寒い曇り空の一日で…

ほんのひと時だけ青空が覗いたのは、夜明け前の朝と夕刻だけでした。後はどんよりと雲がかかって、今にも雪でも降るのかと思うほど寒い一日なのでした。それでもいつもと変わらず、朝ドラが終わる時間には蕎麦屋に出掛ける亭主。昨日漬け込んだ白菜がどれだけ水が上がっているのか心配なのでした。昨日のうちにだいぶ重しが下に降りていたから、今朝はすっかり水が上がり切っていたけれど、これを更に塩を振って漬け直すのです。


水で洗った昆布と唐辛子を白菜の葉の間に散りばめながら塩を薄く振って、樽から一回り小さな漬けもの器に移して、更に圧力を掛けておく。隣のレンジでは鍋に湯を沸かして、次に小松菜を茹でる準備をしてある。冬場は茹でた小松菜を冷凍しなくても、鴨せいろや鴨南蛮が結構出るから週の始めには用意しておくのです。これまでは春菊を添えていたのですが、ミニ菜園で作らなくなったので、鍋焼きうどんにも使えるから、重宝している。


続けて明日の天麩羅の具材を切り分けて容器に詰めていく。冬場の根菜類はどうしても彩りが地味なので、ハウス物のピーマンとナスを使っているけれど、今週は蓮根と牛蒡、人参に替えて見ようと思っている。そのために先週の一週間は賄い蕎麦で、冬野菜の天麩羅を揚げ続けた。味が好いのは判っているから、後は見てくれの問題。枕にする綠のピーマンは仕方がないとしても、値段の高い茄子は止めにしたいのですが、一袋だけ仕入れた。


皿に盛り付けることを考えて、枕にするピーマンは好いとしても、茄子やメゴチの代わりに蓮根と牛蒡、人参をどう配置するのか、あまり自信が持てないでいるのです。黄色は南瓜があるから好いとしても、人参は海老の赤色と被ることになる。穴の開いた蓮根は変化があって面白いが、牛蒡は笹掻きにしてもどうもパッとしないのです。一応、先週の一週間を掛けて、蓮根と牛蒡の保存方法が適当なのかも確かめたから、後は実践するだけ。

蓮根はスーパーで売れ残った大きなものしかなかったので、ピーラーで皮を剥いて、縦に半分に切ってから5mm 幅でスライスした。酢水を煮立ててししばらく湯がいたらザルに取り、タッパに詰めて冷蔵庫に保存する。20cm 程の古代蓮根が300円だから、冬場の茄子10個よりはかなり安い計算です。ただ、やはりこれだけではボリュームがないから、牛蒡と人参を合わせて揚げたらどうかというのが、亭主の考えだけれど、原価は上がる。

ただ、旬の野菜の代わりに出していたメゴチの天麩羅を付けなければ、同じようなものか。揚げる具材が増えるだけ手間がかかるのはやむを得ない。春の天せいろ値上げを前に、少しでも味の好い天麩羅になるように、工夫をしておきたいのです。午前中の仕込みはここまでにして、女将が帰る前に家に戻り、先週のかき揚げの具材に豚バラ肉を入れて、中華鍋で肉野菜炒めを仕上げ、とろろ芋を擦って、温かい汁の蕎麦を茹でるのです。

午後はひと眠りした後でまずプールに出掛け、空いていたセンターコースでじっくりと泳ぎ込む。泳ぎの姿をみたらどう見ても水泳部出身らしい同じ年頃の男性と二人で、繰り返しターンを決めるのです。彼はほとんどクロールだから、四種目を泳ぐ亭主は、時折、遅れて先を譲るのですが、今日は途中で退出したらしく後は一人で悠々と泳げたのでした。家の冷蔵庫に残った食材から、寒いからちゃんこ鍋だろうと、スーパーに寄って買い物。

女将は午後から美容院に行くと言っていたから、そのまま蕎麦屋に行って午前中の洗い物を片付けたら、午後の仕込みにかかるのです。里芋と牛蒡と人参、干し椎茸と蒟蒻を煮込んで、出汁醤油で味付けしたら落とし蓋。里芋は形が揃っていたから久々に六方剥きをして、試食用に家に持って帰った。美容院から戻った女将がpeko の散歩から帰る前に、豚のハラミを串焼きにして、大相撲を見ながら一献。このところ島根の純米大吟醸が旨い。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 運動・健康. Bookmark the permalink.