朝だけ涼しくて…

いつもより少し遅れてお袋様を迎えに行き、農産物直売所へ車を走らせる朝。今朝は早く起きて蕎麦屋の南庭に生え広がった雑草を取ってやろうと、夕べから準備をしていたのだけれど、結局、起きられずに、夢は頭を駆け巡るなのでした。涼しくて気持ちのよい朝だったから尚更のこと悔やまれるのです。8時間も眠ったのに、なかなか床から起き上がれない状態で、蕎麦屋に戻っても野菜類を冷蔵庫に片付けたら、大根を切って一休みです。

冷たい蕎麦茶を飲んで元気を出そうとするけれど、なかなか身体が動き出さない。蒸し暑かった昨日の疲れが抜けていないのだろうか。大根のなた漬けの準備をして、一番出汁、二番出汁出汁を取ったら、蕎麦汁と天つゆを仕込み、女将がスポーツクラブから戻る時間には帰宅。薄日も差して段々と蒸し暑い陽気になってきたから、やはりこれはまだ梅雨の徴候で、暑さには強いはずの亭主も、湿気には滅法弱いのです。二人で新蕎麦を食べる。

昨日打って売れのこった蕎麦と、天麩羅の具材を揚げて持ち帰ったものをグリルで焼いて、立派な天せいろ。蕪の葉のお浸しを付けて、二人はこれで満腹になるのでした。いつもなら食後のひと眠りなのだけれど、今日は睡眠は十分取っているから、蕎麦屋に戻って冷やしておいた蕎麦汁を蕎麦徳利に詰めて、出汁や天つゆを冷蔵庫に入れるのでした。何時の間にか出来たスポーツの日とかで連休になるから、今週はこれでは足りないかも。

このところ週 5 日で二回の出汁を取ることが多いけれど、混んでくるとそれでもまだ足りないことがある。干し椎茸と昆布を一晩水に浸けておくという準備かあるので、いつ足りなくなるかと見極めが難しいのです。鍋やボールを洗い終えたら、今度は朝のうちに解凍しておいた石垣島のモズクの掃除をする。水で洗って海のゴミを取り、調理ばさみで少し短く切ったら、一度湯がいて水にさらす。キュウリと茹で蛸を加えて冷蔵庫で保存する。

茹で蛸が入っているから、煮物のように長くは置いておけないので、まさに連休に向けての準備なのです。もう一品の小鉢は、今朝、塩で浸けておいた大根の水を絞って、酒粕を水で溶いて煮詰めたら、砂糖を加えて冷やしたのを加え、柚子と唐辛子を入れてよく揉んでおく。一日ほどおけば味が馴染んで美味しくなるのです。夏場の大根であまり作らないのは、水気が少ないのと値段が高くなるからなのだろうか。それでも冷やして味は好い。

これに明日の夕刻にぬか漬けを漬けておけば、なんとか小鉢の心配はしなくて済みそうなのです。予備として、カボチャの従姉妹煮の材料も用意してあるから、週末まで十分な量の小鉢が出来る計算。今日は 3 時に眼科の予約を入れてあったから、時計を見ながら、ビールをケースで買いに国道沿いの酒屋まで出掛け、車のトランクに積んだまま、眼科のあるマンション群の駐車場に車を止めるのでした。マスクをしてドアの前で一番で並ぶ。

再診は 1 分で終わり。大分好くなっているのが自分でも分かるのですが、来週もう一度と言われた。折角、街中まで来たからと、女将に電話をして何か食べる物を買って帰らなくて好いかと聞いてみる。タンパク質がないからと言われ、魚と肉を買って帰る。新鮮な鰯が出ていたから、紅鮭と一緒に買い物籠に入れ、豚肉の厚切りと薄切りを買って帰る。蕎麦屋に寄ってビールのケースを降ろし、冷凍室にあった先週の残りのご飯を持って帰宅。

車外温度は31℃と外は結構暑いのです。暑さよりも湿気が酷くて、何時の間にか汗だくになっているのです。この暑い中を女将は裏の草刈りをしたらしい。今年は亭主も雨や暑さでなかなかエンジンがかからなくて、悪いことをした。pekoも食堂の隅で床にべたっと伏して寝ている。書斎が冷えるまで、居間のエアコンで涼んで、夕食前にやっとひと眠りなのです。テレビで観客の少ない相撲を見ながら、脂ののった鰯に舌鼓を打つのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常. Bookmark the permalink.