真夏の雲と赤とんぼ…

今朝も沢山の朝顔が花を咲かせていたのですが、軒下にある一輪はどうも和朝顔とお銀が交雑したのではないかと思える一花。お銀はぐるりと外周が白なのに、花びらの外周にある白がところどころにしか見えないのです。pekoを連れて蕎麦屋まで行けば、蕎麦屋の垣根にも今日は幾つも朝顔が咲いていました。犬の散歩でよく会う品のいい奥様が「素敵ですね」と話しかけてくるから、つい、朝顔の話になりました。「私はヘブンリブルーの花の色が一番好き…」

そんな彼女に、かつて自宅でもヘブンリーブルーやオーシャンブルーを咲かせた話をする亭主。生命力が強すぎて、11月まで花を咲かせるけれど、屋根の上まで蔓が伸びる。その結果、やはり、朝日に枯れる儚(はかな)い朝顔が愛おしくなったのでした。今日の蕎麦打ちは新蕎麦750g。加水率は39%。ぴったり8人分が取れたから、昨日の包丁打ちの修正は正解でした。(750g+750g×0.39)÷130g(一人前)=8.01…だから、無駄のない蕎麦打ちなのでした。

昨日打って冷蔵庫で寝かせた分と合わせて15人分の蕎麦を用意したから、金曜日は最近の記録を見てもそんなにお客は来ないだろうと判断しました。外は快晴、真夏の暑さなのだけれど、なぜか金曜日はお客が少ないのです。それでも、準備はいつもと同じ。暑い日には冷たい蕎麦茶も用意しておく。朝に一回しか蕎麦を打たないと時間が余るから、ついでに、朝の散歩の折に浸けておいた昆布と干し椎茸の鍋を沸かして、明日の分の出汁を取っておくのでした。

夏場は出汁も早く味が落ちる気がするので、最近は、一番出汁と二番出汁を一日に3㍑ずつだけ取っておく。明日の分の蕎麦汁は今夜一晩寝かせるのが決まり。天つゆも同じように返しと合わせて火を入れたら冷蔵庫で一晩寝かせる。後は、ステンレスの容器に入れて、これも冷蔵庫で保存する。一番出汁は、鴨せいろや出汁巻き卵に、二番出汁は味噌汁や煮物に使うのです。ところが、これが毎日出るわけでもないから、それぞれ残った始末が大変なのです。

今日はヘルシーランチセットも出たのですが、何と言っても驚きは、「カレーライスと蕎麦のセットは出来ませんか」と言うお客様。「カレーはちょっと量が多いですけれど…」「大丈夫ですよ」と、年配の方の男性が応えるのでした。なんでもマンションや一軒家の家の掃除を引き受けるお仕事らしく、夏場は暑くて大変なのだとか。若い男性も親子丼セットのご注文で、冷たい水をと言うものだから、大きなグラスで出して差し上げる。夏場はかき入れ時というから大変です。

最初のお客は11時にいらっして、まだ、サラダも仕上がっていなかったし、大鍋の湯も沸いていなかったけれど、外は暑いからと店に入ってもらって待っていただいた。開店前からお客が来て下さるのは有り難いのだけれど、その後がどんどん続かないとやはり気分は滅入る。今日は、一昨日仕込んだ天麩羅の具材がそろそろ古くなるからと、1時半を過ぎた頃から、天麩羅の練習を始める亭主。体のよい廃棄だけれど、家に持ち帰れば結構なご馳走なのです。

店の玄関脇に置いた朝顔の鉢の支柱に、赤とんぼが止まって一休み。さすがのお銀も午後には萎んでいました。やはり、もう夏も終わる季節なのだろうかと思いながら、今日の入道雲を見上げるのです。片付けを終えてたどる家路は猛暑の最中。日陰を選んで歩く自分もどこかあの赤とんぼのようで可笑しかった。女将のいない家の中には、エアコンを効かせた居間でpekoが一人居眠りをしている。また、台風が来るかも知れないと言うけれど、不安定な天気。

夕刻、スポーツクラブから帰った女将が、結婚式の案内状が届いたと書斎に持ってくる。例の調理師学校の若い同級生からでした。お客の多い土曜日の臨時休業は痛いところなのですが、これも何かの縁。昔、職場の若手の結婚式に参列した海の見えるチャペル。昔と違って気が楽なのは、仕事がらみではないところか。夜のプールの前に、ブログを終わらせて、今夜は少しは頑張ってみようかと支度を始める亭主。空には大分黒い雲がかかってきた夕べです。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.