陽射しの見えた暖かい一日で…

雨の上がった朝まだき、暖かな朝なのに、起きたばかりの主人に連れられて、歩くpekoも何処か眠たそうなのでした。天気予報の通りに今日は曇り空の一日かと思ったら、亭主が蕎麦屋に出掛ける時間には青空が覗いているのです。気温が少し高くて、朝から陽の光があると、お客は来ることが多いのは、これまでの経験から分かっているので、俄然やる気の出る朝なのでした。朝の仕事をし終えたら、蕎麦打ち室に入って今日の蕎麦を打つ。

室温11℃、湿度50%だったから、今朝は45%の加水率で蕎麦粉を捏ね始めたのです。勿論、昨日の失敗は計算済みで、蕎麦の生地が柔らかすぎないようにするのが今朝の狙い。思った通りの仕上がりで、綺麗に蕎麦は打ち上がる。昨日残った蕎麦と合わせて、生舟に一杯の蕎麦を用意したら、今日の営業の準備にかかるのです。といっても、デザートは昨日仕込んだ金柑大福の残りと冷凍した蕎麦饅頭があるので、今日は仕込みがないのです。

野菜サラダの具材を丁寧に刻み、ブロッコリーやアスパラガスを茹でて、平日分の三皿を盛り付け終えたら、まだ11 時前だったから、今日は開店前にスタッフと賄い蕎麦をぶっかけで食べようと、蓮根と玉葱、人参、三ツ葉のかき揚げを揚げて、ゆっくりと早お昼を食べられました。外は陽が差して青空も覗いているから、暖かいので昨日に比べたらかなり条件は好いのです。一般の人の給料日でもあるし、少しは期待を持って暖簾を出した。

開店して直ぐにいらっしたお客は、背広姿の仕事の男性客たちで、恰幅の好い年配の方がヘルシーランチセットの天せいろのご注文で、若い方は天せいろを頼まれる。スタッフが野菜サラダや蕎麦豆腐を出している間に、天麩羅を揚げて蕎麦を茹でる。「減量しようと話していたのに、また、腹一杯食べてしまいました」と、さすがにデザートの金柑大福は包んで持ち帰られた。続けてリピーターのご夫婦がいらっして、昼を過ぎてお客が続く。

何時の間にか三台停められる駐車場も満杯になって、カウンターにもお客が座る状態でなのした。ぶっかけ蕎麦の冷たいのと暖かいのとを頼まれた母と娘は、デザートに蕎麦饅頭をご所望でした。カウンターの男性客もリピーターのお客様で、鴨せいろの大盛りを頼まれる。このぐらいの人数では、厨房は忙しいという気がしないから不思議なもので、本の一時の混みようなのです。平日はこの賑やかさがだいたい一回あって後はパラパラです。

週末だとこれが二回三回と続くことがあるから、亭主は奥の座敷で休む暇もないのですが、今日は洗い物も手際よく片付けて、一服する暇がありました。今日は予想通り、晴れた日の暖かい昼だから、有り難いことに平日でもお客が入ったのです。先日やっと正月の風邪が治ったと思っていたら、一昨日、馬鹿なことに風呂に入る前に裸のままでテレビ映画を観て、また、鼻風邪を引いたらしい。少し動いたら鼻水も止まったから今回は軽症。

今日は野菜サラダやデザートが出て、温かい蕎麦の汁も皆さん綺麗に飲み干して帰られたから、嬉しかったのです。蕪と胡瓜と人参の糠漬けを出したら、「お新香は苦手なので」と言われたとスタッフが持ち帰ってきたから、里芋の煮物を代わりに出したのですが、こちらは綺麗に汁まで飲んであったのです。お客の好き好きも千差万別だから、臨機応変に対応しなければならない。好き嫌いのない亭主などは、何を食べても美味しいと感じる。

子ども時代のお袋様の育て方が好かったのかも知れない。贅沢を言えるような時代ではなかったにせよ、食べる物だけは不味いと思った事がないから不思議なのです。今思えば、親父も味には煩かったから、きっと調理の工夫がそこにはあったのだろうと思う。女将がスポーツクラブから帰る前に、夕刻の peko の散歩を済ませて、一人で今宵の酒の肴を準備して相撲を観ながら一献。皆、蕎麦屋の試食品だけれど、これがまた美味しいのです。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.