風の冷たい晴れた一日…

一緒に寝ていた peko が早く目を覚ましたので、お茶も飲まずに散歩に出る亭主。団地の東の外れまで来て、三日月が木々の枝先に見えていた。家に戻って煙草を買いに出て、子ども会の廃品回収に出す段ボールや古新聞を蕎麦屋まで取りに行ったり、ガソリンスタンドに灯油を買いに行ったりと、朝飯前から忙しいのでした。いつもの時間に朝食を取って朝ドラを見たら、お袋様のところに昨日の蕎麦やデザートを届け、一緒に仕入れに出る。

空は抜けるように青いのだけれど、風は冷たいのでした。農産物直売所で白菜や大根、里芋、牛蒡、人参や葉物野菜など冬場の食材を仕入れて、そのまま隣町のスーパーに出掛ければ、寒い朝のせいか今日はいつもよりレジが空いていた。仕入れ一覧のメモの食材は揃ったけれど、レタスとパプリカが今ひとつ新鮮ではなかったのが心残りでした。お袋様を家まで送ったら蕎麦屋に戻り、仕入れた品々を冷蔵庫に収納したら、白菜を漬け込む。

今朝の白菜は、軽トラックで朝採ったものを運んで来た農家の親父さんが、「好きな物を選べよ。120 円でいいかい」と言って随分と安く分けてくれたのでした。一把で漬けると水も直ぐに上がるし、新鮮だとやはり美味しく漬かるので、嬉しいのです。11 時過ぎには、なた漬けの大根も塩で漬け込んで、白菜も漬けて、西の町のスーパーにひとっ走り。暮れからずっと品物が出ていなかった、豚のハラミを仕入れるのが一番の目的なのです。

ついでに、やはり気になっていたパプリカやミニトマトを買い込んで、女将の帰る前には家に戻りたかったので少し急ぐ。家に帰れば一足違いで女将が帰ったらしく、昼の蕎麦を茹でる湯を沸かして待っていてくれた。蕎麦屋から揚げ玉を持ち帰っていたから、蕎麦汁に入れて食べれば、コクが出てなかなかの味わいなのでした。あまり美味しいから、お替わりを茹でて食べようかと思ったけれど、女将に諭されて一枚で我慢をする亭主でした。

蕎麦屋でも、天せいろを頼まれたのに、蕎麦があまりに美味しいと蕎麦をお替わりするお客がたまにいる。この間などは、天せいろの大盛りに加えて、親子丼を単品で注文した若者がいたのです。亭主も昔は大食いの方だったけれど、今は気持ちだけで満足できるようになったのかも。居間で休んでいたら、悪いと思ってか女将がお茶と蜜柑を持って来てくれた。食欲のあることは元気な証拠だけれど、歳を取っての食べ過ぎはやはり要注意か。

午後の仕込みのメインは出汁取りだったけれど、昼前に昆布と干し椎茸を水を張った鍋に浸したばかりだから、食後は陽の当たる書斎で横になって昼寝をすることにしました。朝早くから忙しかったからか、随分ゆっくりと眠れたのです。3 時過ぎに目を覚まして、今日何度目かの蕎麦屋に出掛け、まずは糠床に胡瓜と蕪と人参を漬けておく。明日の朝までは時間が長くなるから少し塩は少なめにして、昆布と唐辛子を新しいものに替えておく。

新鮮な大根はもう水が上がっていたから、甘酒の素と砂糖を加え、唐辛子と柚子を入れて、ビニール袋で好く揉んでおく。白菜はやはり一日経たないと十分に水は上がらない。3㍑の一番出汁を取ったら、返しを加えて蕎麦汁を仕込み、鍋を大きな物に替えて、追い鰹で5㍑の二番出汁を取る。1.5㍑は返しを加えて温かい蕎麦の汁と天つゆを作り、残りは容器に入れて、水で冷やして冷蔵庫に。二番出汁だけれど、追い鰹で色と香りが好い。

酒を入れた蕎麦打ち室の冷蔵庫を調べたら、司牡丹がもう残り少なかったので、家に持ち帰って大相撲を見ながら晩酌をする。夜のうちに新しく発注を掛けて置かなければならない。女将がpeko の散歩から戻るまでに、トマトと炙り蛸を切り、里芋の煮物で一献。里芋の煮物も蕎麦屋の残り物だけれど、やはり、人参、牛蒡、里芋と冬の野菜は味わいがあるのでした。目新しいメニューではなくても、季節季節の野菜の調理方法で十分戦える。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 星・月. Bookmark the permalink.