霜の降りた朝でしたが、晴れ渡った一日で…

今朝は「大寒」というだけあって霜の朝でした。公園のわきの畑に咲いた菜の花も、葉にはびっしりと霜が降りていました。早々と家に戻った peko と門からの階段を登れば、例によってヒヨドリが金柑の実を突いている。最近はこちらに慣れたのか、逃げて飛んで行かずに「私は関係ないわ」と横を向いて、囓ったばかりの金柑の実を地面に落とした。まだ完熟ではないのに、勿体ないというのが女将と亭主の考え方なのですが、空腹なのか。

太陽が今までよりも高い位置を動くようになっただけ、蕎麦屋の通りに面した畑の霜が溶けるのも早い。それでも蕎麦打ち室は8℃しかなかったから、夜のうちに随分と冷えたのでしょう。45%の加水で蕎麦粉を捏ね始めたけれど、水が足りないと気づいて、予備に計量カップに入れている水を掌に取って加えてみれば、わずか 5 g なのに生地が柔らかくなった。昨日は昼の営業で蕎麦がほとんど売り切れたから、夕刻に追い打ちをかけた。

夜はお客がなかったから、そのまま残った蕎麦と今朝打った蕎麦とを合わせて、何とか今日の営業をこなしたいと考える。予報では昼は昨日にも増して暖かくなると言うから、月曜日だけれど少しは期待が持てるだろうかと、雲一つない今朝の青空を眺めるのです。デザートは、今月になってから苺大福、金柑大福、蕎麦饅頭と作ってきたので、そろそろ抹茶きな粉大福の番かと、漉し餡を丸めておく。久しぶりに計量をしたら30g 越えで正解。

いつも勘に頼っていると、何時の間にか量が変わってしまったりするので、要チェックなのです。熱々の求肥で餡を包んだら、抹茶きな粉をまぶしていつもの皿に載せる。求肥は白玉粉と氷糖蜜と水を1:1:1で混ぜると決めてはいるけれど、計りに乗せて蜜と水を加えるのですが、亭主の腕が大雑把だからいつも蜜が多くなる。甘くなるのは好いのですが、水分が多過ぎると求肥が垂れて座布団状態になってしまう。勘に頼るのも善し悪し。

野菜サラダの具材を刻むのも、明日は定休日だから今日で最後。丁寧に包丁を打ってキャベツや人参のジュリエンヌを刻む。先週仕入れたパイナップルが、やっと甘くなるから嬉しい。白菜の漬け物も火曜日に一把を塩で漬けて、次の日に薄塩にして昆布を加えて付け替えるのだけれど、美味しくなるのは週末だから、他の小鉢も仕込んでおくのです。昨日はご夫婦でいらっした常連さんの、いつも辛口のご主人が「これは美味しい」と言った。

ご主人がとても蕎麦が好きらしく、いつもおろし蕎麦の大盛りをご注文で、奥様はヘルシーランチセット。この冬は天候も不順な日が多いから、どうしてもお客数は減るのです。調べて見たら年が明けての来客数は去年の半分。それでも蕎麦を食べに来るお客は、やはり根っからの蕎麦好きなのでしょう。開店前にはスタッフと賄い蕎麦を食べておく。先週から試しにと揚げ続けてきた、冬野菜の牛蒡と人参と蓮根の天麩羅がやっと完成。

昼前にご新規の若いカップルがいらっしたきり、今日も客は少なかった。それでも美味しかったと店置きのパンフレットを持って帰ったから、なかなか新しいものは出せないけれど、蕎麦の美味しさを味わってくれるお客が、増えてくれるのをじっと我慢なのです。店の前に停まる大型ショッピングセンターの無料バスは満員で、今日5 %引きの日なのだとか。昔は職場から見た習志野の陸上自衛隊の落下傘部隊の飛行機が、今日も上空を飛ぶ。

なんでも、飛行機の操縦の練習で飛ぶ範囲が広がったのだとか。女将が今週の残りの食材を取りに来てくれて、亭主は洗い物と片付けを済ませたら、陽の高くなった午後の太陽の光を浴びながら帰路に就く。みずき通りも再舗装の工事がここまで来た。家に戻っても疲れていないので、亭主はプールに出掛けてゆっくりとひと泳ぎ。帰りに地階の魚屋と肉屋とスーパーに寄って、家の買い物を持って帰るのです。大相撲を見ながら一献の宵です。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち, 運動・健康. Bookmark the permalink.