暑い中をお客の来ぬ間に草むしり…

ひんやりとした朝だったけれど、空はいつもの夏の空。今朝は何とか公園まで peko を連れて行くことができたので、まずはほっと一息なのです。新緑の鮮やかだった木々の緑が色濃くなって、季節の移ろいを肌で感じる。コロナコロナで気の重い毎日ですが、自然はいつものように時を刻んでいるのでしょう。右手の空き地には深紅のバラが今年も見事に咲いていました。ここまで歩くと peko も観念したと見えて、3ブロックを周って帰る。

昨日もお客が少なかったから、今朝は蕎麦屋には出掛けてもあまりすることがない。それでも、頼んだ荷物の来る日だからと、いつもよりも早く家を出る亭主。朝の仕事を終え、厨房の椅子に座って珈琲を一杯飲んだら、とりあえず蕎麦を打たなければと蕎麦打ち室に入るのです。室温25℃ 、湿度は40%だったから、加水率は42%弱で蕎麦粉を捏ね始めたのですが、これが絶妙の柔らかさで、どうしていつもこの硬さにならないのかと考える。

蕎麦玉をビニール袋に入れて寝かせている間に、厨房に戻って豚のハラミの仕込みを済ませる。出る時にはよく出るのですが、このお客の少なさでは期待もできないけれど、週末に向けては用意をしておかなければならない一品なのです。冷凍庫のストックが底を付いたから、来週には仕入れておかなくては。売れない週は、亭主が自宅に持ち帰って酒の肴にする。もともと、家で美味しく食べていたから、蕎麦屋でも出そうと考えたのでした。

酒飲みの気持ちは酒飲みにしかわからない。たくさん飲んで酔えば好かった若い頃とは違って、酒も料理も少ししかいらないので、少量の美味しい肴が酒を更に美味しくさせるもの。まだ歯ごたえも欲しい年齢だから、食感もほどほどにあるものが欲しいのです。今日の蕎麦は切りべら28 本で135g 。包丁を打つときに、トントントンと乾いた包丁の音が響くくらいの方が、やはり生地の硬さはちょうど好いのかも知れぬ。今朝はこの音だった。

天気も好いし、暑さもそれほどでもなかったから、もしかしてお客が来るかと思ったけれど、暖簾を出して一時間経っても一向にお客の姿は見えないのでした。天婦羅鍋の油を温めて、蓮根とかき揚げを揚げて気を紛らわす。それでもお客は来ないから、蕎麦を茹でてスタッフと賄い蕎麦をぶっかけで食べる。この時だけは、お客が来なくても、蕎麦屋であることの有難味を痛感するのです。揚げたての天婦羅、蕎麦、汁の美味しさは限りなし。

昨日の反省から、スタッフと二人揃って店番をしていても時間が無駄だからと、今日は亭主が店に出ている間に、奥の座敷を掃除機をかけてもらった。几帳面なスタッフは畳まで拭いてくれた。そして、彼女が店に戻ったら今度は亭主が外に出て、東側のミニ菜園の草取りをする。あんなに億劫だったのに、やり始めればわけもないのでした。これで蕎麦屋の建物の周りの草取りは終わり。何か野菜でも植えないと、またすぐに草が生えてくる。

結局、今日はお客がなかったから、お袋様に電話をして残った蕎麦を取りに来ないかと話をする。彼女も家にいるばかりでいい運動になるかと思って、天婦羅を揚げて、野菜サラダやデザートのイチゴ大福を一緒に持たせるのでした。早めに家に帰ってひと眠りしたら、涼しくなる夕刻に、蕎麦屋に戻って明日の糠漬けを漬けておく。そして、その足で煙草を買いに1km 先のコンビニまで歩いて出かける。みずき通りの緑も濃くなっていた。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.