ひんやりと晴れ渡った空…

今朝も6 時起床で peko の散歩に出る。まだ陽は昇っていない。女将は床の中で目覚めのヨーガ。亭主はお茶も飲まずに玄関で靴を履くのです。最近の寒さにはだいぶ慣れたけれど、やはり霜の降りる朝なのでした。東の森の方を眺めれば、まさに夜明け時。南の駅の方を眺めれば、高層マンション群にもまだ朝日の光は届いていない。西の空には17日目の有明の月が公園の木立の向こうにくっきりと見えている。雲一つない青空なのでした。

例によって、この時間に家に戻っても、頭もまだぼんやりしているから、何もする気にはなれないのです。peko に朝飯を食べさせて、亭主は女将が台所に入るのを待つ。居間の椅子に腰掛けて、いつものようにテレビ映画を観る。今朝はアカデミー賞を受賞した韓国映画の「タクシー運転手」を放映していた。1980 年代の光州事件を報道したドイツ人記者をモデルにした映画。もう何回も見ているのに今朝も朝食を夾んで観て朝ドラはパス。

洗面と着替えを済ませて定休日の今朝もいつもの時刻に家を出る亭主。お袋様の家に昨日残った蕎麦やデザートを届けて、そのまま二人で農産物直売所に出掛ける。蕎麦屋に好く来る顔見知りの農家のご主人と奥さんが、珍しく二人揃って野菜を運んで来ていたので挨拶をする。今日はキャベツや大根の好いのが出ていたから、牛蒡や芽キャベツ、人参、小松菜、里芋などなど、随分と沢山もらって来た。その足で隣町のスーパーまで出掛ける。

空は晴れ渡り、陽射しは暖かいのだけれど、外気は冷たく、車外温度は 5 ℃ 。車の中にいれば暖かいのだけれど、外はまるで冷蔵庫の中のような冷たさなのでした。お袋様を家まで送って蕎麦屋に帰れば、隣の奥さんがゴミ出しに行くところで、「こんにちわ」と笑顔で元気な挨拶をしてくれる。この辺りは亭主の自宅のある街区と違って、ゴミの収集時間が遅いらしい。買って来た荷物を厨房に運び、冷蔵庫に詰め込むのがまた一苦労です。

農産物直売所の帰りがけに、農家のご主人が「売れ残った物だけど食べてよ」と、泥葱を何束かくれた。お袋様はもう泥葱を買っていたので、礼を言って車に積んだのだけれど、実は隣町のスーパーでまた綺麗な葱を仕入れてくる。店で出す鴨せいろや鴨南蛮に使う葱には、やはり焼いて甘くなる太さの揃った葱が必要なのです。泥葱は家に持ち帰って女将に事情を話すと、喜んで廊下の奥にしまうのでした。店のはラップにくるんで冷蔵庫へ。

大きな練馬大根を作る農家が直売所にいつも出しているから、今日は二本も買って帰る。辛味があるので大根おろしやお新香にはちょうど好い。久しぶりになた漬けでも漬けてやろうと、切り分けて塩をまぶして漬けもの器に漬けるのでしたが、甘酒の素を買ってくるのを忘れた。午後一番でもう一度、隣町まで出掛けなければ。ついでにヤリイカでも買って来て、大根とイカの煮物を作ろうと考える。午前中は親子丼の具材を作って終わり。

昼は昨日残った蕎麦を茹でて女将と二人で食べる。店から持ち帰った冷凍物の天かすを蕎麦汁の中に入れて食べれば、汁の味にコクが出て美味しいのです。亭主は、最近は、薬味の葱と山葵を蕎麦の上に載せて、少しずつ味わうのが美味いと思うのだけれど、その間に女将はもうスルスルスルッと蕎麦を啜っている。手前の筑前煮も亭主が小鉢に作った蕎麦屋の残り物で、大豆と昆布の煮物は女将の作。蕎麦が大盛りだったから、満腹になった。

いつもなら、定休日の昼食後はゆっくり昼寝でもするのだけれど、買い忘れた食材を求めに車を出すのでした。そのまま蕎麦屋に戻って、午後の仕込みに専念する。大根を下茹でしているうちに、イカを捌いて別鍋で湯がいて出汁醤油で煮ておく。隣では朝のうちに用意しておいた出汁を取る。出汁取りにはやはり 1 時間はかかるから、なた漬けを漬けて鍋釜を洗って片付けたらもう4 時を過ぎていました。今日は普段の営業日よりよく働いた。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 星・月. Bookmark the permalink.