曇りのちずっと雨の一日…

玄関前に咲き乱れる木槿に励まされるように、7 時前にpekoの散歩に出掛ける。今朝は2ブロックを回って家に戻りました。朝食を終えるともうフットレストの上で眠り込んでいる。同じく食事を終えた亭主が椅子に座っていると、トントンと前足で主人の足を叩いて上に載せてくれと言うのです。くっついていると暑苦しいから、眠ったなと思ったら、亭主は向かいの椅子に移って、女将の入れてくれたコーヒーを飲んで食休みをするのです。

人のいるところでしか眠れないのもこの犬の性格なのか。亭主が食事をしている時も、食堂に来て足元に寝そべっているのです。女将は「家来だからしょうがないわね」と言うけれど、亭主のいない時には、食堂でテレビを見る女将の膝に乗って眠っているから、やはり、人の傍が好いのです。今朝も早めに蕎麦屋に出掛けて、昨日の洗い物を片付ける前に残り少なくなった返しを5㍑鍋で仕込んでおく。洗濯物を干したらお袋様を迎えに出る。

二人で世間話をしながら、農産物直売所に出掛ければ、今朝はまだ届いていない野菜が多かったのです。ナスやキュウリが沢山安く出ていたから、いよいよ夏らしくなってきたと感じる。インゲンは終わってモロッコインゲンガ並んでいたけれど、天麩羅にはどうか。会計を済ませて外に出れば、野菜を運んで来た農家の親父様が、袋に沢山買い込んで来た亭主を見て、「店でもやってるの ? 」と、煮物用のジャガイモと胡瓜をくれるのでした。

なんでもまずは挨拶をするのが大事だねとお袋様と話をしながら、隣町のスーパーまで車を走らせれば、少し時間が遅かったからか、今日は駐車場もかなり混んでいるのでした。パイナップルは一つもなかったから、代わりにゴールデンキウイを買って、また、夏の筑前煮を作ろうと鶏肉を仕入れておく。里芋の代わりに頂いた煮物用のジャガイモを使ってみようと思うのです。今日は西の町のホームセンターに消耗品を買いにも行かなければ。

筑前煮を作るには蓮根を買い忘れたのに気が付いて、やはり午前中にホームセンターへ行って隣接するスーパーで買ってこようと車を急がせるのでした。塩素系の消毒液は棚に並んでいたけれど、アルコール除菌液はまだ売り切れのまま。ペーパータオルも沢山あるのにひと家族一個と厳しい制限がかかっている。ラップや割り箸、キッチンペーパーなどを買い込んで、隣のスーパーで蓮根とインゲンを手に入れました。女将には果物を買った。

蕎麦屋に荷物を置きに帰っても、女将の帰る時間には間に合って家に戻り、定休日の昼の用意はいつしか亭主の仕事になっている。今日は店の残りのとろろと蕎麦と、やはり売れ残ったみつせ鶏の旨搾り団子、そして野菜サラダを使って一皿分のタンパク質と野菜を用意する。だいたい定休日は、残り物でなんとか美味しい食事を作るというのが定番なのです。午後は出汁取りの作業があるから、果たして筑前煮の仕込みまでこぎ着けられるか。

pekoと同じで昼を食べたらすぐに寝るのが定休日の亭主の日常です。昼からずっと雨が降り続く天気で、蕎麦屋の仕入れと仕込みとパソコンとブログで一日が終わるから、女将に言わせれば「蕎麦屋のことしか頭にない」という状態。ひと眠りがふた眠りになり、朦朧とした意識の中から3時過ぎにやっと目覚めて、降りしきる雨の中をまた蕎麦屋に出掛けていくのです。27℃と暑い店内でしたが、エアコンも入れずに出汁取りを始めるのです。

返しを作ってワインビネガーが切れたから、家に戻って注文をしておかなければ。いろいろな次の算段を考えながら、約一時間。天つゆを仕込んで、蕎麦汁を冷やして蕎麦徳利に詰め、冷蔵庫に入れたら、鍋やボールを洗って 5 時前には家に戻る。今日買って帰ったトウモロコシが茹でられて食卓に載っている。枝豆を茹でてもらってハラミの串焼きで一献の晩。今年の初物づくしで全部美味しいのです。水泳も一ヶ月、体重も戻りつつある。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 未分類, . Bookmark the permalink.