気温は低いのに蒸し暑い一日…

今朝も早くから目が覚めたので、雨の降っていないのを確認してpekoの散歩に出かけたのです。家の前の坂道を下っていけば、すぐ近所のお宅にもクチナシの花が咲いていました。家のクチナシよりも随分と大きな花で立派でした。そう言えば、最近、奥さんが豆に手入れをしている姿を見かけるのを思い出す。玄関口にクチナシは香が好いのでなかなか素敵なのです。気品があって亭主の好きな花の一つだけれど、花の終わりが宜しくない。

アガパンサスもいつの頃からか、あちらこちらで見かけるけれど、紫色の花にハッとするのがインパクト。金糸梅の黄色い花の前に植えられて、色鮮やかなのでした。和洋折衷というところでしょうか。今朝はpekoも元気に2ブロックほど歩いて、これならまだ大丈夫とひと安心するのです。門からの階段を登れば、赤紫色の木槿が沢山花を付けていました。最初に咲いた薄紫の木槿も花の数が凄いから、今年はやはり随分と暖かいのですね。

例年、花の咲く前に枝を切ったりはしないものだけれど、今年はこのままだと相当にぼさぼさの状態になってしまいそうなのです。今朝は蕎麦屋に出掛ける前に、銀行に行ってスタッフに支払う給与の準備をしておかなければいけなかった。時間のある時には新券に替えて、今月も有り難うございましたと手渡すのが好いと思う。女将にもほぼ同額の金を渡すのだけれど、家族への給与支払いは認められていないから、生活費を渡す形になるか。

店の売り上げは依然として例年の半分程度だから、亭主の懐からすべて出さなければならないのが大変。今年の目標は、年間の営業利益の黒字化だったけれど、4月5月は新型コロナの影響をもろに被った形だったから、回復するのにどれだけ時間がかかるのか分からない。お客の数は徐々に戻っているようにも思えるから、見通しが暗いとまでは考えないようにしているのです。街には人も車の数も増え、皆マスクをしながら活動をしている。

それから蕎麦屋に出掛けて、明日の仕込みにかかるのでしたが、まずは、蕎麦豆腐を仕込んで、昨日のうちに仕入れておいた食材で、久し振りに筑前煮を作ることにしたのです。今回は、親子丼の具材を仕込んでおこうと鶏肉を買ったので、筑前煮にも入れてみようと思いました。冷えるとどうしても硬くなるから、敬遠していたのですが、小さく切ってよく煮込んでおけば、却って出汁が出て好いかも知れない。里芋だけは季節外だからなし。

親子丼の具材と筑前煮の具材を煮込んで落とし蓋をしたら、今度は明日の天麩羅の具材を切り分けます。時計を見たらもう11 時で、今日はゆっくりとしすぎたかな。鍋やボールを洗って、まな板を消毒したら、製氷室の氷を幾つも袋に詰めて冷凍庫に入れておきます。暑くなると茹でた蕎麦を洗って冷やすのに氷は欠かせないのです。勿論、新蕎麦の季節にはあまり冷やすと香りがなくなるからこれもまた難しい。昼前に家の買い物に出掛ける。

着いた先のスーパーが水曜日が定休日とはつゆ知らず、仕方がないから駅前まで戻っていつものスーパーで買い物をしました。帰り道に、女将が向こう側の歩道を歩いているのを見かけたから、手を振って合図をしたけれど、どうせ「歩いて帰るから」と言うに決まっているので、先に家に戻って昼飯の準備に取りかかるのでした。先週の店の残り物を総ざらえして、カレー炒飯と野菜スープを作り、食べたらpekoと同じで食後のひと眠りです。

夕刻は、鴨肉と海老の配達があったから、テレビ映画を観ながら業者から電話が入るのを待っていました。「あと10 分ほどで着きます」と電話が入ってから、車で蕎麦屋に出掛け、明日の小鉢の糠漬けを漬けて、アイスコーヒーを入れて待っているのです。「暑くて喉が渇いていたので嬉しいです」と、いつも一息で飲んで帰る若者なのです。早い夕飯には今日はざるラーメン餃子を作って食べる。ひと眠りして夜のプールに出掛けたのです。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常, 経営, . Bookmark the permalink.