台風10号の余波…

台風が大分東寄りに進路を変えて、千葉はせいぜい強風域に入るくらいのはずなのに、朝からテレビでは仰々しく報道していました。過小に言うよりは大々的に注意を喚起しておいた方が後からの非難が少ないのだろうか。全国規模の気象状況も大切だけれど、アメダスの雨雲の進行を確認して、小雨のうちにpekoの散歩に出掛ける亭主。先日の9号とは違い、自分の住む地域に関しては、かなり、大丈夫そうな空模様なのでした。電線が鳴るほどの風もない。

秋口になると朝顔が続けざまに咲くようになるのが愛おしい。今朝は、午前中に発注した品物が蕎麦屋に届くからと、9時過ぎに出掛けるともう不在連絡票が入っているではありませんか。大体が9時半過ぎに最初の便が来るのが普通なのに、配達の担当者によって随分と早く回ってくるのです。クール便ではなかったから、事情を話して、定休日の明けた木曜日の午前中に受け取ることにする。せっかく店に来たのだからと、煮物の仕込みをして、出汁を取る準備…。

過ぎて行く台風の影響で、時折、雨の降る中を、お隣の工事現場では朝から大工さんが仕事を始めているのでした。姿が見えれば、「お早うございます」と挨拶するのが常なのですが、いよいよ二階部分まで造作が進んで壁に遮られるから、槌音は聞こえるのだけれど、どこにいるのやら。彼のお休みは日曜日だけ。亭主は休みでも店で仕込みをするから、お互いに大変な仕事。木曜日に使わない煮物は温かいうちに急速冷凍で保存すれば、午前の仕事は終わり。

残暑見舞いの代わりに、最近、あちこちから郵便物やメールが届く。日本橋の三越で日本画展をするという、かつての職場の先輩の息子さん。そして、転居のお知らせ。メールアドレスが変わったと南の島から久しぶりの近況報告。皆さん、お元気でお過ごしのようで何よりですが、かく言う自分は、どれだけ元気なのだろうか。毎日、調理の段取りや新しいレシピの研究などと、食べる事ばかり考えているのも幸せだけれど、よくもまあ飽きもせずにと、自分でも思う。

だから、休日は料理は女将に任せて、ゆっくりと過ごしたいのだけれど、昨日残った蕎麦はやはり自分で茹でなければ。朝も昼も蕎麦を茹でて食う蕎麦屋のあるじかな。家の小さな鍋では、1分近く茹でないと蕎麦が美味しくならないのが判っただけでも進歩。お持ち帰りのお客様にもよく「どれだけの時間で茹でればいいの?」と尋ねられるから、今後は上手く説明して上げなければいけない。家庭の鍋で沸かす湯の量によるのだから、何と言えばいいのか難しい。

青空の覗いた午後は、女将とホームセンターに出かけて店の消耗品や椎茸のいいのがあったので買って帰る。彼女は果物や肉を買って、勿論、別会計のところが非情なのです。女将を家まで送ったら、亭主はそのまま蕎麦屋へ直行。割り箸や消毒液などを棚にしまって、野菜類は冷蔵庫に保存したら、今度は空になったビールのケースを車に積んで、団地の中の酒屋へ向かうのです。酒屋の親爺様と「去年の夏に比べたらお客が半減しましたよ」としばしの会話。

やはり、大型ショッピングモール開店の影響は大きいのだろう。蕎麦屋の今月の営業も終わったので、恐る恐る収支を締めてみたら、やはり、今年二番目の大赤字で売上は半分以下に落ちている。自分の小遣い銭を持ち出しての隠居仕事だからなんとか続けていられるけれど、生活がかかっているとなれば営業を続けるのも難しいだろう。いつまで続くのかと不安は尽きないけれど、お客の少ない今が腕を磨くときと、夕刻も綺麗に澄んだ金の出汁を取るのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常, . Bookmark the permalink.