清々しい蕎麦日和だったけれど…

庭で洗濯物を干していた女将が「行ってらっしゃい」と亭主を見送る。芍薬の花がまた今日も少し開いているのでした。朝はどうしても涼しいのが最近の陽気で、ジャンバーを着込んで蕎麦屋まで歩けば、近くの会社に出勤する顔見知りの奥さんとすれ違って挨拶をする。息子さんと一緒に蕎麦屋にも来てくれたことがあるから、マスクをしていてもその人だと分かった。今日も青空の広がる暑くなりそうな天気だけれど朝はまだひんやりです。

朝の仕事を終えて珈琲を一杯飲んだら、蕎麦打ち室に入って温湿度計を見るのも仕事。今朝は17℃ といつになく涼しく、湿度も37%と乾燥していたから、加水率は45%にして蕎麦粉を捏ね始めたのです。わずか10cc に満たない水の量の違いなのに、少し柔らかめだった。蕎麦玉を寝かせている間に、厨房に戻って次の仕込みの準備をしたら、また蕎麦打ち室に入って打ち粉を少し多めに振りながら生地を伸していく。切りべら26本で135g。

生地が柔らかいと、どうしても奥行き一杯まで伸すから、切った蕎麦一本の重さが増えるのです。白玉粉を氷糖蜜で溶いてあったから、すぐに火にかけて求肥を作り、抹茶きな粉大福を包み始める。漉し餡の新しい袋を開けるまでもなく、今日は三皿だけにしておく。野菜サラダの具材を取り出して、ブロッコリーとアスパラを茹で、いつもと同じくキャベツやニンジンを刻み始める。11 時には仕込みが済んだけれどまだ大釜の湯が沸かない。

仕込みをしている間は忘れているけれど、外出自粛だからあまりお客は見込めないのだと我に返るのです。今年はまだなにも植えていない東側のミニ菜園には、種が飛んだ春菊が育って花を咲かせていた。上手くすればこの花から種が取れるだろうか。わざわざ買いに行くのも面倒だから、調べてみる価値はありそうだ。今週の三種類目の小鉢は、椎茸とニンジンと蒟蒻と蓮根の煮物に絹さやを彩りで添えてみた。果たして今日は出番があるか。

賄い蕎麦でも食べておこうと思ったのだけれど、湯が沸かないから、豚のハラミの串刺しを仕込んでおくことにする。ハラミとは横隔膜の筋肉だそうだけれど、豚の横隔膜がどんなものなのかは知る由もない。売っているスーパーを見つけたから、長いこと自宅で食べていた。比較的柔らかい歯ごたえとしつこくない脂の乗り具合、カロリーも低めだし、酒の肴にはちょうどいいのです。グリルで焦げ目がつくまで8分ほど焼けばいい感じです。

今日もまた長い時間お客を待つのかと思っていたら、暖簾を出して10分ほどしたら植木屋さんらしい軽トラックが駐車場に停まった。中年のご夫婦と思われる二人がテーブル席に座って、天せいろととろろ蕎麦のご注文でした。やはりお客が来るとやる気が出るもので、スタッフの動きも好い。天婦羅を揚げて蕎麦を茹でていたら、もう次のお客がご来店なのでした。今度は天せいろとせいろ蕎麦二枚のご注文だったから、時間差で二枚出す。

皆さん初めてのご来店と見えて、帰りには店置きのパンフレットをお持ち帰りになるのでした。「蕎麦が美味しいわ」とおっしゃる奥様には「打ち立てですから」と応える亭主。いつもなら、こんな清々しい空の蕎麦日和には、これを何回か繰り返すのだけれど、外出自粛の最中だからか、その後はもうお客が来ない。来ない合間を見計らい、インゲンを天婦羅にして、スタッフとぶっかけで賄い蕎麦を食べておく。コゴミもタラの芽も終わり。

季節の野菜もほんのひと時が旬。竹の子も、コゴミもタラの芽もひと月足らずの期間しか出せないのが、名残惜しくもある。次はインゲンや絹さやだけれど、蓮根もそろそろ値が上がっているので終わりになる。早めに洗い物と片づけを終えて、スタッフと店を出るのです。帰り道、長く空き家だったところに越してきた家族がいるらしく、奥さんが掃き掃除をしてたから「こんにちは」とお互いにご挨拶。庭の芍薬はまた花が開いていました。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.