朝から蒸した一日でした…

定休日だというのに、いつもの時間に目が覚めたから、6 時に車で家を出て蕎麦屋へ出かける。昨日、水に浸けてあった干し椎茸と昆布の鍋を火にかけて出汁を取るのです。蕎麦は残ったけれど、蕎麦汁がなくなったので家で蕎麦も食べられないから、朝のうちに仕込んでおこうとちょっと頑張った。2㍑の鍋に一番出汁を濾して、返しを加えて約20人分の蕎麦汁を作ったら、水で鍋ごと冷やして蕎麦徳利に詰める。残りは瓶に入れて保存する。

その間に二番出汁を仕込んで、天つゆ用に1.5㍑、予備の器に2㍑入れ、これも冷やして冷蔵庫で保存する。鍋類を洗って、ちょうど7 時前でした。タケコプターのようなモミジの種が赤く色づいて、今にも飛んでいきそうだった。家に戻って peko の散歩に出れば、今日は 1 ブロックを周っただけで帰宅する。朝食を終えて朝ドラの時間にまた蕎麦屋へ出かけ、珈琲を飲みながらネットで今朝のニュースを見ながら、仕入れのリストを確認する。

9 時前にお袋様に電話を入れて、出かける準備は整っているというので、車で迎えに行ってそのまま農産物直売所に行くのでした。何故かこのところ開店時間の前だというのに車が多い。中に入ると買い物リストを片手に団地のご主人たちが狭い店内を回っている。これも外出自粛の影響だろうか。今日はトマトとキャベツと葉の付いた蕗と蕪、そしてレタスが新鮮そうで目を惹いた。それでも野菜ばかり2000 円ほど買い込んで隣町へ向かう。

こちらのスーパーも広い駐車場には車がいっぱいで、この界隈では人気の店なのです。今日はパプリカは好かったけれど、生シイタケが古いものしかなかったので、選びに選んで少しだけ買っておく。大根が70cm もあろうかという大根が127 円だったから二本も買った。まだ酒粕と柚子皮の千切りが蕎麦屋の冷凍庫に残っていたので、なた漬けを仕込んでおこうという考え。店のお客は半減したけれど、それでも仕入れは二割ほど少ないだけ。

やはり店のメニューの多さが、用意する野菜の種類の多さにもつながっている。小鉢の材料にしても、種類が少なくては足りなくなるのではないかと、つい余分に買ってしまうのです。お袋様を家まで送ったら、蕎麦屋に戻って、早速、検品。午前中に仕込みのできるものだけ残して冷蔵庫に入れたら、大根を切って漬物器で塩漬けにする。蕪と蕗の葉を落として、蕗は塩で板摺りにして大鍋で葉とともに湯がいて、一番面倒な皮むきを始める。

皮を剥いた茎の部分は5cm ほどに切って、出汁醤油と砂糖で煮詰める。葉の部分は何度も水にさらして、水を絞ったら細かく千切りにしておく。フライパンに味噌とみりんと胡麻油に砂糖を加え、煮立ったところで千切りの葉を入れてよく絡めるのです。最後に白ごまをまぶして完成。さすがに葉が新鮮なので柔らかく苦みもすく少ない。春の山野菜は、ほろ苦さが好い。これは酒の肴に絶品だと嬉しくなってしまう。昼は女将と蕎麦を食う。

いつもなら、食後のひと眠りの時間だけれど、今日は横になっても寝付けなかったから、三度、蕎麦屋に出掛けて駐車場の草取りを始める。二週間前にしっかり根の部分から取ったばかりなのに、もう草が伸びているから凄い。モミジの種が飛んであちこちに芽が出でいたから、今日こそはと小さなポットに植えてみた。育ったとしても、大きな木になる前に、こちらの寿命が尽きるだろうとは思うけれど、生命の愛おしさについ唆かされた。

店の西側の狭い部分まで草取りを進めて、その先はジャスミンのツタが生い茂る一角。綺麗に花が咲いて、脇の小径を通る人に香りを届けたいと思って植えたのが運の尽きで、切っても切っても建物の隙間まで入って来る有様。 1 時間ほど頑張ったけれど、暑くなって休憩にしました。酒粕を煮詰めて砂糖を入れて、なた漬けを漬け込んでいたら、ゴミ回収の業者の若者がやって来て、ゴミ袋を見て「ずいぶん頑張りましたね」としばしの会話。

ゴミ袋がいっぱいになったので、後はツタを切り落とし、草を抜いて明日に望みをつなぐ。今日はよく身体を動かしたから、晩酌が美味かった。つまみに出るインゲンと蕪の葉も、先ほど作った蕗の葉の味噌和えも、後から出てきたみつせ鶏の団子焼きも厚揚げの焼き物も、すべて蕎麦屋の残り物。女将には苦労を掛けるけれど、それでなくてはこの難局は乗り切れぬ。早く持続化給付金が支給されないものかと、心待ちにする毎日なのです。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 日常, . Bookmark the permalink.