やけに涼しい一日…

今朝はウッドデッキの和朝顔が清楚な色相で綺麗に咲いていました。pekoの散歩に出て帰る頃にはもう萎れているほど短い時間なのですが、儚い美しさが本当に愛おしいのです。いつになく涼しい朝なのでしたが、夏の終わりの季節を知ってか、蕎麦屋の塀際も玄関脇の植木鉢にも、沢山の朝顔が咲き乱れているのでした。いよいよ週末の蕎麦屋の営業、天気はよくないという予報でしたが、平日並みのお客入りで、霊犀亭もひとしきり賑わう昼のひとときでした。

米を研いで炊飯器の予約をしたら、朝一番で今日も蕎麦打つ亭主。今朝は秋蕎麦750gを加水率40%でじっくりと打ち上げる。きりべら23本で130gだから、ぴったり8人分の仕上がりです。昨日打って冷蔵庫で寝かせた新蕎麦と合わせて、今日は15人分の蕎麦を用意しました。冷蔵庫に保存してある蕎麦粉を数えたら、あとわずかなのに気づいて、蕎麦を打ちながらネットで蕎麦粉の注文をする。すぐにメールが届いて、明日の午前中には届くというので一安心。

今日の小鉢は、キュウリの塩もみに鮭のフレークをまぶしたもので、簡単な一品ですが、たまには違ったものを出したいと、自宅で繰り返し試作をしたメニューの初のお目見えです。サラダの付け合わせの果物には、本場ニュージーランド産のキウイも終わる頃なのでちょっと値が張るけれど、ドラゴンフルーツを添えてみました。それと、蕎麦屋のミニ菜園でも取れるのに、沢山買い込んでしまったピーマンが残ってしまいそうだったから、油揚げとの煮物を少々用意。

リピーターさんが多かった昼の営業でしたが、珍しく用意したデザートが完売。ご飯物も随分と出て、皆さん週末で寛いだ時間を過ごしていかれたようなのでした。お土産に蕎麦饅頭を四つつもお持ち帰りになるお客もいて、売り上げも上々。人数こそ少なかったのでしたが、それぞれのお客様とも色々な話が出来て、女将も元気な顔つきでした。亭主は、このところ蕎麦の出来具合がいいので、自信を持って茹で上げる。蕎麦湯も粉から作ったコクのあるものを出す。

お隣に家を建てているご家族も来店なさって、「楽しみですね」と話をすれば、嬉しそうに微笑んでいました。幸せそうなご家族の姿を眺めると、こちらまで元気が出てくるから不思議です。朝からの曇り空もやや暗くなった頃、女将を先に返して遅い昼食の準備をしてもらう。亭主は、小豆を煮始めたので、大鍋を洗ったり片付けをしながら蕎麦屋でしばしの居残りです。昼食は、昨日揚げて帰った天麩羅を煮込んで天丼と澄まし汁。店で出す揚げたてはやはり最高。

食べたらとたんに眠くなるのは習慣なのか、そのまま寝込んで携帯のアラームで目が覚める。週末は、店で一人で寝過ごしてもいけないからと、4時と4時半とにタイマーをセットしてあるのでした。亭主がコーヒーを一杯飲んでいるうちに、女将はもうスポーツクラブへ出掛けたから元気。やっと目が覚めてぶらぶらと蕎麦屋へ向かえば、老犬を散歩させている奥様に出会って立ち話。「人間と同じでもう足腰が立たないのですけれど…」と悲しそうな顔をするのでした。

夜の営業は、本来が客待ちではなく明日の仕込みが目的だから、昼の小豆の煮込みの続きで、何度も差し水をして、最後に豆と同量の砂糖を何回かに分けて入れていく。明日のデザートは久しぶりに抹茶小豆にしようと思っている。初めは缶詰の小豆を買って作っていたのだけれど、今ではいつも自分で豆から煮る。コスト的にも圧倒的に安いのは勿論、保存方法をしっかりと管理すれば、安心安全なのが一番なのです。それでも時間があるので、和包丁を研ぐ。

そして、週末恒例の大根の桂剥き。靑モミジとパセリを庭から採って、容器に入れて明日まで保存する。庭で採れた紫蘇の葉も野菜室に保存してあるから、お客が来れば、いつでも鮪の切り落としの刺身は出せる。それともう一品は今夜の試作品。今朝採ったオクラを茹でてトマトを刻んでぽん酢のジュレを添える。お客に出す時はこれにエクストラバージンオイルを掛けて腸にいいというねばねば食品とリコピンの組み合わせ。小鉢が肥大化しているのが心配…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.