台風一過…

久々に直撃した台風の過ぎた朝は、木々の葉が散乱する通りをペコを連れて蕎麦屋へ出掛ける。建物の脇に倒して置いた幟もすっかり濡れてしまったので、表玄関に立てかけて干しておく。南側のミニ菜園も相当な被害で、二つあるキュウリの棚も一つは壊滅的なダメージを受けていた。背の高くなったナスやオクラの木もなぎ倒されて、支柱を立てて真っ直ぐに立ち上げてやらなければならなかった。まだ大きくなりきらないその実を採って冷蔵庫に保管する。

こんな朝に元気に花を咲かせたのは、自宅のハイビスカスで、さすがは南の島の花。隣のプルメリアも、葉を生い茂らせて新芽が伸びる勢い。つくづく自然の不思議を思うのです。朝のうちにと、床屋へ行く道すがら、あちらこちらでご近所の人たちが通りに出て掃除をしている姿を見かけました。床屋の駐車場でも、親爺様や息子夫婦が箒を持って木の葉を掃き集めているのでした。この辺りは雨よりも風が強かったのか、昼から雨の予報で、すっきりしない空模様。

屋根の瓦が飛んだので、早速、女将が地域の業者に連絡をしたらしく、昼前には担当者が自宅を訪ねてきた。15年ほど前に吹き替えた屋根も、近年の暑さで漆喰が傷んでいるのかも知れないと言うのでした。火災保険の風災被害が適応されるかも知れないので、保険会社に連絡をしてみて欲しいと言われて、急に忙しくなった。幸い、女将のお稽古が急にお休みになったというので、保険証書を探したり、代理店に電話をしたりで、台風一過の後始末は大変…。

蕎麦屋の後片付けも亭主一人だから、先日、作り損ねた焼売の仕込み直しで、隣町まで材料を買い出しに行ったら、焼売の皮が品切れで、違う店まで足を伸ばす。女将の使っている電波時計の特殊な電池が切れたというので、一番近い電気店の入っているショッピングモールまで車を走らせたり、ちょっとの物を買うにもやはり田舎だから時間がかかる。結局、午後になって焼売の仕込みをしながら、ふりかけのかつお節を火に掛けて夕刻まで蕎麦屋で過ごす亭主。

早い夕食の酒の肴には、蕎麦屋で沢山採れたキュウリづくしにトマトとオクラと、これだけ見るとまるでベジタリアン。実は鮪の刺身が後から出るのだけれど、これも、昨日の食材の残りもの。お客の少ない日が続くと、なかなか蕎麦屋関連の食材から抜け出せないという贅沢な悩みです。昨日の昼から毎食蕎麦を食べ続ける亭主も、初めは蕎麦も蕎麦汁も美味い美味いと味を確かめているのだけれど、段々とそれも惰性になる。違う食べ物と比べてみたくなる…。

蕎麦は加水や打ち方の違いで少しずつ違った仕上がりを経験できるし、蕎麦汁も返しと出し汁の配合を少しずつ替えて違った味を経験できる。だから、どんな塩梅が一番いいだろうかと常に模索しているとも言えるのです。案外、味の違いを色々工夫していないのは天つゆかも知れないと、最近、よく思う事がある。作り置きして時間の経ったつゆを、なるべく使わないようにしているのは、一度温めたものを再加熱することで味が変わるのを防ぐつもりなのですが…。

台風一過の定休日初日は、ブログを書きながらゆっくりと過ごす宵。夜になって調理師学校時代の若い同級生から久しぶりに電話が入る。色々と近況を伝え合いながら、以前、一緒に霊犀亭にも来てくれた女性と結婚式を挙げるから、臨席して欲しいと言うのでした。御目出度い話です。夜は懐かしい寅さんの映画を観て寛ぐ亭主も、夢と現実とは紙一重のような人生なのかも知れないと切ない思い。夜食に焼きそばを作って食べたら、ようやく眠くなってきました。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, . Bookmark the permalink.