朝はストーブを焚いて昼はクーラーを点けた一日…

朝方まで雨が降って寒い陽気だったから、朝からストーブを焚いて暖を取りました。いつもの時間に蕎麦屋に出掛けたときにも、まだ小降りの雨が続いていたのです。ミニ菜園の入口に置いてあるモミジの苗木が、また少し大きくなったから楽しみなのです。もう一回り大きな植木鉢に植え替えるのはいつになるのだろうか。玄関脇の紫陽花も段々と色が濃くなって、本来の姿に育ってきています。ぐっすり眠って亭主も元気を取り戻しました。

駐車場の山帽子も花が終わって、ほの赤い新芽が伸びて来ています。隣のモミジも元気な新しい枝が、先の方を赤く染めながら伸びてきている。そんな自然の命の勢いに元気を貰いながら、お袋様と仕入れに行く前に、鍋に干し椎茸や昆布を浸して、昨日の洗い物を片付ける亭主なのでした。家の庭にあるすももの木も、そろそろ伸びた枝を切らなければ行けないし、店のモミジの伸びた新しい枝もいつも夏場に少し切って木の形を整えている。

今年は何も植えていないミニ菜園も、また雑草に覆われてきたから、草取りもしなければならない。石垣の工事が入るはずだった家の裏手も、そのままになっているから、草や木が生い茂っているのです。何とかしなければいけないとは思いながら、やることは沢山あるのに、雨や暑さを理由にしてずるずると日にちが経ってしまうのです。もしかして、これも少しずつ老化現象の表れなのではないだろうかと、ふと心配になることがあります。

仕入れに行く道々、お袋様にそんな話をすれば、歳を取ってくると、一年一年、気力と体力が衰えるのだと言うから、さすがに年長者。「だけどあんたの歳じゃまだ若い」と言われて、やはり疲れているのかと、今朝も食事の後にひと眠りしたのを思い出す。気力と体力は表裏一体のものだから、週に四日の水泳も四週目に入ったのに期待したい。隠居の蕎麦屋の生活にも、蕎麦打ちや調理以外に目標がないといけないのかも知れないと思った。

雨も上がって青空が見えてきたら、急に今度は蒸し暑くなるのでした。車の暖房を冷房に替えて、農産物直売所から隣町のスーパーに移動する。ブロッコリーだけがまだ入荷していなかったから、明日にでも家の買い物のついでに買ってこよう。今日は大根の大ぶりな物が手に入ったから、早速、なた漬けの準備をして塩で漬けておきます。野菜類を冷蔵庫にしまったら、月に一度の床屋に出掛ける。ところが、先客がパーマを始めたばかりで。

近くの息子の床屋に応援に来られるかと電話をしてくれたけれど、向こうも忙しくなってきたらしく、また午後にでも来ますよと言って家に戻るのでした。このところ滅多に他の客とかち合わなかったけれど、やっと床屋にも客が戻ってきているのだろうか。仕入れのデータをパソコンに入力して、昼の準備にはまだ早すぎるから、テレビで映画を観るのでした。昼食は蕎麦を茹でて、昨日揚げて帰った天麩羅を焼いて天せいろの予定なのです。

亭主は朝もぶっかけで蕎麦を食べたのだけれど、さすがに蕎麦屋の主人だけあって飽きることはない。明日の定休日は違う料理を作れると思うからかも知れない。食後にあまりゆっくりしていると、また眠くなってしまいそうだったから、気を取り直して再び床屋に出掛ける。先客がいたけれど、また電話をしてくれて、奥さんが手伝いに来てくれることになったらしい。「少し太ったんじゃない ? 」「コロナ太りですよ。髪も伸びているしね」

頭を刈ったら気持ちまでさっぱりとして、そのまま蕎麦屋に戻って午後の仕込みにかかるのでした。酒粕を煮詰めて砂糖を加えて冷やしたら、唐辛子と柚子を混ぜてなた漬けを漬け終える。そして、今日のメインイベントは、一番出汁と二番出汁を取り、蕎麦汁と天つゆを仕込むこと。どんなに急いでも一時間はかかるから、窓を開けてBGMを聴きながら気長に作業を続けるのでした。相当な蒸し暑さで、家に帰ってもエアコンで涼む晩です。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常, . Bookmark the permalink.