朝からむーっとした暑さの一日で…

時計が 6 時半を回ったので、居間に行って peko を散歩に連れ出す亭主。夕べは一緒に遅くまで映画を観ていたから、どうかと思ったけれど、居間のドアを開ければもう本人は行く気十分で、公園まで歩いてさらに 3 ブロックも回ったので今朝は優秀。台所に入った女将が朝食を与えていた。亭主の朝飯も7 時には用意されている。居間の椅子に座って食休みをしていたら、もう peko がやって来て膝の上に乗る。女将が珈琲を入れてくれた。

膝に乗ったらすぐに眠るのが peko の習慣で、ポカポカと暖かいから、こちらもつい眠気を催すのです。仕事がなければ自分もまた床に入って眠るのだろうか。そんなことを考えながら、8 時前には家を出て蕎麦屋に向かうのでした。朝からやけに暖かいのです。昔、オーストラリアのダンク島に滞在した折に、何枚か土産に買った半袖のポロシャツが着心地が好いのでいまだに着ている。Mサイズでも大きすぎたから、家では誰も着なかった。

蕎麦屋に着いて幟を出してチェーンポールを降ろしたら、モミジの花が気になったので近くに寄って見たら、もう種が出来ているではありませんか。小さなタケコプターのような羽が花の跡に生えて、こんな早くから飛んでいく準備をしているから驚いたのです。自然が持つ種の保存の先見性と洞察力は実に素晴らしい。幾世代にもわたって進化し続けた結果なのでしょうが、人間にはそうした生命力を遺伝的に受け継ぐ能力があるのだろうか。

蕎麦打ち室に入れば室温23℃ 、湿度が57 %もあったから、やはり今朝はむっとする暖かさだったのです。加水率は44 % に抑えて、今朝は蕎麦粉を捏ね始めるのでした。それでもまだ生地は柔らかい仕上がりで、打ち粉をたっぷりと振って、何とかいつもと同じように包丁打ちまでこぎつける。昨日残った蕎麦と合わせて、今日は14食の蕎麦を用意する。連休の日曜日だからと、外出自粛でも万が一のためにと少し多めに用意しておくのです。

蕎麦を打ち終えたら、イチゴ大福を包んで、野菜サラダの具材を刻む。夕べ包丁を研いだので、今朝は本当に気持ちよくキャベツやニンジンを刻むことが出来ました。やはり、包丁は調理人の命かも知れない。切れなくなったとは言っても、家庭などにある包丁に比べたらとんでもなくよく切れるのですが、研ぎを入れたばかりの包丁は、野菜などを細く刻んだり薄くスライスしたりする工程で、イメージ通りの切れ味になるから嬉しいのです。

11 時には開店前の仕込みをすべて終えたので、かき揚げを揚げてぶっかけで蕎麦を食べておく。天婦羅粉の溶き具合、天婦羅の揚げ具合、蕎麦の茹で具合をこうした折に確認しておくのです。早お昼から戻った女将が竹の子の若竹煮を盛り付けてくれた。暖簾を出して間もなく、先日電話があった昔の教え子が女性連れで現れた。30周年の同窓会の折に亭主が蕎麦屋を営むと彼に伝えたのは彼女なのだとか。そう言えば皆優秀な学年だった。

昔話に花が咲き、現在の話になって、時代遅れの亭主の生活は、隠居仕事の蕎麦屋なのだと皆で大笑い。その昔、フィリピンのバリカサ島に潜りに出かけた時も彼は一緒だった。海軍特殊部隊の軍人だったというガイドの男性が、無数の島のある自国で、ダイバーたちを案内するのは “spirit of adventure” だと言ったのを思い出す。他のお客もぽつりぽつりとご来店で、外出自粛の時世だけれど、彼らが帰ってからもまだお客がいらっしゃる。

後片付けの合間にミニ菜園に出てみれば、コゴミもタラの芽ももう終わりの時期になっていた。彼らの成長の速さに収穫が追い付かないのです。亭主が久しぶりによく喋って楽しそうだったからか、女将も機嫌よく二人で家に戻る。ひと眠りして夜の営業に出掛ければ黄昏てからお客がご来店。カルビー丼と天丼とせいろ蕎麦の注文だったから、慌てて竹の子のお吸い物を作る。竹の子を今年は初めて食べると喜ばれ、次に若竹煮を出してやる。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.