朝から雨交じりの風が強い一日で…

5 時半に一度目覚めたときには、道路が雨で濡れていたからpekoの散歩は断念して、もうひと眠りする亭主。ところが、8時前に女将に起こされて、「pekoの散歩は行って来ましたよ」と言われて外を見ればもう道路は白く乾いていました。べっとりと汗をかいて眠りから覚めたので、今朝は湿気が多いらしい。夕べもよく眠ったはずなのに、なぜか身体が怠いのは、この蒸し暑さのためなのか。庭の金柑の花を眺めながら蕎麦屋に出掛ける。

早く蕎麦屋に着いたのは好いけれど、どうも身体が重くて動き出したくないのです。休みだと思うと尚更ゆっくりとしたい気分で、厨房の椅子に座って今朝の段取りをもう一度考えてみる。とにかく蕎麦豆腐を作ったら、それから筑前煮を仕込んで、最後に明日の天麩羅の具材を切り分ければ好い。それが午前中の仕事だったから、わけもないことなのですが、実際に取りかかるまでじーっと座ったまま。BGMを流したら少しは気分が変わる。

そう思って動き始めれば、もう次々と食材を刻み、蓮根は酢水に浸けて、ゴボウは水に浸けて、鶏肉を小さめに刻んで片栗粉をまぶす。後は中華鍋で順番に炒めていくだけ。まずは鶏肉を炒めて、ジャーレンに上げて油を切っておく。次に水切りした蓮根とゴボウを含めて切った野菜を炒め、3㍑の鍋に入れて出汁で煮込んでいきます。沸騰したら、鶏肉を入れて中火で20分ほど煮詰めては、灰汁を取って出汁醤油と砂糖で味付けするのです。

例によって醤油の色を見ながら味見をして、砂糖も甘過ぎないように適量を入れます。人参やゴボウに火が通ったのを確かめて、キッチンペーパーで落とし蓋をして弱火で更に煮詰めます。その間に、手に入りにくくなったインゲンを 5 cm 程に切って塩茹でします。綠色が鮮やかになったら笊に採って冷ます。調理を始めたら一挙に元気になって、手際よく身体が動くから不思議なものです。先ほどまでの気だるさは一体何だったのだろうか。

昨日、一緒に仕入れに出掛けたお袋様が、「今日は餃子を作ろうと思って材料を買ってきたんだよ」と言っていたけれど、80歳の後半になって、毎日の食事を素材から作っていくその元気さは、やはり調理をすることの楽しさから来るものなのかも知れない。何十年も大勢の人に様々な食事を作ってきたから、自分一人のためにでも作ることが一つも苦ではない様子。今でも料理の話題になると亭主と楽しく話をするのです。学ぶことも多い。

筑前煮を冷ましている間に、カボチャを切り分けて天麩羅に出す形に揃える。端切れは四角く切って冷凍しておきます。カレーの具材にも使えるし、小豆との従姉妹煮にも使えて大変便利なのです。生椎茸、ピーマン、茄子、オクラと、それぞれ切り分けたら、容器に入れて冷蔵庫で保存します。最後は玉葱と人参、三ツ葉を刻んでかき揚げの具材を仕込んで終わりです。使った鍋やボールを洗ってまな板を消毒したら、筑前煮を容器に詰める。

ジャガイモや鶏肉の入った分、量がいつもより増えたので、試食用として少し家に持ち帰って女将に渡す。昼は一年ぶりで亭主が冷やし中華を作りました。卵は朝食べたので、キュウリと茹でたモヤシに、薄切りの肩ロースを茹でて天かすと共に添えました。亭主の皿には氷を一面に敷いてその上に麺と具を載せるから、大盛りのように見えるけれど、実際には女将と同じ一人分。暑い昼に酢の利いたタレが美味しかった。豆板醤を加えて満足。

夜のパトロールは雨ならば中止なのですが、今日の天気ではちょっと予測がつかないのです。その前に、業者が食材を運んで来るから、電話を待って蕎麦屋に出掛けなければいけない。4時過ぎに「5 時頃に伺います」と電話が入って、仕方がないから早めに出掛けて明日のお新香を漬けたり、冷たい蕎麦茶を作るために、鍋に湯を沸かして冷やしておく。明日は暑いと言うけれど、天気予報も複数を見ると情報がまちまちなので安心できない。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, . Bookmark the permalink.