乾いた風が心地よい初夏の陽射しだけれど…

澄んだ青空の広がる朝でした。長袖を着て寝たのに涼しくて目が覚めたから、今朝は6時過ぎには peko の散歩にでかけたのです。亭主が居間に入ればさっと起きだしてもう玄関に向かうから、今日は歩いてくれるのかと思ったら、近場で用を足してすぐに家に戻る気配だったから、伏せの姿勢で嫌がるのを、リードを引いて身体を少し持ち上げてやると、諦めて歩き始める。結局、2ブロックを自分から歩いて、家の前の通りに戻るのでした。

力のない女将は抱いて公園まで行ってしまうと、帰りは歩いて来るのだというから、老々介護ではないけれど、日々の知恵比べ。散歩から戻ればご飯の時間だと知っているから、出かけるふりをして早く食事にありつきたいと思うのかもしれないのです。歩かないと足腰が弱るから、少しでも歩く習慣を保ちたいというのが夫婦の願い。かく言う亭主も運動不足で蕎麦屋と家の往復では少し足りない。日陰に咲いた芍薬がまだ花を開いたばかり。

今朝も蕎麦に着いたら幟を出してチェーンポールを降ろし、窓を開け放って新鮮な空気を入れる。米を研いで、葱切りを済ませ、糠床のキュウリとカブを取り出して、小鉢に盛り付けたら、やっと蕎麦打ち室に入って今日の蕎麦を打ち始める。室温24℃、湿度は25%だから今日は相当に空気が乾燥しているのです。思い切って加水を42%まで落として蕎麦粉を捏ね始めたら、生地はちょうど好い柔らかさ。切りべら27本で135g の仕上がり。

一回だけの蕎麦打ちで、今日も10食以下の用意だけれど、外出自粛だからそんなにお客は期待できない。10 時には厨房に戻ってイチゴ大福を包み始める。イチゴもそろそろ終わりの時期だから、粒の小さなものがなかなか手には入らない。白玉粉が氷糖蜜に溶けるまでに、ヘタの部分から三分の一ほどを切り落とし、先端の部分だけを白餡で包んでおくのですが、それでも少し大きめになる。いつもの平日と同じ四皿だけ作っておきました。

今日の小鉢は朝のうちに切り分けておいたお新香と、定休日の間に漬け込んでおいた大根のなた漬け。その他にも、蕗を煮てあるから、もし、お酒を頼まれる方がいれば、蕗の葉の味噌煮と一緒に酒の肴で出してもいいと考えているのです。亭主が自ら自宅で毎晩、味見をして、これはいけると思っているから、酒好きには喜ばれると思うのですが、そんなお客はなかなか現れない。野菜サラダもいつもの平日と同じ三皿の用意ですが、出るか。

こんな爽やかな陽気の昼だから、普段だったら近所の小母さんたちが連れ立っていらっしたり、年配の常連さんたちが来てもおかしくない蕎麦日和。それでも今日は昼前に駐車場に車が入ってお客さんがご来店でした。「テーブル席にどうぞ」と密を避けてご注文をお聞きする。「景気はどうですか」と尋ねられるものだから、「さっぱりですよ」と応える亭主。聞けば、幼稚園に弁当を出しているのだが、二つの工場とも休んでいるのだとか。

「薄利多売でやってる店はみんな大変だよ。」と、近所でも閉店した店があると言う。若ければ、この時期を乗り越えてもう一度やろうと思えるけれど、歳を取ってくるとこれが潮時と考えるのだろうと、亭主と同じ考えなのだった。「ご馳走様。頑張ってください」と励ましの言葉を残して帰られた。外は雲一つなく晴れ渡り本当に気持ちの好い風が吹いて、店の幟が翻っている。通り過ぎる車は多いのだけれど、本当にお客が来ないのです。

かき揚げを揚げて、スタッフと賄い蕎麦をぶっかけで食べる午後。蕎麦は打ち立て茹でたて、天婦羅も揚げたてだから美味しいのです。昨日来た業者も蕎麦をテイクアウトや出前するパックの販売を始めたと言っていたけれど、手打ちの蕎麦の味の好さはなくなって、コンビニの安いパック蕎麦には勝てないだろうというのが亭主の考え。楽しい蕎麦打ちと楽しい仕込みの時間の後は、暇を持て余す店番の時間があるばかり。明日はどうなるか。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 経営, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.