日中は蒸してお蕎麦も売り切れた…

純白の木槿もなかなか気品があって素敵です。庭にある四種類の木槿の中では際だっています。クチナシの花びらのように厚味はないけれど、夏らしく薄手の花びらの感じかまたいいのかも知れません。いつも最後に咲くのがこの白だけれど、今年はやはり暖かいからもう咲き始めている。梅雨の前に根本から切り詰めた南天の隣には、もう金柑の花が咲いている。夏に咲くんじゃなかったかと、もう6月も終わりなのにやっと気づく亭主です。

今朝は寝床でグスグスしていたら、7 時前に女将がpekoの散歩に出掛けてくれたらしい。どうも最近は朝の目覚めに時間がかかるのです。一度早い時間に目を覚ますので、まだ早いまだ早いと微睡んでいるうちに、いろいろな夢を見てハッと目覚める。女将はこの間に寝床の中で目覚めのヨーガをしているのです。眠っている時もあるようだけれど、起きようという目的意識があるから、起き出すと一気に朝の仕事をこなしてしまうのは偉い。

その点、何も考えずに自然に身を任せている亭主は、女将に言わせれば、「蕎麦屋のことしか考えていない」のだとか。朝のコーヒーを入れてもらい、テレビも点けずに居間の椅子に座って30分、ぽーっとしている。今朝打つ蕎麦の事を考えながら、今日も蕎麦屋に出掛けて行くのでした。今日は暑くなると言うけれど、曇り空で朝からジメジメと蒸し暑いから苦手な陽気。朝の仕事を片付けて、蕎麦打ち室に入ってまずは蕎麦を打っておく。

室温は25℃、湿度は75%だったから、加水率は38%強。それでも汗をかきながら蕎麦粉を捏ねているうちに、しっとりと柔らかい生地になるのです。蕎麦玉を寝かせている間に厨房に戻り、夕べ浸けておいた糠床からキュウリとカブを取り出して、小鉢に盛り付けておきます。二日使えれば一番好いのだけれど、今日は一日でなくなったから大変でした。再び蕎麦打ち室に戻って、昨日の残りと合わせて13束の蕎麦を生舟に用意しておきます。

そんなにはお客は来ないだろうし、足らなければ午後に追い打ちをかければ好いと思っていたけれど、今日は、どういうわけか、すべての蕎麦が昼の打ちに売り切れてしまいました。先週あたりから、お客の数が戻って来たと感じてはいたのですが、今日は、前半の一時間は暇だったけれど、ご近所の常連さんが何組か来て下さったから、さすがにお客の数は増えたのです。外はたまに陽が差してどんどん蒸してくる。梅雨時の蕎麦日和でした。

せいろ蕎麦やとろろ蕎麦も多かったから、なた漬けも筑前煮もほとんど出て、天せいろにはお新香を付けるからこれも随分と売れたのです。新型コロナの感染予防で、お客は一度に三組までしか入れないようにしているのですが、上手い具合に入れ替わり立ち替わりのご来店で、1時間ちょっとの間に10人を超えるお客が来た計算。途中から、洗い物をする暇もなく、亭主は汗だくだくで調理を続けるのでした。蕎麦汁も小鉢も残りわずか。

営業中は気にしていなかったけれど、店を閉めて洗い物にかかったら、もうシャツも汗でびっしょりなのでした。冷房を入れているにもかかわらず、カウンターの温度計は29℃をさしていました。厨房は火を使う側は更に熱いのです。夕刻に出汁を取ろうと朝のうちに準備はしておいたけれど、こんなに早くなくなるとは想定外なのでした。蕎麦は追い打ちをかければ好いけれど、蕎麦汁を仕込むには 1 時間はかかるから、これが問題なのです。

空は晴れ渡り、熱風の中を女将と家に戻って、書斎に入ってパソコンにきょうのデータを入力すれば、なんと 7 組ものお客がいらっしたのでした。横になったらすぐに眠り込んでしまい、目が覚めたらもう4 時を過ぎている。急いで蕎麦屋に出掛けて蕎麦を打ち、洗い物を片付けて、出汁を取るのでした。その途中でお客が来たからたまらない。蕎麦あるけれど、蕎麦汁が足りなくなりそう。また売り切れの看板を出して女将にSOSなのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.