急に夏日になって…

玄関わきのミニバラがまた新しい花を咲かせていました。よく見ればその周囲にも沢山のつぼみが付いているではありませんか。今朝は昨日にもまして暖かい朝だったから、亭主は半袖のポロシャツを着て蕎麦屋に出掛けるのでした。店の中はまだ朝の 8 時だというのに 23℃ もあるから、奥の座敷や洗面所を含めてすべての窓を開け放って風を入れるのです。急な気温の変化にはなかなかすぐには適応できないのが、歳を取った証拠なのか。

昨日の蕎麦は売り切れたから、今朝は二回の蕎麦打ちをしなければならない。夕べ、どれだけ打てばいいだろうかと女将と話をしていたから、今朝は朝食も早い時間に用意してくれたのです。蕎麦打ち室の室温も23℃ 、湿度は46% だったから、今朝も加水率は44%強で蕎麦粉を捏ね始める。蕎麦を二玉仕上げたら、ビニール袋に入れてしばらく寝かせておく。その間に厨房に戻って葱切りを済ませ、糠床からキュウリとカブを取り出すのです。

糠床は冷蔵庫に入れてちょうど16 時間。この時間が絶妙の仕上がりで、漬けている時間が長すぎても駄目だし、短すぎても美味しくできない。昆布や干し椎茸を入れて糠床の手入れをしっかりしているから、旨味成分が染み出ているのかも知れない。安上がりな小鉢なのですが、美味しく出すためには漬け込む時間の調整が難しいのです。竹の子の若竹煮も作ってあるけれど、今日はこのお新香と大根の鉈漬けを先に出すことにするのでした。

蕎麦打ち室に戻って、二玉の蕎麦を伸して畳んで包丁切り。切りべら28 本で135g の蕎麦の束を包み、二箱の生舟に分けて冷蔵庫で保存する。蕎麦打ちを始めたのが早かったお蔭で、9 時40 分には打ち台の片付けまで終えて、玄関先に出てエプロンに付いた打ち粉を払う亭主。いつになく暖かい朝なので、蕎麦打ちを終えたばかりの身体には、ちょっと熱いと感じるほどなのです。向かいの畑を見ればこの辺りに住み着いている雉が出ていた。

よちよちと歩き回るのは色の綺麗な雄の方で、雌はだいたい少し離れた木の上とか藪の中にいることが多い。のんびり歩くのはこの暖かさで警戒心が緩んでいるからで、人が近づくと早い動きで遠ざかっていくのが常なのです。今日はカメラを持って電信柱の陰から近くに寄って、更にデジタルズームでシャッターを切った。鳥はすこぶる目が好いから、こちらの姿が視界に入ったら、もう逃げられてしまうのです。のどかな光景だけれど大変。

撮影タイムが終わったら厨房に戻り、白玉粉と氷糖蜜を計量して溶かす間に、イチゴのヘタの部分を切って白餡で包んでおく。早めに火を止めたら熱々の求肥を練って、これを包んでいくのですが、このところ毎日包んでいるから自然と同じ大きさになるのが嬉しい。ちょっと残った求肥で見本のイチゴ大福を包み、半分に切ってお客に見えるようにしておく。あとで女将と二人でこれを食べたけれど、確かにイチゴの爽やかな酸味が美味しい。

短い旬の果物の味わいです。今日は暖簾を出す前に窓の外にお客が姿を見せて、「早くてすみません」と店に入って来た。見れば隣町から歩いて来るリピーターのお二人でした。運動不足になるからと歩いて来ては、何本もビールを飲んで串焼きを頼み、天せいろの大盛りを二人で注文なさるから、元気な老人たちなのです。今日はイチゴ大福を全部お持ち帰りになった。大きな声で話をしながら、1 時間以上も座っていたから丁度いい食休み。

お客のいない時間を見計らって、亭主はぶっかけ蕎麦を食べておく。それでもまだお客が来ないから、ミニ菜園に出てコゴミとタラの芽を採って来る。閉店間際に隣町の蕎麦好きの常連さんがいらっして、野菜サラダと天せいろのご注文。夜は明日と明後日の連休に備えて、出汁を取って蕎麦汁を仕込んでおく。店の中の気温は26℃ だから、冷房を入れて窓を開けていた。これもコロナ対策のひとつ。明日も朝から暑そうで真夏日は続きそう。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.