再び、嵐の前の静けさか…

今朝はウッドデッキの和朝顔が綺麗に咲きそろっていました。夏の終わりの時期に、やはり植物も一斉に子孫を残そうとするのでしょうか。見事な花を咲かせるのは、蜂などの虫たちに受粉の手助けをさせるためなのか。そう考えると甘い夢も現(うつつ)に引き戻されそうですが、女将の言うように、沢山花を咲かせるには花がらをこまめに取らなければいけない、というのも、種は出来ないわけだから、ひたすら現の世界の出来事のようで、亭主にはちょっと悲しい。

早朝の散歩から帰って、朝食後に再び亭主がそば屋へ出掛ける時間には、pekoが塀の端まで見送りに来るから嬉しいような困ったような。今朝、自分が亭主と共に歩いた道筋を眺めているのだろうか、振り返える亭主を見つめるように、まだ塀の縁に出てこちらを見ているのです。「pekoちゃん、危ないからこっちにおいで、いい子だねぇ」と言う女将の声が聞こえる。人間の甘美な情緒に照らして犬の行動を忖度しても、何か現実の世界の理由があるのかも…。

そんな夢想家の亭主の現実は、今朝の蕎麦打ちをどう成功させるか。新蕎麦750gを39%の加水率で打ち、水回しから丸出しも四つ出しまで順調にこなしたから、写真を撮る余裕のある畳みです。包丁切りは、130gをきりべら25本で、最近では最高の細さ。あまり細いとお客にソーメンのようだと言われそうなのですが、蕎麦を打つ側から言わせてもらうと、これは技術の進歩で、写真をクリックして拡大して頂けると判るけれど、均等な細さで切れているのです。

そんな朝は、開店前の仕込みでも、何故か包丁打ちが軽やかなのです。一番のお客は、蕎麦好きの常連さんが息子さんとのご来店。せいろの大盛りしか頼まない方だから、自信を持って今日の蕎麦を茹でて差し上げる。スルスルスルッと蕎麦を食べる音がカウンターに響く。女将がサービスで違った小鉢を追加する。新蕎麦の粉から作った蕎麦湯を、すべて飲み干して、満足そうに「ご馳走様…」と帰られるから、お客も亭主も暗黙の了解で、嬉しい限りなのです。

朝のうちに仕込んだ今日のデザートは、久しぶりに霊犀亭自慢の抹茶小豆。固い豆を何時間も掛けてコトコト煮込んだから、缶詰よりも相当に多い量で抹茶を入れて寒天で固めたのものです。氷糖蜜でほどよい甘さに仕上げているから、くどい甘さはないのが自慢です。一つ一つ自慢の出来る料理を作ることが、今の亭主に課された仕事。お客は必ず味に付いてくるというのが、揺るがぬ信条なのでありました。手抜きをしない丁寧な仕事が出来るのも今のうちか。

蕎麦屋の玄関脇の植木鉢では、今朝もお銀が健気に咲いていました。この改良種を名付けた人の気持ちが分かるような気がする。なんかその出で立ちが洒落てるのですよね。連休前に店のお客に配布した朝顔の種は、綺麗な花を咲かせているのでしょうか。今日も、常連さんとリピーターのお客が多かったけれど、全体では平日なみのお客の入りで、早めに暖簾をしまって帰宅の途に就く夫婦でした。亭主は遅い昼飯にざるラーメンとカツ丼を食べて、昼寝…。

夜は毎度のことだけれどお客もなく、そろそろ「手打ち蕎麦」の幟を立ててもいいかも知れないなどと、あれやこれやと考えることばかり多くて、これではいかんと明日の小鉢の仕込みをする亭主。日の暮れも大分早まったのか、ラストオーダーの6時半になると辺りはもう薄暗くなる。持ち帰る荷物をまとめて、そろそろ帰ろうかと思ったら、玄関の扉を開く音がする。妙齢の女性が「お店の都合の好い日でいいから、7人で貸し切りに出来ないかしら」と、言うのでした。

聞けば町内の役員の集まりとかで、霊犀亭を選んでくださったらしい。夕刻からの会食が希望だとおっしゃるから、土日ならお客も少ないから宜しいのではと応える亭主。料理は任せていただいて、お値段だけを決めて下さればと言うことで、後日連絡を頂くと言うことになりました。捨てる神あれば…の宵のひととき。お任せの料理ならば腕を振るうチャンスと、またまた季節のレシピが頭の中をぐるぐると回り出すのでした。それは夢か現か、まずは楽しみな秋です。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 未分類, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.