朝は涼しく昼は蒸し暑く…

国の持続化給付金のオンライン申請がまた書類不備で戻って来たので、夕べはまた一仕事なのでした。こちらの送る書類データが、届いて見てもらえているということが分かるだけでも救いなのですが、指示通りの書類データを送っているのに、先方の求めるものと違うのが腹立たしい。お蔭で夜も好く眠れなかったから、ぼうっとした頭で蕎麦屋に出掛け、厨房の椅子に座ってコーヒーを飲んで、朝来るはずの荷物が届くのを待つのでした。

そもそも、確定申告書の控えには、収支内訳書というものがあるのに、所得税額を記入したページだけを要求するのはどうしてなのだろう。終いには、白色申告なのに青色申告の場合はと、違った書類の提出を求めてくる。対面じゃないから何を求めているのかが分かりづらいのです。仕方がないから先方の意を察して、開業以来の月別収支を記録した年間の決算書一覧を添付して送ったけれど、これ以上のデータは存在しないからこれが最後。

やはり、元来、年間の営業収入がマイナスというケースは稀なのだろうか。その確認は、確定申告書の収支内訳書なのに、「違った書類が添付されています」と言うのはどう考えてもおかしい。だから、開業時からの月別収支を記載した年間決算書の一覧を送ってみたのです。新潟の酒屋から〆張鶴の吟醸生酒がクール便で届く。そして、蕎麦粉と打ち粉が届いて、待っていたものはすべて揃った。その間に、蕎麦汁を蕎麦徳利に詰めておいた。

そして、天麩羅の具材になる野菜を冷蔵庫から取り出して、まずは蓮根の皮剥き。酢水に浸けてそのまま火にかけている間に、次々と具材を切り分けていく。カボチャは切り分けたらレンジに掛ける。そして、今度はかき揚げの具材をニンジン、玉葱、三ツ葉の順に刻んで、ステンレスの容器に詰める。これで明日の天麩羅の具材の仕込みは終了。次は農産物直売所で仕入れた新鮮な葉の付いた蕗と、鴨せいろや鴨南蛮に添える小松菜を仕込む。

蕗の茎の部分は、塩をまぶしてまな板の上でゴリゴリと板擦りして、浅い大釜で茹でたら水にさらして皮を剥いていく。子どもの頃台所で母がよくこの作業がしていたのを思い出す。何でも便利が第一の今の時代は、面倒だからあまりこんなことをする家庭はないのかも知れない。さすがの家の女将も、最近はあまりやりたがらないのです。蕗の葉を何度も湯がいて水にさらして灰汁を取り、細かく刻んで味噌と調味料で炒めていくのも同じ…。

素朴な季節の野菜の味わいは、手間を掛けても美味しいものです。昔は食べるものがなかったから、そんな面倒なことをしていたのだと言って片付けられるものではない。保存料や添加物のたくさん入った便利な食べ物よりは、隠居の亭主は手間暇を掛けても、安心で美味しいものをお客に提供したいと思うのです。洗い物を済ませて、駅前のショッピングモールに昨日買い残した野菜を仕入れに出掛けました。解除後はやはり人出が多かった。

昼食には、まだ蕎麦も残っていたけれど、ショッピングモールのトンカツ専門店でロースカツを二枚買って帰る。ついでに苺と林檎も女将への土産。これも解除後の経済活動か。久しぶりにトンカツを食べたから大満足で、昼食を終えて書斎に入り、午後一番で県への支援金申請を始める亭主。国の給付金申請とは違って、誓約書や申請書などいろいろ書いて押印のデータにしなければならなかったけれど、確定申告書の控えは収支報告書まで。

給付金や支援金が出るまでには、電子データを扱えないような年老いた店屋の親父様などは、大変な苦労をするだろうとは想像に難くない。幸いなことに、日々の売り上げをパソコンで管理している亭主は、オンライン申請で済ませることが出来た。国に出した書類と同じ物を送り、受け取りましたと自動返信がされてきたけれど、果たして国と県とどちらが速く結果が出るか。夕刻は再び蕎麦屋に出掛け、荷物を受け取りお新香を漬けてくる。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 未分類, 経営. Bookmark the permalink.