降りしきる雨の中を…

雨の朝でした。pekoの散歩もないので、お茶を飲みながら、テレビ映画を観て食事までの時間をつぶす亭主。今朝は昔懐かしい「小公女」なのでしたが、セーラ役の子供が名演で、食事の後も最後まで見続けて家を出るのが遅くなりました。傘を差して玄関を出れば木槿の花たちがお見送り。途中、「貴種流離譚」という言葉が頭の中にふと蘇る。森鴎外の「安寿と厨子王」もそうだけれど、結局は幸せになるのは、「小公子」の結末と同じ。

現実は、子供の頃に読んだ物語よりも遙かに厳しいという事を、長い人生の経験の中で知って来たつもりでも、どうしてもハッピーエンドを夢見てしまう。隠居前の職場で最後の役を引き受けた時も、「地獄へようこそ」とボスに笑って言われたけれど、まだ若かったからか隠居するまで少しも苦にはならなかった。それに比べて、楽しいはずの蕎麦屋の仕事なのに、雨の中を開店準備に行くのかと、まるで抜けられない地獄のようにも思える。

次はこうしようと、自分の先を見据えているかどうかで、疲労や不安はかなり軽減されるのでしょう。今回の新型コロナ騒ぎの行方は、飲食業種にとっても、なかなか先の見えない毎日だから、加齢に加えて週末の疲れも重くのしかかってくるのかも知れない。まずは蕎麦打ちと、気温25℃、湿度85%の蕎麦打ち室で、38%の加水で蕎麦を打ち始める。蕎麦汁は昨夜のうちに蕎麦徳利に詰めてあるし、天麩羅の具材を切り分けを済ませてある。

土砂降りになってきた外の雨を見て、これではお客も来ようがないだろうと思うのでした。だからデザートの抹茶きな粉大福も二つだけしか作らなかったのです。葱切りを済ませて、野菜サラダの具材を刻む段になって、やはり、サラダも二皿だけにしておこうと考え直すのでした。折しも、女将が家から戻って、さきほどの雨で傘を差してもずぶ濡れになったから、ズボンまで取り替えてきたと言うのです。道路も川のようだと言うのです。

これでは今日はお客も来ないだろうと思っていたら、開店前に店の前に車を停めて、少し離れたところでこちらを伺っている人がいる。これは蕎麦屋に来るつもりなのだろうと、急いで暖簾を出したら、ちょうど開店時刻に駐車場に入ってこられたのです。天せいろの普通と大盛りを頼まれて、蕎麦を茹で終える頃に、続けてもう一台が到着なのでした。降りしきる雨の中の出来事とは思えない。リピーターのご夫婦でまた天丼セットのご注文。

天丼セットの値段が安いのだろうかとも思いながら、蕎麦を茹でてお出しすれば、「この間来たら、とても美味しかったのでまた来ました」とおっしゃるから有り難いことです。先のお客様もデザートまで頼まれて、「とても美味しいでした」と言って帰られた。今日はまさかこれで終わりだろうと、女将と二人で思っていたのですが、なんと二人帰ればまた二人ご来店という具合に、次々と重ならずにお客がいらっしゃるから驚きなのでした。

外はまだ雨が降っているのです。洗い物は済ませてあるから、忙しいわけではないのだけれど、思いの外に数が出たから、天麩羅の具材も尽きてきたのです。蕎麦と蕎麦汁だけは夕べ作っておいて好かった。今日は天せいろやせいろ蕎麦の大盛りなども出たので、1 時過ぎにいらっしたご夫婦を最後に、お蕎麦売り切れの看板を出すのでした。このお二人もリピーターさんらしく、デザートが売り切れたのを残念がられていました。予想外です。

早い時間に暖簾を下ろして、家に帰って一休み。女将はこの雨の中をスポーツクラブに出掛けると頑張っているから凄い。亭主はひと眠りして、冷蔵庫にあった西瓜を食べて、早めに蕎麦屋へ出掛け、晩の営業のために追い打ちをかけるのです。大鍋に湯を沸かして、昼の洗い物を片付けたら、明日の小鉢の心配をし始める。昨日今日とかなり客が入ったので、天麩羅の具材も小鉢も足りなくなりそうで心配なのです。夕刻には雨も止みました。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.