蒸した曇り空は夕刻から雨で…

夜の過ごし方が少し変わった亭主。ブログを終えたら居間に戻って、テレビ映画を観るというのを止めたのです。その代わり寝酒を飲みながら、YouTube で音楽を聴いたり、昔懐かしい番組を見たりと、結構、夜の時間をつぶせるのが分かった。夕食後に居間で寝ているpekoも途中で起こされないから、お互いによく眠れて朝も早起き。今朝は5 時には目覚めたから、5時半には蕎麦屋に出掛け、昨日のうちに準備しておいた鍋で出汁を取る。

小一時間で家に戻るから、それから peko の桟歩に出掛けたのです。まあ、長くは続かないでしょうが、朝の時間を有効に使った定休日の朝なのでした。ところが朝食を終えたらやっぱり眠気が襲ってきて、もうひと眠りの30分。お袋様を迎えに行って仕入れに出掛ける時間になったから、洗面を終えて着替えを済ませる。一週間の経つのが随分と早く感じる。農産物直売所に向かう新緑だった並木道も、何時の間にか綠色が濃くなっている。

野菜を持ち寄る農家の車がやけに多かった。今朝持って来たばかりのトマトやキャベツにスナップエンドウなど、最近は沢山買うからすっかり顔馴染み。その足で隣町のスーパーに向かって、買い残した野菜類を籠に入れ、豆腐や蒲鉾、厚揚げなどを買い物リストを赤ペンで塗りつぶしながら仕入れていく。今日は干し椎茸と昆布を買ったから、それだけでいつもより1000 円は多くなる計算。カレー粉と鶏肉を買い足して、やっと帰路に就く。

蕎麦屋に戻って検品を済ませ、ブロッコリーと小葱は手に入らなかったので、明日にでも近くのショッピングモールで買い揃えよう。野菜を冷蔵庫に収納して、なた漬け用の大根を切って塩で漬けたら、月末の火曜日は床屋に行くことにしているから、ひと月振りで駅前まで車で出掛ける。家からここまで2km しかないのに、用事がないのでひと月も来なかったのです。国道を右に折れてしばらく走れば、懐かしい親父様の床屋に着くのです。

ちょうど前のお客が帰るところで、親父様は老人を見送って道路を渡るのを助けていた。向かいの老人ホームの住人なのだとか。話題は相変わらず新型コロナの影響の話ばかりで、緊急事態宣言が解除になったとは言っても、新型コロナウィルスがいなくなったわけじゃないのだと、年寄り同士だから妙なところで意見が一致する。それにしても、解除だとばかり、今日は道路も車で混んでいるし、駅前の通りにも結構人が歩いているのです。

しばらく通らない間に、国道沿いのラーメン屋は違う店になっていたり、うどん屋も天麩羅のテイクアウトの幟が立ち並んでいました。昼前に家に戻れば、女将が蕎麦を茹でる鍋に湯を沸かして、昨日の残りの天麩羅をグリルで焼き始めてくれた。今日と明日は残った蕎麦を食べ続けなければならない。本当は贅沢な話なのでしょうが、「~なければならない」というところが、素直に喜べないのです。今日は昼寝もせずに、また蕎麦屋に戻る。

女将は大根の残りを使って鰤大根を作ると言うから、亭主は家の夕食のために春菊の白和えを作ってやる。昨日残ったニンジンとシメジを茹でて、これも残り物の春菊をさっと湯がいたら、水を切った豆腐を入れて、最後に白胡麻をすりこぎですって混ぜるだけ。多めの砂糖と出汁醤油少々。蒸し暑い今日には持って来いの一品です。夕飯のおかずは、これと鰤大根になるのでしょう。続いて、特製のカレーを仕込んで、親子丼の具材を煮込む。

まだ、冷凍庫には前の物が少し残っていたけれど、定期的に新しく作り足して、古い物は家に持ち帰って食べるのです。当分、蕎麦屋の残り物を食べることになるけれど、カレーや親子丼は、鶏肉がふんだんに入っているから、タンパク質も摂れて野菜も具沢山なのです。2 時間ほど仕込みをしたらもう夕刻です。雨が降りだしたから、鍋類を洗ってまな板を消毒したら、夕食に間に合うように家に戻るのでした。仕込みをするひと時は楽しい。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 未分類, . Bookmark the permalink.