蒸した曇り空も夕刻には晴れて…

今朝も6 時起床。ヨーグルトを一杯飲みながらテレビのニュースを見て、待ちかねているpekoを連れて散歩に出ました。霧雲が垂れ込めて駅前の高層マンション群が霞んでいます。朝は涼しくて心地よいけれど、湿度が高そうだから今日も蒸し暑くなりそうなのです。坂の途中のお宅のクチナシの花が何時の間にか沢山咲いて、甘い香りを漂わせていました。仕事に出掛ける息子さんを車が見えなくなるまで見送るお母さん。なんと優しい。

今日は 1 ブロックをぐるりと回って家の前に着けば、通りに面した我が家の木槿も何時の間にか沢山咲いているから不思議です。夜露と明け方の気温の関係か何かで花のつぼみが開くのだろうか。pekoに朝食をやって、自分は女将の作る朝飯を待つ亭主。天気予報は日中は昨日よりも暖かくなると言う。昨日の蕎麦は一人分しか残っていなかったから、果たして今日はどれだけ蕎麦を打てば好いか。ぐるぐると頭の中で考えを巡らせるのです。

蕎麦屋への道すがら、ご近所のご主人に会って挨拶をすれば、「これからですか ? 」と笑って挨拶を返されました。恐らくはコロナ騒ぎの影響で、確か先週は木曜日にお客が来たかと思ったら、金曜日はゼロだった記憶が生々しい。でも、その前の週は二日続けてまずまずのお客。最近は常連さんたちのご来店ではないところが、数を読めない理由でもあるのです。朝の仕事を終えて、蕎麦打ち室に入れば、気温は23℃、湿度は75%なのでした。

迷ったけれども、蕎麦粉の新鮮さを信じて、加水率38%で捏ね始めたら、案の定、少し柔らかいほどの生地の仕上がりなのでした。このデータを解析する方程式が作れるのだろうか。昔から、多くの蕎麦打ち職人が蕎麦を打ってきて、やはり最後は名人の言うとおり掌に一杯の水を残しておくと言うのが、真実なのかも知れない。切りべら27本で135g の仕上がり。今日も好い蕎麦が打てたのです。10時過ぎに蕎麦打ちを終えて、厨房に戻る。

気温は高くなって蒸し蒸しとする陽気だったから、窓を開けたままエアコンを送風にして今日のデザートの抹茶きな粉大福を包む。昨日よりもお客が来ることを願ったものの、今日は三皿だけにしました。やはり、二日続けてはなかなかお客が来ないかも知れないというのが、人々が新型コロナの感染を危惧するこの時期の不安なのです。果たして、野菜サラダの具材を刻んで、開店はしたものの開店後も一時間ほどは、お客を待つ状態でした。

12 時半を過ぎても、お客の姿が見えなかったから、打った蕎麦の端切れを合わせて、スタッフと少しずつぶっかけ蕎麦を食べておく。ちょうど食べ終わったところで、タイミングよく車が駐車場に入ってきました。なんと、一度に四人のご家族のご来店なのでした。スタッフがとろろ芋を擦る擦る間に、亭主が四つの盆と蕎麦皿や小鉢と蕎麦汁をセットしておく。蕎麦を茹でるのはわずか40秒だから、このくらいしなくては早くは出せない。

蒸し暑くなった午後は、エアコンの送風を冷房に替えて、お客を待つのでしたが、ラストオーダーの時間になって、暖簾と幟をしまって片付けを始めるのでした。先週のようにゼロではなかったのが唯一の救いか。家に戻って女将に今日の報告をしたら、亭主はパソコンに今日の売り上げと写真のデータを入力して、例によってひと眠り。女将がスポーツクラブに出掛ける物音を聞きながら30分ほど眠ったら、暇をもてあます peko の相手です。

早い夕食に一人で素麺を茹でて食べる亭主。麺類は好きだから抵抗はないけれど、昼飯の量も少なかったらちょっと物足りない。それでも、夕刻にプールへ行くことを考えて、1時間以上休んだら、蕎麦屋に行って明日のお新香を漬け、とろろ芋がなくなったからと近くのスーパーに出掛ける。ところが、6 時までの営業で店が閉まっているから、そのまま早い時間にプールに出掛ける。子ども達の水泳教室が終わって空いていたから極楽極楽。

f

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち, 運動・健康. Bookmark the permalink.