スコール、通り雨には激しすぎて…

オリンピックも終わったから、定休日もいつもと同じ時間に目覚めてペコの散歩に出掛け、蕎麦屋で一仕事。7時前には家に戻って朝食を取ったら朝ドラを見ながら食休み。曇りのち雨という天気予報は信用できないけれどと、布団干しを躊躇う女将がプリプリと不機嫌な朝。このところお稽古場の天井裏にネズミがいる音がするというので、今朝は天井裏に昇ってネズミ退治の煙を炊いてやる亭主。逃げたネズミはどこへ行ってしまうのかがちょっと不安なのでした。

団地の外れにある農産物の直売所が開く時間にお袋様を連れて、隣町のスーパーまでいつものように仕入れに出掛けたら、蕎麦屋に籠もって午前中の仕込みにかかる。買ってきた野菜を切りそろえて冷蔵庫に保存したら、昨日の続きのフリカケ作りをしながら、出汁を取って蕎麦汁や天つゆを作り、余った野菜で焼き浸しを作る。昨日作って急速冷凍庫に入れて置いた焼売をビニール袋に移して冷凍庫に保存。シンクには次々と鍋やボールやパッドが溜まる。

台風で駄目になりそうな茄子を少し小さい打ちに取っておいたので、乱切りにしたら茗荷と合わせて一気に揚げる。オクラも自家製だから新鮮そのもので色がいい。これを作っておいた出し汁を冷やした容器にジュジュッと入れれば後は冷えるのを待つだけ。出汁の美味さと野菜の甘みがポイント。家庭なら、4、5日は十分もつのですが、野菜の色が悪くなるからお客出せるのは2、3日の間。小鉢にしてしまうには惜しい一品だけれど、それが霊犀亭の意気込み…。

かつお節のふりかけは、ぴったり3時間火を点けたままでやっと乾燥して細かくなってくる。生胡麻を入れて煎ったら、味付けをして更に乾燥させる。手間の割りにはコストがかかるから、他の仕込みをしながら出来上がるのを待つしかないのです。それでも、たまにかき混ぜてやらないと、味付けをしたら、ちょっと火を入れすぎるともう焦げ臭くなって商品にはならないから要注意なのです。その間に、天麩羅の具材を切って保存し、鍋類を洗っていけば、もう昼時です。

ひとしきり激しい雨が降り出して、晴れ渡っていた今朝の雲が嘘のよう。にわか雨と言うよりは南の海でよく遭遇するスコールなのです。槌の鳴り響く音が止んだから、隣の工事現場の大工さんも昼休みがてら慌てて車の中に避難したらしい。洗い物をすべて終えて、水で冷やしておいた出汁類を冷蔵庫に入れたら、亭主も家に戻って昼食の時間。今朝はやっと最後の蕎麦を食べ終えたので、久しぶりに米の飯が食える。残った野菜でカレー炒飯とスープを作る…。

「行ってきます」と、先に昼食を済ませた女将がスポーツクラブに出掛けてしまうと、居間にペコと亭主だけが取り残された感じ。やることは沢山あるのだけれど、満腹で睡魔に襲われるから書斎で横になって料理雑誌を眺めていると、やはり、いつしか微睡(まどろ)んでしまうのでした。気が付けば2時間近く眠っていたことになる。冷たい水を一杯飲んで、午後の仕込みにそば屋へ出掛けなければと思いながら、また、居間の椅子に腰を下ろして一服するのでした。

夕刻の仕事は再来週分に作った返しを冷ましておいたから、甕に移し替えるだけ。ふりかけは少し味を濃くしたらやはりちょっと焦げてしまって、結局、全部、家に持ち帰ることにしました。同時に色々なことをしていると、どうしても注意が行き届かないことがあるのです。女将から電話が入って、「夕飯は何を食べるの?」と言うから、ざるラーメンと焼売のリクエスト。蕎麦豆腐やデザートも明日の朝の方が日持ちがするからいいだろうと、6時前には店を出るのでした。

失敗作のふりかけをビニール袋一杯持ち帰り、失敗作の焼売を夫婦揃って食べる夕餉。味は好いのだけれど、柔らかすぎて形が崩れているからお客には出せない。分量を変えて作るというのは、よほど慎重にレシピを計算し直さないといけない。食休みの後は夜のプールへ出掛ける亭主。帰りに寄ったコンビニに、珍しくシーバスリーガルが置いてあったので、今宵はブログを書きながら、スコッチで一献です。明日は、蕎麦をどれだけ打とうかと思案する夜でした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, . Bookmark the permalink.