満月の宵で好しとすべき一日…

今朝も7 時半まで寝床にいた亭主。夕べもpekoを居間に寝せて、風邪もだいぶ好くなってきたというのに、毎日7 時間以上眠る習慣が付いてしまったのか。これまでの人生で、こんなによく眠れるのは、考えたら子ども時代以来なのではないだろうか。文句も言わずにpeko を散歩に連れ出してくれた女将に感謝する。昨日残った三日目の蕎麦を茹でて、スルスルッと朝食を終えれば、ちょうど朝ドラの時間で、陶芸の話だけに興味がある亭主。

いつもより少し遅れて蕎麦屋に出掛け、朝の仕事を終えたら直ぐに蕎麦打ち室に入る。今朝も44%の加水率で蕎麦粉を捏ね、昨日までの反省を思い出しながら、今日の蕎麦を打つのです。毎日のように蕎麦の打ち方をブログに綴るのは、自分では備忘録だと思っているけれど、女将に言わせれば、蕎麦の打ち方ばかりを読む人など誰もいないとか。これが二人の朝ドラの楽しみ方の違いに繋がっている。追求型の亭主はいつでも満足出来ない。

このところ野菜サラダの人参のジュリエンヌが、調理師学校で習っていた頃に比べて細さに欠けていると感じていた亭主でしたが、今日は時間もあったので人参をスライスするところから集中していたのです。包丁が切れないというのは言い訳に過ぎないというのが、亭主の反省で、片田舎の蕎麦屋の親父だからと、いい加減な調理をしていてはいけないのだと気合いを入れたら、この何日かよりはずっと細く切れた。追求型も馬鹿には出来ぬ。

それにしても心配なのは今日の天気で、午後からは晴れると言うけれど、青空の部分はほんの少しだけで、冷たい北風の吹く陽気なのでした。暖簾を出してもお客の来る気配はなく、女将と二人でいろいろな話をしながら一時間近くも暇を潰しているのです。亭主にしてみればこれもまた嬉しいひとときだから、商売っ気がないと言えばもうそれまで。12時半を回ってお客来る様子がないから、かき揚げを揚げて賄い飯にぶっかけで蕎麦を食う。

下ろしたての油ではなかったけれど、掻き揚げもこれがちょうど好いというぐらいの味の仕上がりで、三日目の蕎麦もとても美味しい。食べ終えて直ぐに駐車場に車が次々と入って、閉店過ぎまでお客がいたから分からないもの。皆さん常連さんで、遠い地方に数ヶ月の間出張だったというお客は、鴨せいろを注文したかと思ったら、直ぐに食べ終えてお蕎麦のお替わり。閉店時間がとっくに過ぎているから、女将が幟と暖簾をしまってくれる。

家に戻って書斎のハソコンに向かい、今日の売り上げと写真のデータを入力したら、亭主は30分だけ横になって眠る。女将はその間に買い物に出掛けたらしい。早めに蕎麦に出掛けてみれば、午後になって空はすっかり晴れ渡り、向かいの森には夕陽が今日最後の光を投げかけているのでした。これがその昔、王維の詠んだ「返景入深林」の風景のようにに思えて、いつも思い出すのです。夕刻の営業一時間前に蕎麦屋に入るのも早すぎるか。

大釜の湯を沸かして、明日の仕込みに出汁取りの準備、今週は小鉢の具材も多いのだけれど、仕入れある胡瓜と蕪も糠味噌に漬けておく。明らかに仕入れすぎだということは分かっているのですが、どうしてこうなってしまうのかが分からない。値上げを予定している春には、天せいろにも小鉢を付けるから、その練習という意味もあるのだけれど、いつも何か作り続けたいという気持ちが、次々と仕込みをしてしまう原因かも知れないなあ。

暖簾を出す前に電話が鳴って、「5 時半頃に行っても大丈夫ですか」と女性の声。お客が来ると分かれば、天麩羅鍋にも火を入れておくし、お茶の支度もしておく。薬味の大根や葱、生姜や山葵も冷蔵庫から出して用意しておく。果たして、言われた時間に見えたのはお袋様のいるマンションの常連さんでした。いつものように天せいろのご注文で、ご主人は仕事でいないのだとか。大きな満月が向かいの森から昇って、客と二人で月を愛でる。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 星・月, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.