朝から蒸してはいたけれど…

暑さに慣れないのか、湿気に慣れないのか、週末の疲れを引きずったまま蕎麦屋に出掛ければ、ゴミ捨てに出たお隣のご主人に声をかけられました。「もう出勤ですか ? 」亭主よりは一回りほど年上なのに、相変わらずお元気そうなのでした。昨日のお客の言葉ではないけれど「まだ若いのに…」と、自分の身体が疲れていると感じるのが不思議なのです。それが蕎麦屋に着くと否が応でも元気になるから、それで好いのかも知れないと思った。

店に入ればムーッとする暑さだったから、すぐに冷房を入れて窓を少しずつ開けて回る。蕎麦打ち室は25℃、湿度80%。天気予報のエリア情報では、朝方は21℃まで下がるという予報だったけれど、夕べの熱気がこもっているのでした。糠漬けを昨日は早めに漬けたから、早速、冷蔵庫から取り出して夏野菜を切り分ける。この週は小鉢の足りなくなった失敗を繰り返すまいと、沢山、野菜を仕入れたのでしたが、結果としては随分と余った。

毎日、お客の数と天候や気温を記録してくれる女将の日記の分析に寄れば、気温が25℃を越える日は、お客の入りが多いのだそうな。最近は、彼女の分析が的を得ることが多いので、今日も月曜日だけれどきっとお客は来るという確信を持って、今朝の蕎麦打ちにかかるのです。捏ね上げた蕎麦はビニール袋に包んで、寝かせている間に厨房に捏ね鉢を持って行ってぬるま湯で洗う。メールやニュースを読んでフェイスブックをチェックする。

再び蕎麦打ち室に戻って、しっとりと仕上がった蕎麦玉を伸していきます。春蕎麦の新蕎麦の粉にも慣れたから、イメージ通りのかなり良い仕上がりで、今朝の生地を折り畳んでいきます。切りべら28本で130g 。昨日に続いて、今日もなかなかの出来栄えなので嬉しいのです。身体を動かしているうちに、朝の倦怠感は何処かに消えている。これが女将の目覚めのヨーガと同じ効果なのだろうか。要は身体の血の巡りが好くなってくるのかも。

まだ10時前だったから、昨日洗い残したグリルの掃除をしておきます。これが駄目になると20万円近くかけて新しくしなければならないので、今の霊犀亭では到底無理なこと。こまめに掃除をして長持ちさせなければと、洗う手にも力が入るのです。開店してから六年目になって、天井や壁も少しずつ傷んではきているけれど、一番心配なのが厨房の設備なのです。本来ならば、こうしたメンテナンス費用だけでも黒字にしたいものなのです。

野菜は沢山あるのだけれど、月曜日の今日はこのところサラダは二皿と決めている。研いだばかりの包丁で、人参のジュリエンヌをイメージ通りに刻めて満足。トマトもパイナップルも熟してちょうど食べ頃なので、今日のお客にはベストの野菜サラダが出せるのに。そう思いながら、開店の準備を終えたら、暖簾を出して早い時間に、バイクに乗った常連のお客がいらっしゃったのです。いつも天せいろのご注文なのだけれど、お新香は残す。

それを忘れていたから、スタッフ共々あとで反省をするのでした。続けて12時前に、またもやリピーターの若いご夫婦でのご来店で、鴨せいろととろろ蕎麦の大盛りのご注文。確か前回も同じご注文だった。初めていらっしたと言うご夫婦は、奥様がカレー蕎麦を頼まれたのに、親御丼セットを頼まれたご主人とお互いに食べ比べて、蕎麦の香りが好いと新蕎麦の味を褒めて下さった。やはり女将の分析は正しいのかも知れない。厨房は28℃。

お客が切れて1 時を過ぎたから、スタッフと賄い蕎麦をぶっかけで食べていたら、また駐車場に車が入ってきたのです。今日のお客は全て違うメニューを頼まれたから、調理場の亭主は嬉しいやら忙しいやら。デザートの水羊羹を幾つもお持ち帰りになるお客も、またリピーターの一人なのでした。家に戻ってひと眠りしたら、夕飯を食べて夜のプールに出掛ける亭主。身体はまだ重いけれど、すっきりとして帰りには女将に果物を買って帰る。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち, 運動・健康. Bookmark the permalink.