寒い雨の一日…

夜まで営業のある週末は久しぶりに忙しかったからか、二日続けて peko のいる居間に戻らずに床に就きました。夕食は豚のハラミの串焼き二本と野菜サラダと日本酒一合弱だけ。空腹感よりも眠気が勝ったのでしょう。だから、今朝は 5 時過ぎに目覚めて、雨の降り出す前に peko の散歩に出掛けられたのです。清涼感のあるアガパンサスの咲くお宅を過ぎて、やっと自宅の前の通りに出れば、涼しいからかここからがうろうろして長い。

5 時には目覚めて寝床で目覚めのヨーガをしている女将も、亭主が早く起き出したから、今朝は台所に早く入って朝の支度をしてくれました。昨夜床に就く前に「明日の朝は何を食べるの ? 」と聞いたら、「そろそろ銀ダラを焼こうかしら」と言っていたので、買って来た亭主は楽しみにしていたのです。40年も前に亡くなった親父様が好きだった魚で、近ごろはだいぶ値の高い魚になっているけれど、子どもの頃の味覚はまだ健在なのです。

いつもの時間に傘を差して蕎麦屋に出掛け、朝の仕事を終えたら、今朝は夕べ仕込んでおいた返しを鍋から甕に移しておくのです。そして、小鉢に使う浅漬けを漬けたら、冷えた蕎麦茶を飲みながら、窓の外の雨を眺めて、今日の算段を考える亭主。夕べの女将の話では、去年のこの週の月曜はお客がなかったと言うのです。彼女の三年日記は天気やお客の数まで記録しているから凄い。風まで出て来たから、今日はどうなのかと思案に暮れる。

それでも、昨日の夕刻に追い打ちをかけた分だけでは足りないので、今朝も500g だけ打ち足すことにしました。蕎麦打ち室の温度は22℃、湿度は80%。これも難しい数字だったけれど、昨日到着したばかりの蕎麦粉の新鮮さを信じて、今日も39%弱の加水で蕎麦粉を捏ね始めたのです。涼しかったから長袖の上に前掛けをして亭主も、やっと身体が温まって元気が戻る。商売だからと言うのではなく、やはり、蕎麦打ちは楽しいのですね。

蕎麦打ち室の窓の外には、雨に打たれた紫陽花が綺麗な姿を見せてくれている。石垣島の海メロで、伊原間湾を眺めながらその日のダイビングに思いを馳せるのと同じ気持ちだ。新型コロナ感染の第二派の行方を見定めないと、遠出は出来ないと思ってはいるけれど、ワクチンが出来れば一安心なのではないかというのが、女将と亭主の考え方。特に、若いときに過誤腫で肺の手術をした亭主にとっては、まだ大きなリスクは避けたいのが本音。

厨房に戻って野菜サラダの具材を刻んだら、月曜日だからと二皿だけ盛り付けて、今朝漬けたばかりの浅漬けを小鉢に盛り付ける。雨と風はますます酷くなるばかりで、今日は到底お客は見込めまいと、外の様子を見に玄関を出たら、年配の女性がちょうど店の前で立ち止まっているではありませんか。「ラベンダー畑まではまだ随分ありますか」と尋ねられて「この雨では歩いては遠いですよ」と応える亭主。「蕎麦でも食べていこうかしら」

遠い町からいらっしたらしく、帰りのバスの時間まで調べているらしかったのです。横浜に住む古い友人もこんな出歩き方をするのかしらとふと心配をする。もうラベンターの季節も終わりなのに、雨の中を駅から2キロも歩いて来たらしいのです。すると、降りしきる雨の中を駐車場に車が入って、リピーターの若いご夫婦がご来店。隣町からわざわざ霊犀亭の蕎麦を食べにいらっしたのだとおっしゃるから嬉しかったのです。人はそれぞれ。

月曜日は帰りの後片付けが大変なので、開店前にスタッフと賄い蕎麦を食べておきます。今日も雨の中を女将が残り物を取りに来てくれました。新型コロナのお蔭で、仕入れも少なくなったから、残り物は亭主と女将で一袋ずつ。後ははスタッフに持って帰ってもらうのでした。家に戻ってひと眠りをしたら、早い夕食を食べてまたひと眠り。7時前にプールに出掛けてひと泳ぎする亭主でしたが、疲れていたのか今日は身体が重かったのです。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, , 蕎麦打ち, 運動・健康. Bookmark the permalink.