霜の降りた朝、晴れて暖かくなった昼…

昨日の朝の早い目覚めを引きずって、今朝も5 時には目が覚めてしまう。昨夜は peko と一緒に眠ったから、床を抜け出して静かに居間に移って行ったのに、亭主が傍にいないのに気が付いたらしく、吠え始めるから堪らないのです。朝食を与えるには少し早すぎるから、仕方がないので散歩に出るのでしたが、外はまだ暁方。公園の森の向こうがやっと明るくなって、有り明けの月が昇っている。6 時だから、相当に日の出も早くなっている。

家に戻ってもまだ朝食までには時間があるので、着替えを済ませてから、子ども会の廃品回収に出す段ボールと新聞紙を、蕎麦屋まで車で取りに行く亭主。それほど寒いとは感じなかったけれど、隣の畑には白く霜が降りていました。7 時前だから、陽は昇ったばかりで、自分の長い影法師が畑の向こうまで伸びていたのです。ついでに、洗濯物を干して、昨日洗った盆や蕎麦皿などを片付け、仕入れから帰ってからの仕事を減らしておきます。

朝食を終えて一休みしたら、お袋様に電話をしていつものように仕入れに出掛ける。団地の西の外れにある農産物直売所では、スタッフに「いつも有り難うございます」と挨拶をされながら、今朝の新鮮野菜を買い集める。隣町のスーパーの方が少し値段が安いかと思われるものもあったけれど、キャベツなども今朝持って来たという新鮮さに拘って買ってくるのでした。その足で隣町まで車を走らせ、残った食材の多くを仕入れて帰るのです。

何袋もの食材を冷蔵庫に片付けたら、午前中に調理するものと、生椎茸や長葱など片付けるために一手間掛ける物だけ残して、作業を開始するのでした。今日のメインは先週のうちに仕入れてはあったけれど、出番のなかった里芋を中心とした筑前煮。干し椎茸や人参や牛蒡、蒟蒻、蓮根を下ごしらえしたら火にかけ、薄口の出汁醤油で味を付ける。牛蒡と人参は乱切りで、蒟蒻は計量スプーンでちぎっていきます。里芋の六方剥きが懐かしい。

調理師学校時代には、教官が合格と言うまで六方剥きの練習もやったけれど、実際に農産物直売所で買ってくる里芋は、どれも大きさや長さが違うのでなかなか簡単にはいかないのです。少し砂糖を加えて味見をしたら落とし蓋をして味を染み込ませます。鶏肉は入っていないけれど、何人分取れるのか分からない。恐らく小鉢一鉢で原価で 60 円はくだらないだろうから、少し割高な品なのです。それでも作りたいのは季節の野菜が入るから。

試食をするために少し家に持ち帰り、昼のおかずに出してみました。すると、まだ温かいからか、女将も喜んで食べてくれたのです。昨日少しだけ残った蕎麦を茹でて二人でせいろ蕎麦。天かすを持って帰ったから、蕎麦汁に入れると味にコクが出るのでした。夫婦の好きな備前焼きの花入れに、挿したカサブランカがまだ好い香りを放っている。二つ残った蕾も少しずつ開き掛けているけれど、思ったよりも長く持っているので驚きました。

昼食の後は、例によって peko を膝に載せて居間で寛ぐ。とは言っても10kg も体重があるから、前足から半身だけもたれかかっても、亭主にとっては筋トレの世界なのです。以前は走ってきて、ひょいとオットマン(足置き)の上に飛び乗ってきたものだけれど、歳を取ったものだから、その脇にお座りをして亭主が抱えて乗せてくれるのを待っている。映画チャンネルでSF映画をやっていたから、眠らずに見ていたら、前に見た映画だった。

3 時になったから午後の仕込みに出掛けようとしたら、女将もちょうど薬屋に行くところでした。日に二回は歩いて出掛けるから元気な証拠。亭主も歩いて蕎麦屋まで出掛けるけれど、女将の歩く距離には到底敵わない。明日は午前中に歯医者の定期検診、午後に防犯パトロールの予定だから、今日のうちにできるところまで仕込みをしておこうと、頑張って一時間半。最後に蕎麦豆腐を仕込んで、柚子の皮を千切りにしたら、 5 時になった。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 星・月. Bookmark the permalink.