朝から冷たい雨の一日でしたが…

雨が降り出しそうな朝の 7 時前に、peko を散歩に連れ出したのが正解で、帰り道はもうぽつりぽつりと雨粒が落ちていました。めまぐるしく変わる天気予報にはついて行けない亭主だから、目の前の空模様と相談するしかないのです。それにしても、今年の 1 月は天候不順だと感じる。朝ドラを見終えて蕎麦屋に出掛けても、幟を出さずに様子を見るのでした。取りあえずお新香を切って小鉢に盛り付け、葱切りを済ませてから蕎麦打ち室に。

定休日明けだけれど、このまま冷たい雨が降り続くのなら、蕎麦打ちは一回でいい。ただ、10食以下の用意で新しい週のお客を迎えるのは、万が一にもご家族連れなどで何組か来店があったら、直ぐに蕎麦が売り切れるからまさか失礼だろうと、やはり蕎麦は二回打っておくのです。最近は晴れても寒い日が多く、直ぐに雨の日になったりと、安定した天候ではないのが辛いところ。まあ、愚痴をこぼさずにいつもと同じように準備をする。

蕎麦打ち室の室温は8℃、湿度は40%だったから、今朝は46%の加水でいいだろうと思ったら、捏ね始めて柔らかすぎたと反省する。体感的には寒い朝なのに、何が原因なのかが分からない。やはり、「掌一杯分の水は残しておけ」という名人の教えは正しいのかも知れない。蕎麦を打ち始めるまでに店のエアコンが効いてくるから、その影響なのかも知れない。または新しい蕎麦粉の袋を開けたばかりで、蕎麦粉の水分が多いのかも知れない。

10 時半には厨房に戻って、野菜サラダの具材を刻む。その間にスタッフに言って、里芋の煮物を二鉢だけ盛り付けてもらう。これも万が一なのだけれど、お酒を頼まれるお客が来たら、突き出しと蕎麦とでは違う小鉢が必要になるからなのです。外は冷たい雨。サラダを盛り付け終えて、金柑大福を包んで開店 10 分前。多少は緊張するのですが、この降り続ける雨の風景を見れば、今日もお客が来ないかも知れないと、自信をなくすのです。

1 時間経ってもやはりお客の来る気配がないから、亭主は人参と牛蒡と蓮根の天麩羅を揚げて、今日は温かい汁のぶっかけ蕎麦を作ってスタッフと食べる。目一杯暖房を効かせているのに、やはり足元から冷えて来るのです。1 時を回ってやはり今日はお客が来ないかと、諦めかけて奥の座敷で一服していたら、「お願いします」とスタッフの亭主を呼ぶ声がする。厨房に入ればご家族連れのリピーターのご来店なのでした。俄然やる気が出る。

ご夫婦がヘルシーランチセットの天せいろのご注文で、息子さんはカルビー丼とせいろ蕎麦のセットを頼まれた。天麩羅はメゴチの代わりに蓮根と牛蒡の笹掻きを揚げてお出ししたのでしたが、ご主人が「なんだ牛蒡じゃないか」とおっしゃるので、まだ冬の野菜の味わいを知る年齢ではなさそうなのでがっかり。先日のお客は、冬でも茄子の天麩羅なのかという類の話をしていたから、「蓮根や牛蒡を食べますか」と言ったら「美味しいよね」

すべてのお客を満足させることは出来ないけれど、要は季節の食材を出来るだけ使おうという店のスタンスが大切なのだと思うのです。数は少ないけれど閉店までお客がいたから、この雨の日には有り難いことなのでした。家に戻って今日の売り上げと写真のデータをパソコンに取り込み、眠くないので居間で peko を膝に乗せてテレビ映画を観る。業者から連絡の来るのを待ち、再び蕎麦屋へ出掛けなければならない。今日はプールは無理。

4 時過ぎに天麩羅油と鴨肉を持っていつもの若者がやって来た。熱いコーヒーを一杯サービスして、他の蕎麦屋の様子を尋ねれば、やはり店のお客が少ないらしく、注文がないから今日はこれで会社に戻れると言う。「気をつけて帰ってね」と彼を見送って、家に帰って一人で夕食の肴の用意をするのです。今夜は湯豆腐にしようと女将と話していたから、その前に亭主は相撲を見始めながら、好きな肴で酒を飲む。若い力士の奮闘に感動する。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.