台風前日、雨のち曇り時折スコール、午後から快晴で夕刻また曇り…

夜が涼しかったからか、久々にぐっすりと眠って、早朝に小雨の降る中をpekoの散歩に出掛けた亭主。雨がひどくなるといけないと思ったのに、途中でかなり降ってきたから可哀想なことをした。女将のまだ起きてこない時間帯なので、一人で「そーらーめん」なるものを茹でて朝食にする。世に出る新製品には注意を払えと教えられたから、買っては来たものの、やはりラーメンにはラーメン、ソーメンにはソーメンの美味しさがあるものだから、不満足な朝食でした。

サラダも肉も魚もあったのに、二食分茹でたお蔭で、満腹になってしまったから手に負えない。台風の進路も気になったけれど、まだ少し遠いからと、珍しく朝ドラも見ないで二度寝の朝なのでした。「私はもう出掛けますよ」と、スポーツクラブに出掛ける女将に起こされて、慌てて洗面を済ませてそば屋へ出掛ける亭主。雨は上がっていたけれど、朝顔は早朝の雨に濡れて萎れていました。今朝の蕎麦打ちも丁寧に細切りで、自信を持ってお客に出せる仕上がり。

再び雨が降り始めた開店の時刻に、女性の二人連れのお客がいらっして、しばらくメニューとにらめっこをしている。温かい蕎麦か、冷たい蕎麦か、天麩羅が食べたいか、さっぱりが好いかと、ちょっと聞いてくれればいいのに。やっと決まった注文が、一番時間のかかる鴨南蛮蕎麦だから堪らない。鴨肉を解凍して、蕎麦汁を作りながら、葱と鴨をフライパンで焼いていく間に、もう次のお客の注文が入ってしまうのでした。ご新規のお客様はどうも遠慮があるらしい。

今日は珍しくお隣の建築現場の大工さんが蕎麦を食べに来てくれた。施工業者の担当に聞いていらっしたらしく、「蕎麦が美味いですね」と褒めるものだから、ことちらも「毎日一人で大変ですね」と真面目な仕事ぶりを褒めるのでした。「速く丁寧な仕事をするのが大事なんですよね」となんだか調理と同じだねと二人で笑う。「蕎麦湯も最高」と、全部飲み干して、午後の仕事に帰って行かれた。今日は新蕎麦が売れて、最後のお客も蕎麦好きらしく、せいろの大盛り…。

ほんのひとしきり賑わった店内も、1時を過ぎるともう閑古鳥が鳴く。お客の姿が見えそうにないのを確かめて、スタッフとまたぶっかけ蕎麦の賄い飯を食べるのでしたが、これがまた美味い。今日は午後から注文してあった天ぷら粉を問屋まで取りに出掛けなくてはならなかったので、早めに暖簾を下ろして片付け物をしたら帰り支度。業務用の高級天ぷら粉だから、一般の店でもネットでも販売していない代物で、同じ市内なのだけれど遠くまで車で出掛けるのです。

空はいつの間にか晴れ渡り、白い雲が流れていく様は、台風の前日とは思えないのどかさ。隣町の市街地を抜けて、更に隣の町の外れまで来ると、そこはもうのどかな田園が広がる景色。高速道路の入口付近にある問屋の配送所までは、田んぼの中の抜け道を通って直なのでした。物流センターの扉を開ければ、いつもの担当者がこちらの顔を覚えていて、仕入れ伝票と領収書を持ってカウンターまでやって来る。二箱の荷物を車まで運んでくれるのでした。

夜は今朝打って売れずに残った蕎麦を茹でて食う亭主。今度は、サラダとブリカマの塩焼きと店で残りものを揚げた野菜のかき揚げをおかずにして、今日唯一のタンパク質を口にする。夜はプールでひと泳ぎ。台風前夜とあってか、プールには人影もまばら。スピードコースで20分ほど一人泳いだけれど、やはり張り合いがないというか飽きてしまうのですね。「石垣島に行くまでに痩せないと大変よ」と、女将には言われているのですが、蕎麦も炭水化物だから…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.