すでにこれは炎天下…

朝からやけに暑いから、庭の芍薬ももうすっかり花を開いている。玄関先で女将が pekoの散歩に出ようとしていたので、亭主が代わって外に出たのです。ところが女将がリードの着け方を間違えたのか、いつの間にか peko の身体がすっぽ抜けて、一人で家の前の通りを歩いている。近場で用を足したらもう門の中に入ってしまった。その後始末をしていた亭主は追いかけるように階段を昇るのでした。ミニバラが今朝も元気でお出迎えです。

朝食に銀ダラを焼いてくれたのは嬉しかったけれど、味噌汁も糠漬けもすべて極端に味が薄過ぎるので、文句を言いたくなる前に切り上げて洗面に行く。「珈琲を入れましたよ」と言われて、やっと居間で一休み。今朝は昨日の続きで、蕎麦屋の庭の草取りから始めようと心に決めていた。暑くならないうちにと、70 ㍑のビニール袋と剪定ばさみに鎌とミニ鋤鍬をもって西側の狭い庭に向かう。玄関前の柊南天は昨日のうちに刈り込んである。

これで紫陽花と馬酔木にも陽が当たるのです。昨日切ったジャスミンの蔦や槿の枝をどんどんビニール袋に詰めていけば、地面を這うジャスミンの蔦がまだたくさん残っている。剪定バサミで次々と切って、鋤と鍬で地面を耕しておく。根を切らないと雑草はまたは生えてくるのです。脇の小道に出て、枝の伸びた槿や蔦を切りそろえ、地面の隅に生えた雑草を片っ端から鎌で掘り抜いていく。ビニール袋が一杯になる頃にはもう汗だくでした。昨日の草取りの成果に加えてもう一袋を並べて約一時間。例年のことながら、慣れてくればわけもないことなのだけれど、やり始めるのが億劫なだけ。残るは東側の野菜ポットとミニ菜園のみですが、今日の午後にでも終えられるか。二週間ぐらいかけて定休日ごとに全部草を取り終えるころには、また生えてくるのが雑草で、耕して何か植えないといけないのです。不要不急でホームセンターにも出かけていないから、苗を買ってこなくては。

やっと店の中に戻ってエアコンを入れる。厨房の温度計は25℃を表示していました。外はもっと暑いということ。蕎麦豆腐を仕込んだら、例によって天婦羅の具材を切り分けて、カボチャはレンジでチーンする。蓮根はピーラーで皮を剥き、3mm ほどの厚さで輪切りにして酢水に浸ける。鍋のまま火にかけて約10分。一個300円もするようになったからから、そろそろ終わりにしたいのだけれど、お客は少ないし、次の野菜が決まらない。

先週は二個も買って蓮根だけ大量に残ってしまったのです。インゲンがだいぶ美味しくなったから、天婦羅にもちょうど好いのだけれど、蓮根の存在感にはちょっと負ける。いっそのことキスかメゴチを付けて見ようか。季節的にもちょうど好いのかもしれない。房総の海に船出してキス釣りに出掛けた夏を思い出す。ただ、キスやメゴチは蓮根よりも更に値が張るのです。天せいろを値上げしたのは好いけれど、お客が少ないから効果は不明。

早めに家に戻って、昼は久しぶりに女将とスパゲッティーのミートソースを食べる。パスタは好い具合に茹でたけれど、出来合いのソースではやはり物足りないのでした。むしろ肉やピーマンや玉ねぎを入れて、ナポリタンにした方がいいようなソースだった。相当にカロリーがあるから、運動不足の最近はあまり食べていなかったけれど、身体をもっと動かして、いろいろなものを食べる方が健康的なのかもしれない。眠くならない午後です。

一緒に昼を食べた peko は亭主のフットレストに大の字になって眠り出す。午後はまた暑くなるから、夕方になってからお新香を漬けに行こう。出入りの業者が海老を持ってくるはずだった。書斎の障子を開ければまるで真夏の陽射し。この炎天下でミニ菜園の草取りができるだろうか。エアコンを入れては涼しくなってまた消す。本当の夏には書斎の屋根が熱くなって部屋の温度が下がらないからこんなものではない。暑さはこれからなのか。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, 日常, . Bookmark the permalink.