昼過ぎまでは雨だったけれど…

明け方の地震で目が覚めて、寝ぼけ眼で外を見れば雨でした。うとうとしながらもう一度眠ったのか、6 時を過ぎたので peko に朝の食事をやる。テレビのニュースで今朝の地震を解説していたけれど、震度4というからかなり大きかったのです。しかも震源が千葉県東方沖で、どうして緊急地震速報が鳴らなかったのか不思議なのでした。朝食までにはまだ時間があったから、再び床に入ってひと眠りするのでした。8時前に朝食を済ませる。

朝ドラの前に女将が入れてくれたコーヒーを飲んで、洗面と着替えを終えたらすっきりと目が覚めました。傘を差していつもの時間に家を出れば、通りの側にも木槿の花が咲いていました。つぼみが一杯あるから、まだまだこれから沢山咲くのでしょう。雨が小降りの間に幟を出して、米を研ぎ、ぬか漬けを取り出して、キュウリとカブを切り分けたら、小鉢に盛り付けます。大根のなた漬けと筑前煮もあるから、今週の前半はこれで十分です。

今朝の蕎麦打ち室は 21℃ と今までなく涼しい。湿度は80%だから、加水に悩むのです。そんなときは少し少なめに加水しておいて、捏ね始めてから考えるしかないけれど、気温が低すぎるのです。40% 弱で水回しを始めたら、これが上手い具合にこなれて、あまり力も要らずにしっとりと硬く仕上がったから好かったのです。伸しても畳んでもそれほど打ち粉を使わずに、軽やかな包丁打ちが出来ました。切りべら27本で130g 越えでした。

前掛けに着いた粉を払いに玄関に出れば、駐車場に二箇所ある紫陽花が綺麗に咲いている。朝からこの天気ではあまりお客は見込めないだろうと思いながら、厨房に戻って今朝は思い切って抹茶きな粉大福を二つだけ包むことにしました。残っても翌日に出せないことはないのだけれど、きな粉が水気を吸ってしまうのが気になっていたのです。そんな今日は、ちょうど二つだけ売れたからほっとしました。サラダは一つだけしか出なかった。

亭主が葱切りを済ませ、野菜サラダの具材を刻んでいる間に、スタッフに言ってなた漬けと筑前煮をふた鉢ずつ盛り付けてもらいました。昨日、作って家へ試食用に持ち帰った筑前煮も、鶏肉を小さく切ったら硬くなくて美味しかったから、お客様に食べてもらいたいひと品です。天せいろにはさっぱりとお新香を、せいろ蕎麦やおろし蕎麦など他に添え物の少ないメニューには、別の小鉢を出していますが、日によって違うからなかなか大変。

今日は雨で涼しいのに、天せいろのご注文がほとんどだったから、お新香が随分と出ました。雨の降りしきる中を車で蕎麦を食べに来てくれたお客は、皆さん新しいリピーターの方で、古くからの常連さんが戻って来られれば、随分とお客の数も増えるのだろうと、淡い期待を抱いてしまうのでした。今日は肌寒かったから、鴨南蛮やカレー蕎麦が出たらサラダが付くので、野菜サラダはいつも通り三皿盛り付けておいたのですが、予想は外れ。

1 時半になるからと、スタッフと賄い蕎麦を茹でてぶっかけで食べ始めたら、最後のお客がいらっしゃる。今日は大盛りも出たせいもあって、生舟の中も一人分を残して空になったので、これでお蕎麦は売り切れとしました。閉店時間になるまで、ゆっくりと蕎麦を召し上がっておられたお母さんと娘さん。亭主は明日の天麩羅の具材を切り分けて、容器に詰めておく。洗い物も済んでいたから、早めに店を出て家に帰る。雨は止んでいました。

夕方までひと眠りして、5 時前に夕飯の支度をする。女将が開いておいたイワシが残っているというので、亭主は、早速、片栗粉をまぶしてフライパンで焼き、玉葱とニンジンを入れたら、焼き肉のタレで味付けして、蒲焼き丼を作る。食休みの間にブログを書き進めて、今日は、6 時半前にプールに出掛けたのでした。子ども達の水泳教室が終わったばかりで、一人ひとコース。みんな泳げる人ばかりで、そうかこの時間帯が好いのだと納得。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち, 運動・健康. Bookmark the permalink.