草を取り畑を耕している農家の親父様たちには敵わない。厨房に戻れば、昨日の洗い物が洗いかごの中にうず高く積まれたままで、片付けるのに一苦労です。

調理台を綺麗にしたところで、明日の天麩羅の具材を切り分けて、大鍋で小松菜を茹でる。今日のもう一つの目標はレンジフードの掃除だったから、流しをせき止めてシンクに洗剤とお湯を溜めて、浸けておくのでした。そろそろプールに出掛ける時間だったから、家に戻って支度をする。小雨の降る中をスポーツクラブまで出掛けて、今日もまたひと泳ぎ。速く泳ぐコースもひとコース 5 人と随分と混んでいたけれど、いい汗をかきました。

家に戻って先週の残り物で昼食を作るのは亭主の仕事。出来上がる頃に女将がスポーツクラブから帰ってくる。今日は野菜のスープに野菜サラダの残りをすべて使ってお肉たっぷりのカレー中華丼。ブロッコリーとアスパラだけはサラダにして食べるのです。プール出泳いだ後だから、食後は心地よくひと眠りするのでした。それでもまだ午後の仕込みが残っていたから、3 時過ぎに蕎麦屋に戻り、レンジフードを掃除して、ぬか漬けを漬ける。

業者が食材を運んで来たのはもう 5 時過ぎなのでした。今日は明日のデザートを仕込んでこなかったから、明日の朝は一つ仕事が増えるので忙しくなる。天気予報を確認してから、何を作ろうかと考えようと思ったのですが、どうやら昼前から雨が酷く、気温もあまり上がらない一日になりそうなのでした。相撲を見ながら女将と夕食を食べて、ゆっくりとする夕べ。ニュースを見てはまた感染者が増えていると、亭主に女将が知らせに来る。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常, 運動・健康. Bookmark the permalink.