夏至、父の日、二回打った蕎麦も売り切れて…

まだ6月だというのに、蕎麦屋に行く道の途中、ご近所にノウゼンカズラの花が咲いていました。ご主人に挨拶されて、「今年は暖かいからか早くから咲きますね」と言葉を返す亭主。雨になるからと傘を持って、朝は涼しいからと薄手の長袖を着てきたけれど、女将の言う予報は余り当てにはならないのでした。電線に止まったヒヨドリが、朝から甲高い声でピリリリッーと鳴いています。ヒーヨヒーヨと鳴くからヒヨドリとはちょっと眉唾。

蕎麦屋に着いたらまずは小鉢に浅漬けを漬けようと考えていたから、ナスとキュウリと大根を切り分けて、ビニール袋に入れて押し漬けをする。急ぐときには浅漬けの素を使うのですが、開店前には水を絞って早めに盛り付けないと味が濃くなりすぎるのです。蕎麦打ち室の温度を見れば25℃、湿度は60%。昨日は夜の蕎麦もすべて売り切れたから、今朝は久しぶりに二回蕎麦を打たなくてはならないのでした。時計を気にしながらの早打ち。

コロナのお蔭でお客は減ったけれど、影響は売り上げだけに止まらず、単位時間にこなす仕事の量が二ヶ月以上も少なかったから、二度の蕎麦打ちにも 1 時間以上かかってしまうのでした。丁寧に出来るから好いなどと喜んでいるだけでは、実は済まなかったのです。今日いらっしたお客も、ご主人が二ヶ月も在宅勤務だったから、電車に乗って仕事に出掛けるのが疲れるとおっしゃっていた。実際に人に聞いてみなければ分からないものです。

休む間もなく厨房に戻って、白玉粉 70g を氷糖蜜と水で溶かしている間に、濾し餡を丸めて、抹茶きな粉大福を包み始める。シャツ一枚なのに蕎麦打ちの後はもう汗だくです。その間に、夕べお客の来る前に作っておいた高野豆腐の煮物を、女将が小鉢に盛ってくれた。別に湯がいたインゲンを添えて、彩りは亭主のイメージ通りです。これは女将の得意な一品だけれど、家ではニンジンも飾り切りにしないし、インゲンも添えてないのです。

浅漬けも小鉢に盛ってもらい、亭主は野菜サラダの具材を刻むのに忙しい。時計はもう開店 15 分前。最後にブロッコリーとアスパラを茹でて、冷めたところで盛り付けが完了です。やっと奥の座敷で一休みと思って、煙草に火を点けようとしたら、「お客さんです」と女将の呼ぶ声がする。日曜日だというのに、随分と早くからのご来店。まだ雨は降っておらずに、青空が覗いて陽も差していました。天麩羅を揚げていたら、もう次のお客が。

三人とも天せいろだったから、油は温まっているし、順調な滑り出しです。蕎麦は沢山打ってあるから、調子よく始まったけれど、もう次のお客がご来店で、お一人だったからカウンターに座って戴いて、感染防止で満席の案内を出して、お客様にも案内をするのでした。歩いていらっしたカウンターのお客は、天せいろの大盛りを頼みながら、海老と椎茸が食べられないというので、代わりにキスと稚鮎にかき揚げを添えてお出しするのです。

10人を超えるお客が入って、皆さん蕎麦が美味しかったと言って帰られたから嬉しい。「また来させてもらいます」と言うお客もいたほど。片付けを始めた閉店前に、もうひと組三人連れのお客がいらっしゃる。女将が玄関口で蕎麦は二人分しかないと説明しているけれど、お年寄りもいらっしたので、亭主が出て「あまりいろいろは出来ませんけれど、何とか三人分作ります」と言う。「じゃあお任せで」と言われて天せいろをお出しする。

蕎麦湯が美味しいとお替わりまで頼まれる。今朝打った蕎麦は亭主の昼飯分も含めてすべて売り切れたのです。これが父の日のプレゼントか。昨日今日とかなりお客は戻って来ている気がするけれど、まだ、ご近所の常連さん達は姿を見せていない。やっと洗い物を済ませて 3 時前に家に戻れば、夫婦共に腰が痛くて仕方がなかったのです。やはり筋力が衰えたのか。夜は早めに蕎麦屋に出掛けて、蕎麦の追い打ちをかけたら、返しを仕込んで、明日の天麩羅の具材を切り分ける。客はなかったから一安心ですが、さすがに陽が長い。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.