朝から青空、真夏の陽気で…

今朝は爽やかな空気で気持ちのよい青空が広がっていました。梅雨の晴れ間か、真夏の前兆か、毎年こんな日があると思いいながら、みずき通りを渡って蕎麦屋へ出掛ける亭主。それにしても、少しは数が戻った最近のお客の入り具合からして、定休日明けにコロナ以後に続けている 750g を一回だけ打つと言うのはどうだろうかと、思案に暮れるのです。以前は、 2 回蕎麦を打って 16 食の用意をしたけれど、それほど数が来るとも思えない。

選択肢はないから、蕎麦打ちを一回で済ませるなら 1kg を打って 11食の用意をするし、二回打つなら750gと500g で13食。単純明快が好みの亭主は、当然、1kg 一回を選ぶ。厨房に入って朝の米研ぎを済ませ、夕べ漬けた糠床を冷蔵庫から取り出して、キュウリとカブの漬けものを切り分ける。これから暑くなると言うから、水羊羹を仕込んでおきます。寒天粉2g、タピオカ粉3g、氷糖蜜100cc、水250ccに漉し餡200ccで加熱して荒熱を取る。

豊缶に流し込んだ水羊羹は、蕎麦打ちが終わるまでそのままにしておかないと、冷蔵庫に入れる時にこぼれてしまうから要注意なのです。久しぶりの 1kg 打ちは、本来の蕎麦屋の亭主に戻った気分で楽しい。コロナ禍この方、いつも少ない量で練習を重ねているから、伸しもそれほど抵抗なくこなし、蕎麦打ちの台一杯に広げた生地を畳んで打ち粉を振るのです。切りべら28本で135g と、いつもと同じ太さで打ち上げて気分は爽快なのでした。

せいろ蕎麦やおろしやとととろ蕎麦用の小鉢には、鶏肉とジャガイモはるかを加えて味のよくなった筑前煮をスタッフに言って盛り付けてもらい、更に農産物直売所で初物の枝豆を手に入れたから茹でて盛り付ける。酒を飲む客が来ればお通しで出そうと思っているのだけれど、出なければ亭主が家に持ち帰って酒の肴にする予定。天せいろや丼物のセットのお客様には、さっぱりとお新香を出すことにしています。外は晴れていても風は強い。

開店時刻の10分ほど前に、女性の一人客が車で駐車場に入ってきました。二台は入れる場所の真ん中に停めるものだから、亭主が出ていって「もう少し寄せてもらえば、もう一台は入れるのですが」と言うのでした。初めてのお客らしく、せいろ蕎麦のご注文で食べ終わってから「蕎麦のエッジが立っていて美味しかったわ」とおっしゃる。手打ちだから当たり前なのだけれど、「来週から春蕎麦の新蕎麦が出ます」と宣伝をしておくのです。

その後には、昼過ぎに新しいリピーターの品の好さそうなご家族がいらっして、静かな昼食の時間を過ごされた。「蕎麦は何処の蕎麦粉ですか」とご主人が尋ねるから「茨城産なんですよ。上等の蕎麦粉を使っています」と応える亭主。蕎麦が美味しいのは、打ち手の技術よりも、やはり蕎麦粉の善し悪しなのだろうというのが亭主の考え。だから、多少値段が高くても、今の蕎麦粉を使い続けている。同じ農場の米も仕入れているけれど同じ。

ちょっとお客が途切れたからと、かき揚げとメゴチの天麩羅を揚げて、今日は豪華な賄い蕎麦をスタッフとぶっかけで食べる。食べ終えたところで、駐車場に見覚えのあるワゴン車が入って来るのでした。若いご主人が手際よくベビーバギーをテーブルにセットして、奥様が赤児を抱いていらっしゃる。追加の天麩羅を揚げている間に、年配のご夫婦がご来店で、スタッフも気が付いてないから叱咤する亭主。お蕎麦売り切れの看板を出す時刻。

7月の初めの営業日にしては、天候にも恵まれてか、まずまずのお客の入りで、今日は1kgを打っておいて好かった。気温はぐんぐん上がったらしく、家に帰る頃には陽射しは強いし、日影はないしで暑くてたまらないのでした。ひと眠りして早い夕飯を食べたら、亭主はプールに出掛けてひと泳ぎです。だいぶ身体も軽くなって、スピードに乗っているのが自分でも分かるから嬉しい。でも夕飯を食べるから体重はまだ先月のままで高止まり…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.