暖かな雨の降る一日…

雨の降り出す前にと、6時半には peko を連れて公園まで出かけました。青々とした木々の向こうでは鶯が綺麗な声で鳴いているのです。今朝も嫌々ではありますが3ブロック周遊の散歩に向かえば、途中からいやに素直に自分から歩いてくれたから助かったのです。朝食を終えて亭主の膝に乗って眠り始めた peko を見つめながら、女将に珈琲を入れてもらって、時間まで椅子に座り続ける亭主。これも介護の始まりだろうと半分諦めている。

亭主が蕎麦屋に向かう頃にはまだ雨が降っていなかったので、いつ降り出すかと心配しながらみずき通りを渡るのでした。さすがに通りには人影もない。土曜日だけれど、外出自粛のうえにこの天気ではお客は見込めないだろうと、蕎麦屋に着いて幟を立て、チェーンポールを下ろすのでした。蕎麦打ち室に入る前に、夕べ浸けておいた糠床からキュウリとカブを取り出して、切り分けたら小鉢に盛り付ける。今日と明日の分とは思うけれど…。

蕎麦打ち室の室温は23℃ 、湿度は50%だったけれど、昨日までの加水の成功が気になって、今朝も42% の加水で蕎麦粉を捏ね始めたのです。コロナ騒ぎで毎日の時間が停まったように感じているけれど、季節はもう夏に向かっているから、本当はもう夏場の加水率でなければならないのです。果たして、今朝もちょうどいい硬さで生地を捏ね、とんとんとんと軽やかに包丁打ちが出来ました。5 食分だけ打ち足して、10食分だけの用意です。

商売というよりはまるでおままごと。それでも今日も営業すると決めているから、デザートのイチゴ大福もいつも通り四皿を包んで準備するのです。雨の日でも週末はどれだけお客が来るかがわからないのが、いつものことなのです。このひと月の来客数を見れば、そんなことはあり得ないと分かるはずなのに、万が一お客が来ても対応できるようにと仕込みをするのは、一体、何なのだろうかと自分でも思う。半分、やけになっているのかも。

それでも野菜サラダは数を減らして三皿だけ盛り付ける。これは、その日しか出せないから、家に持って帰る数を減らすためでもあるのです。雨のせいで気分も滅入っているけれど、暖簾を出してしばらくすれば、雨の中をお客がいらっしゃる。リピーターのご夫婦でしたが、前回と同じくせいろ蕎麦と天せいろ。会話をするでもなく、黙々と昼食をとるといった感じでしたけれど、蕎麦湯はしっかりと飲み干して帰られたから嬉しいのです。

お客の来ない間に天婦羅を揚げて、亭主はぶっかけ蕎麦を食べておく。ひとしきり強く降り出した雨は止みそうにない。女将と二人でそろそろ片付け物をしようかと思っていたところに、常連の女将の友人が車でやって来たのでした。今日はまたどこかに出かけてきた帰りらしいのです。根っから蕎麦が好きなのか、心配してきてくれるのかは分からないけれど、有難いことです。「ゆっくりと癒されたわ」と言って帰られるから嬉しいのです。

雨の中を二人で家に戻って、亭主は例によってひと眠り30分。今日二回目の珈琲を入れてもらったら、雨の中を今度は車で蕎麦屋まで出かける。こんな雨の中をお客か来るとすれば、誰々しかいないと思いながら、今朝仕込んだ蕎麦汁を蕎麦徳利に詰めて明日の準備をしていたのです。果たして、5 時半を過ぎたころに車で駐車場に入って来るお客があったのです。やはり予想した通り。このところ毎週のように来てくれるからそれも有難い。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.