台風一過は快晴の1日…

今朝の風は秋を思わせる涼しさでした。庭の朝顔がいつにも増して勢いよく咲いている。pekoを連れて散歩に出ようとしたら、通りに落ちた木槿の花がらを掃きき集めていた女将が、「朝顔も秋だと判って必死で子孫を残そうとしているのね」と言う。木槿の枝の下にこぼれ落ちた種から咲いた一輪を見ると、まさしく生命の神秘なのでした。今朝は雲一つない快晴で、本当に心地よい。台風一過的国民性を説いた和辻哲郎の「風土」も、舌を巻くほどのよい天気です。

蕎麦屋へ寄って糠床を掻き回しながら、今日一日の段取りを反芻する亭主。台風の風を心配して締めておいた雨戸をすべて明けは放ち、庭の野菜の様子を見て回ると、雑草が伸び放題なので、いつかまとめて抜いてやろうと思うのだけれど、定休日の終わる今日まで出来ずにいる。やはり、これが歳を取ったと言うことなのだろうか。キュウリももう終わりだから、早く支柱を取り払って、槌音耕したら次の作物の種を撒いておきたい。昼間は暑すぎてなにもできない。

朝食に最後の蕎麦を食べ終えたら、お袋様に電話をして、今朝も農産物の直売所へ出掛けて新鮮な野菜を買い込んでくる。それでも足りない食材は、隣町のスーパーまで仕入れに行くのです。今週末はお袋様の誕生会で、弟も蕎麦屋で夕食を共にすることになっている。プレゼントに何を贈ろうかと迷っていたけれど、彼女がスーパーでインスタントコーヒーを買うのを見てひらめいたのでした。豆の方が美味しいよと言えば、「挽くのが面倒だから…」と言っていた。

早速、家に戻って蕎麦屋で使っている取引先のホームページを調べたら、店で使っている全自動の浄水コーヒーメーカーの優れものが、明日配達で手に入ることが分かったので、注文しておく。そのまま蕎麦屋へ戻って、まずは明日のデザートにと、小豆を煮た水羊羹を仕込んでおく。買ってきた野菜はラッピングして冷蔵庫で保管。大根は一日分ずつに切って、天麩羅に使うカボチャは、天地を落として同じ大きさになるように揃えておくのがポイントなのです。

残った端切れは、適当な大きさにカットして、昨日作ったいとこ煮と同じ味付けで、大根の煮物を作っておく。昨日の洗濯物をたたみ終えたらちょうど昼時で、家に戻れば女将が自分で食べる昼の用意をしていた。先週の蕎麦屋の残りものを処分しきれないとこぼすから、亭主は自分でフライパンを振って残った野菜に肉を入れて炒め物にして、キュウリの和え物を食べれば、もう、冷蔵庫は空っぽなのです。それぞれが自分のおかずを作って二人一緒に食卓につく…。

午後は陽射しが強いから、亭主は書斎のクーラーを入れて一眠りしたら、部屋の掃除をしながら今頃やっとオイルヒーターをしまう。今日は地域の防犯パトロールに参加する日だから、夜のプールもお休みで、少しゆっくりとできる午後。やはり、草取りは朝の涼しいうちに少しずつやらなければ、どんどん日が過ぎてしまうなあと反省する。やり始めれば訳もないことを、なかなか始められないのが最近の悩み。酒を飲んで眠るだけだとやはり体重は減らないかな…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, . Bookmark the permalink.