曇り空でお蕎麦売り切れの午後…

6 時前のpekoの散歩です。姫檜扇水仙の咲くお宅を通り越して、今朝は自宅の2ブロック先の坂道を下り、4ブロック先に公園のある所まで歩いたから好かった。途中で、知り合いの老人に出会って、「ずいぶん早い散歩ですね、この子は幾つになったの ? 」と尋ねられたから「14歳です」と応えれば、「家の亡くなった犬と同じだ」と言われてショック。人間だって個人差があるから、犬も犬種の違いや個体差があると後ろ姿を見守るのです。

早くから亭主が起きているのを察して、女将が早めに朝食を用意してくれました。昨夜のうちに打ち合わせしてあった通り、今朝はシジミの味噌汁に鰯の塩焼き。糠床を新しくして美味しく漬かったキュウリと亭主の作った筑前煮を添えて「これが日本の朝食だろう」と、カメラを取りに書斎に戻って、久しぶりに朝食の撮影です。昔はパン好きだった江戸っ子の女将も、最近はめっきり和食にこだわっているのです。亭主は少年の時代に帰る。

女将の入れてくれたコーヒーを飲み終えて、曇り空の下を蕎麦屋に出掛ければ、玄関前の紫陽花の花が綺麗に咲きそろっていました。亭主の逡巡は今朝の蕎麦打ちの量。昨日の混み具合からすると、更にお客が来るかも知れないのですが、コロナ禍のこの時期の木金はどちらかが多いとどちらかが極端に少なかったりするのです。それでも、昨日打った 1 kgの魅力に惹かれて、今朝も本来の蕎麦屋の仕事をする。力は要るけれど、元気は出ます。

39%の加水率で順調に菊練りまで進んで、蕎麦玉を仕上げたらビニール袋に入れてしばらく寝かせて置くのです。その間に厨房に戻って、今朝の葱切りを済ませ、小鉢に筑前煮を盛り付けておきました。店が混んでくる頃になって、スタッフの集中力が途切れてしまうのは、契約した時間よりも随分と早くから来て、お客の来る時間までの仕事が多すぎるからだろうと考えたのでした。今日は、開店の前にも休憩をするように言って休ませた。

さすがに二日目の 1 kg 打ちとあって、今朝は蕎麦打ちの台一杯に伸し広げたら、八つに畳んで包丁を打つ。切りべら28本で135g と、いつもと変わらない太さの蕎麦に仕上げるのでした。あと25cm、1.25kg ぐらいは打てるけれど、蕎麦打ちの台の広さからして、これ以上はなかなか難しいのです。名人の打つように1.5kg を打って横に三つに畳んで縦に四つで12折をやってみたこともあるけれど、打ち台の広さからしても相当な無理がある。

自分の現在の技量と環境とを謙虚に受け止めて、できる限りの努力をするのが一番なのかと思うのです。蕎麦打ち室から厨房に戻って野菜サラダの具材を刻む。それでもまだ時間があったから、豚のハラミの串刺しを仕込んでおきました。昼過ぎまではお客もなく、ちょっと心配になってきた頃に、最初のお客がご来店で、その後は次々とお客が入って、やはり昨日の続きなのです。今朝13食打った蕎麦も大盛りが出たから、みるみる売り切れ。

今日は途中で休憩をしてもらったスタッフも最後まで頑張って動いてくれました。天せいろのご注文がほとんどで、ぶっかけ蕎麦がお二人だけ。テーブル席が一杯でカウンターにもひと組座る混みようで、密を避けてすぐに満席の看板を出したけれど、入れ替わりでお客が入って、1 時過ぎにはお蕎麦売り切れの看板を出したのでした。隣町からいらっしたというご婦人たちは、今日で三度目で、やっとお店に入れましたとおっしゃっていた。

洗い物をする暇もなかったので、閉店後は 3 時近くまで洗い物と片付けでした。しかも蕎麦汁も小鉢も天麩羅の具材もなくなっていたので、亭主は一度家に戻って休憩をしたら早い夕食を済ませて、隣町のスパーまで仕入れに出掛けるのでした。今日はプールも行けずに、夕刻にまた蕎麦屋に出掛けて、たっぷり 2 時間以上も仕込みをするのでした。家に帰ればもう風呂の時間で、風呂上がりの一杯を飲みながらブログを書いているのです。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.