爽やかに晴れた一日でしたが…

6時半の peko の散歩は、珍しく3ブロックも歩いてくれたから、公園の脇の真紅のバラの花を見ることが出来ました。湿気が少ない分、爽やかな朝なのですが、陽が高くなればどんな陽気になるのやら。ついこの間、草刈りをしたと思っていた公園の芝生は、もう草が茫々と繁っているから、夏の時期の繁殖力には驚くべきものがあります。朝食のおかずは、昨日までに残った野菜サラダを、亭主が中華鍋を振って中華丼風に仕上げて食べる。

今朝から朝ドラがなくなったと言うので、女将はここぞとばかり洗濯に忙しく、亭主のコーヒーも早い時間に入れてくれたから、今日は蕎麦屋にも早くでかけるのでした。ご近所のノウゼンカズラが青空に映えていました。蕎麦屋に早く着いても、定休日前の月曜日には、それほど仕事があるわけでもない。ただ、やはりまずは蕎麦打ちと、夕べ追い打ちをかけた蕎麦に、更に 5 食分打ち足しておくのでした。それで後は、ゆっくりとできる。

抹茶きな粉大福も、昨日のお客に言われたからというわけでもないけれど、今朝は三皿だけ包んでおきました。野菜サラダはこのところ月曜は二皿だけにしている。小鉢が足りなくなるといけないと、家で女将が作ってくれた昆布と豆の煮物を持たせてくれた。牛蒡と人参も入って、箸休めにはちょうど好いので、四皿だけ盛り付けてもらいました。開店前の仕込みはこれだけで終わりだから、油や天つゆの準備をして、奥の座敷で一休みです。

昼に女性の二人連れがいらっして、ぶっかけ蕎麦をお二人で頼まれる。インゲンが切れていたので、かき揚げの他にアスパラを天麩羅にしてお付けしたけれど、試食をする暇がなかったののが口惜しい。昼を過ぎたら、「ご無沙汰してます」と言って珍しく隣町の常連さんがいらっして、続いて「お久しぶりです」と近所の常連さんがご来店なのでした。いつものメニューを頼まれて、どちらもまずは野菜サラダをお食べになる男性なのでした。

なぜか常連さんの顔を見てスタッフも亭主もほっとするのでした。今週は先週にも増してお客の数が戻って来たから、これでいつもの常連さん達がいらっしゃれば、コロナ禍以前の状態に戻るのではないかという期待があったのです。プールに出掛ける途中の飲食店も以前よりはお客の数が増えている様子。ただ怖がっているだけでは、家に籠もっていることになるから、みんなが少しずつ気をつけて感染対策をして、普通の生活に戻れば好い。

午後になって外は陽が差してやはり暑くなってきました。隣の畑のひまわりの苗も随分と育った来ている。 1 時近くになって、そろそろお客も来ないだろうとかき揚げを揚げてスタッフと賄い蕎麦を茹でて食べました。心配だったアスパラの天麩羅も揚げてみましたが、野菜サラダを作るのと一緒に硬めに茹でたのが失敗。筋のある太い部分は口の中に残って宜しくない。お客には細いものをお出ししたけれど、生のまま揚げたらどうなるか。

インゲンもそろそろ終わりになるから、次の野菜を考えなければいけないのです。夏はオクラの天麩羅も定番のようで好いのだけれど、これもあまりインパクトがないと思える。養殖ものとは言え、稚鮎の時期もそろそろ終わりだから、冷凍室に残っている稚鮎を添えるという手もある。季節に合わせて何かひと品添えると考えてきたわけだから、それもまた好いのかも知れない。女将が今日の残り物を取りに来る頃には片付けも終わっていた。

湿度が低いのか、陽射しは強いけれど爽やかな陽気でした。家々の日影を歩けば汗もかかずに家までたどり着く。通りに面した木槿の花が白いのも一斉に花を開いたし言う感じ。ひと眠りして早い夕食に一人でざるラーメンを食べたら、ブログを書き始めてもすぐに疲れるから、居間でテレビ映画を観る。何度も見ているものでも、すぐに映像の世界に入れるから気分転換にはなるのです。6時半にはプールに出掛け、今日もひと泳ぎなのです。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 未分類, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.